2008年09月13日

【出不精解消日記(3)】ミッキーマウスに会いに行きました

みなさん、ワクワクしてますか?


昨日、東京ディズニーランドに行って来ました!

えぇっ、委員長、昨日は金曜日だよ!?


実は、委員長が参加している経営企画系異業種交流会の企画で、
東京ディズニーランドにあそびに、いや、いや、いや、いや、いや、

「視察」に行って参りました(汗)。


今回の企画は、東京ディズニーランドの経営母体、
株式会社オリエンタルランド様のご厚意によるものです。
K部長、粋なお計らい、ありがとうございました!!!

K部長は、さすがディズニーランドの経営母体の経営企画部長
でいらっしゃるので、とてもバイタリティー溢れるお方で、
K部長の周りはいつも笑いが絶えないのです。


実際にアトラクションでサービスをするスッタフだけでなく、
バックオフィスの方々まで、サービス精神が浸透しているんだなぁ
と感動する委員長なのでした。


尚、昨日の異業種交流会のプログラムには、

「三菱××ホールディングスの中期計画とM&A戦略」

という非常にむずむずなセミナーが組み込まれていたことを
他の参加者のお立場を考え申し添えさせていただきます(笑)。

いや〜、EBITDAとかEVAとかWACC(ワック)とか、
むずむずでした・・・(汗)。

ワクワクなら得意なのですが(爆)。


今週は、1週間前のセミナーに始まり、Jカレッジ、TDLと
一気に飛ばしてしまったため、バテバテなのです。


年寄りに無理させちゃいけません!
ということで、本日は、昨日から導入したテンプレートを
使うまでもなく、退散させていただきます(汗)。


では、また明日お会いしましょう!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)

posted by ? at 07:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 出不精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

【心を揺さぶれ!】「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、中山マコトさんの『「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本』をご紹介します。

中山マコトさんのご紹介は、『仕事がどんどんやってくる 目立つ技術』に続いて2回目となります。

「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本
中山 マコト

中経出版 2008-08-22
売り上げランキング : 30
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日から、実験的にブログのスタイルを変更してみました。
配信する内容を定型化することで、読書からの学びも仕組み化
できるのではないかというねらいを持ってのことです。

効果のほどはわかりませんが、しばらくトライしてみます。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

人の心をシンクロさせる「シンクロニスト」として、
「狙って売る!マーケティング」の企画・実践を行なう。
「売れるヒントは人から訊き出せ!」を人生訓に、
独自のインタビュー術を駆使し、お客様の心を動かす企画を考案し、
大きな実績を上げ続けている。

市場調査会社に入社後、マーケティング、販売促進、広告制作に
携わり、小売業、飲食業、サービス業などの売上げ強化に手腕を
発揮する。
コンビニエンスストア・チェーンでの「お客様を立ち止まらせる
POP」、量販店での「お客様を呼ぶ売り場づくり」などにおいて、
通常の2倍、3倍の売上げアップを連発! 
ここ数年はインターネット・マーケティングにおいての、
売上げアップも得意とする。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 とにかく売れる!「必殺!キラーコピー」

第2章 ターゲットをどう決めるか?

第3章 「キラーコピー」を書くための11の法則!

第4章 キラーコピー効果を最大にする方法

第5章 キラーコピー体質を作る

おわりに

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書de課題解決】

中山マコトさんの「キラーコピー」のエッセンスを「FTTP」し、
ブログやメルマガなどの情報配信に活かしちゃおう!!!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

みなさん、もうお読みになりましたか?

えっ!まだですと!?

それはもったいない、今すぐAmazonアタックしてください!

ってくらい、本書は、オススメです!

Amazon書評、書評ブロガーの方も絶賛されております通り、
本書は、超オススメなのです。

これまで25年以上にわたって、販売促進、広告、マーケティングの
仕事を手がけてこられた中山マコトさんが、必殺のコピー
「キラーコピー」の作り方を伝授してくれる
有難い一冊なのです。

手の内をこんなに明かしてしまって大丈夫なの?
と読者が心配してしまうくらいそのノウハウを惜しげもなく
披露してくださっています。

中山マコトさん、太っ腹です!!


沢山のヒントの中から、委員長にヒットしたポイントを
ご紹介しましょう。


それは、


「ターゲットを明確にする」


ということ。

中山さんは、

難しいことなんか言いません。
僕の結論はたった一つ!

「誰に!が特定されていないコピー」なんか書くな! 

です。

と喝破されています。


ターゲットをハッキリさせないといけない!というのは、
突き詰めれば、ターゲットに喜んでもらわなければいけないということ。

つまり、問題解決なわけですよ。

相手のことを明確にイメージし、その人にとって最大の価値を提示し、
気づいてもらい、結果、喜んでもらう。
これがビジネスのすべての基本だと僕は思うんですね。


ともおっしゃっています。

そして、ターゲットと言っても、「キラーコピー」の秘訣は、
「一人」を狙う!ということ。

普通、
「えっ、逆じゃないの、どうすれば沢山のひとにウケルか考えるんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、そうじゃないんですねぇ。

中山さんは、このようにおっしゃっています。

まだ一度もあったことのない、いわゆる「見込み客」をイメージし、
その人がどんな言葉に反応するだろうか?と突き詰め、
言葉を研ぎ澄まし、それをコピーというカタチに昇華される。
だから、その言葉がお客に刺さり、お客様の気持ちをとらえるのです。



そして、本書で一番”おいしい”のは、『「バカ売れ」キラーコピーを書く11の法則』として、
中山さんが、そのノウハウを惜しげもなく披露してくれていること。

@日付、時間を入れる!

A署名をする!

B質問、疑問に答える!

C物語を書く!

Dニュースにする!

E物語を途中で終わらせる!

F好奇心を煽る!

G正直に伝える!

Hレアであることを伝える!

I「共通するもの」でくくる!

J「なるほど!」と言わせる!



直ぐに使えちゃう具体的な事例がてんこ盛りで、
これだけでも本書を買う価値があります!


ほんのさわりをご紹介いたしましたが、本書には、
ターゲットの”心を揺さぶる”ノウハウが
ぎっしり詰まっています。

委員長が自信を持ってオススメする一冊です!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【今日の実践】

ブログ記事タイトルのネーミングにこだわる!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■流通業の方

■ブログ、メルマガ等情報配信している方

■自分ブランド化を目指す方

■プロのコピーライター(笑)


+++++++++++++++++++++++++++++++
【今日の一言】

「誰に!が特定されていないコピー」なんか書くな!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

【セミナー学習の3つのポイントお教えします!】LIVE HACKS! [ライブハックス!]

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、昨日の予告通り、大橋悦夫さんの『LIVE HACKS! [ライブハックス!] 』をご紹介します。

LIVE HACKS! [ライブハックス!]LIVE HACKS! [ライブハックス!]
大橋 悦夫

ゴマブックス 2008-04-22
売り上げランキング : 9299
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いや〜、先週末からエンジン全開なので、少々へばって参りました。
なんてたって、40過ぎのおっさんですから(笑)。

先ずは、大橋悦夫さんのご紹介から参りましょう。

1974年、東京生まれ。ブログ「シゴタノ! 仕事を楽しくする研究日誌」主宰。

学生時代よりビジネス書を読みあさり、システム手帳の使い方やスケジュール管理の方法、情報整理のノウハウなどの仕事術を実践を通して研究。

その後、ソフ トウェアエンジニア、テクニカルライター、専門学校講師などを経て、現在は仕事のスピードアップ・効率アップのためのセミナーや研修を手がける。デジタリ ハリウッド講師。

主な著書
『「手帳ブログ」のススメ』
『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』
『チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術』
『そろそろ本気で継続力をモノにする!』
『Life Hacks PRESS vol.2』
『LIVE HACKS! 今を大切にして成果を5倍にする「時間畑の法則」』



先ず、実際にお会いしての感想ですが、「普通のお兄さん」って感じで、とても好感のもてる方でした。

セミナーは、講師がしゃべりっ放しの一方通行ではなく、隣の方とのワークショップもあり、参加型で楽しく学ぶことが出来ました。

先日松尾昭仁さんの『誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 セミナー』でセミナーのノウハウを学んで来ましたが、こうやって色々な方のセミナーに出てみると、参考になることが沢山見つかりますね。

講演の内容から学ぶことも当然ですが、こうやってセミナー運営のノウハウを学ぶのも、セミナーの醍醐味なのかもしれません。

松尾昭仁さんのノウハウに「FTTP」というものがあります。


「FTTP」


みなさん、何だかわかりますか?


これは、「(F)複合的に(TT)徹底的に(P)パクる!」の略なのです。


色々な業界から良いものを学び、それを融合することで自分自身のオリジナルにしてしまうという考え方なんですね。

みなさんも、「FTTP」覚えておきましょうね。


さて、肝心のセミナーですが、内容は、本書に書かれていることと同じなので割愛させていただきますが、大橋さんにセミナーに参加する際の学びのポイントを3つ教えていただきました。


1.受講前 受講の目的を書きだす

2.受講中 受講後のタスクを書きだす

3.受講後 受講内容を人に話す



これは、セミナーだけじゃなくて、読書にもそのまま当てはまりますね。


フォーカス・リーディングにもありましたが、先ず、「目的」を明確にすることが大切なんですね。

そして、何事も「聞いてわかった気になる」、「読んでわかった気になる」じゃ何も変わらないんですよね。

そう、「行動する」ことが大切なのです。

だから、何をするか「タスク」を書き出すのですね。

そして、最近委員長のブログによく登場するのがこの言葉、


「アウトプット」


誰かに教えることで学びが自分のものになるんですね。

なので、委員長もこうやってブログにアウトプットさせていただいています。


続いて、書籍のご紹介です。
先ずは、目次のご紹介から。


はじめに

Chapter 1
最優先課題を知る −自分の「時間畑」を知る

Chapter 2
時間の使い方を改める −自分の「時間畑」を耕す

Chapter 3
望ましい行動を植え付ける −自分の「時間畑」にタネをまく

Chapter 4
「備え」を厚くする −自分の「時間畑」に肥料を与える

Chapter 5
成功を繰り返し再現する −自分の「時間畑」から収穫を得る

おわりに


本書の売りは、「時間の使い方」、つまり「人生」を畑に例えたこと、この”メタファーの妙”につきると、委員長は思うのです。


耕して、タネ蒔いて、肥料やって、収穫する、非常にわかりやすいですよね。

この時間畑の概念に、スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」「最優先事項」、重要事項×緊急事項の「時間管理マトリックス」「刃を研ぐ」などの習慣を上手に組み合わせた感じです。


そして、本書の最大の売りは、34のワークが掲載されていること。
通常読んで終わりになりがちですが、このワークをしっかりやると、先ほど、セミナー学習のポイントでお話した、「読みっ放し」から卒業して「行動に移す」ことができます。


ただし、このワークを「やれば」の話ですよ!


私自身、本書を読んだときは、ワークをすっ飛ばしてしまいましたが(汗)、先日参加した大橋さんのセミナーで何個かやってみて、その効果を実感しました。

やっぱ、読んだだけじゃ効果は小さいのです。


「とにかく実践すること」


この大切さを痛感した、大変良いセミナーでした。

大橋悦夫さん、ありがとうございました!!!



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

【出不精解消日記(2)】シゴタノ!大橋悦夫さんに会いに行きました

みなさん、ワクワクしてますか?

まずは、読者のみなさまへ、ご報告と御礼です。

委員長の尊敬する松山真之助さん、当ブログではすっかりおなじみの「Business Bible Readers」早川ノブさんらが契約書評家を務める、ビジネスブックキャンペーン様「公認書評家」に選出していただきました。

あこがれの松山真之助さんと同じ空間に名前が掲載されているなんて、とても光栄なことです!

これもひとえに、皆様のご支援の賜物と心より感謝しております!!!


さて、委員長は、昨夜、J-College(ジェイカレッジ)主催の大橋悦夫さん講演会、

   シゴタノ!主宰・大橋悦夫さんに聞く
   「人生を豊かにする「時間畑」の法則」


に参加してきました。

どうですか、見事な出不精解消ぶりでしょ?(笑)。


J-College(ジェイカレッジ)は、わたくし委員長が尊敬する松山真之助さんが校長を務めている勉強会で、今までも何回か参加したことはあるのですが、みなさんご存知の通りの出不精ですから、今回は約1年ぶりの参加となりました。

先ほど申し上げたように、松山真之助さんと同じ空間に名前を掲載いただいた記念すべき日に、これまた松山真之助さんが校長を務めるセミナーに参加してきたのも、何か不思議な力を感じます。


<ジェイカレッジとは>
ジェイカレッジは、セミナーを通じて多様性の渦を起こしそこから創造と変革の萌芽を生み出そうと企画された自律型の学びと成長の場です。

ジェイカレッジの「J」にはこんな意味があります。

Joke : Jokeが通じる柔らか頭の発想を大事にしたい。
Joy : 人生は楽しくありたい。
Joint : 発想や人をつなぐJointになりたい。

名前の出自は軽いですが、中身は濃いです。すでに新しい出会いとネットワークが生まれています。これからもどんどん素晴しい方を教授にお招きし、新しいスタイルの講義から「気づき」と「ネットワーク」と「成長」を生み出したいと思います。



さて、肝心の講演会ですが、今日は、アップアップでアップする気力がありませんので、明日、『LIVE HACKS! [ライブハックス!] 』の紹介とあわせて行いたいと思います。

ダジャレではごまかされないぞ!
とぷんぷんしちゃった方、「出不精」を解消しつつある委員長の頑張りに免じて、どうかご容赦くださいますようお願いします(笑)。


では、また明日お会いしましょう!

LIVE HACKS! [ライブハックス!]LIVE HACKS! [ライブハックス!]
大橋 悦夫

ゴマブックス 2008-04-22
売り上げランキング : 8012
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 出不精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

【何が違いを生むのか?】「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、松尾昭仁さんの『「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!』をご紹介します。

「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!
松尾昭仁

ダイヤモンド社 2007-11-30
売り上げランキング : 56933
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日、【出不精解消日記@】として、松尾昭仁さんのセミナーに参加したことをお話しました。

そのセミナーのタイトル『誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 セミナー』を見て、

「おや?何で委員長がセミナー講師なんだろう?」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

その答えは、本書、『「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!』に詳しく書いてありますので、ポイントのみお話しましょう。

私たちが、学んだことを活かす方法は、一つしかありません。


それは、


「アウトプット」


することです。


私たちは、自分が学んだことを、何らかの形で発信していくことでしか、学びを活かすことはできません。

アウトプットにも様々な形態がありますが、個人が自らの学びを表現する典型的な形が、自分の学びを誰かに教えること、つまり「セミナー」だと思ったのです。

そして、高額なセミナー代を払ってまで今回のセミナーを受講した本当の理由は、「その他大勢」から実際に抜け出し、自分ブランドを構築された松尾昭仁さんにお会いすることができるということ。
自分自身の目で、松尾昭仁さんと自分の違いを感じ取ることだったのです。


そして、感じ取っちゃいました。

その違いとは何か?


ズバリ、


やるかやらないか



これが、松尾さんと委員長の大きな違いです。

な〜んだ、そんなことかと思われるかもしれませんが、この違いが大きいのです。

当然、得て不得手や能力の差もありますが、そんなことよりももっと大きなもの、

それが、


やるかやらないか


だと実感しました。


勇気を振り絞って、


先ずやってみる


これが何かを生み出す秘訣です。

実際、委員長もブログを始めて何かが動き始めました。
その結果どこにたどり着くのかわかりませんが、何かが動き始めたことを実感しています。

当ブログを読んでくださっている読者の方々には、書評という楽しみ意外に、

果たして、この委員長は、どこにたどり着くのか?

という楽しみ方をしていただければと思います。
「事実は小説より奇なり」って言いますし(笑)。


さて、話が脱線してしまいましたが、本書は、「その他大勢」から抜け出し、自分ブランドを構築され、この数年で多くのビジネス書を出版された松尾昭仁さんの勉強に対する考え方を学ぶことができる一冊です。

「その他大勢」から抜け出して何かを成し遂げたいという方に、手に取ってほしい一冊です。


そして、今、躊躇していることを、先ずやってみましょう!


本書を読もうか読むまいか迷っているなら、思い切ってAmazonアタックしちゃいましょう!

そんな一歩から始めようじゃありませんか!!!



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 勉強術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

【目指せ、中年の星!】委員長詳細プロフィール公開

みなさん、ワクワクしてますか?

読者のみなさま、

たくさんの書評ブログがある中、いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

また、ランキングのサポート、大変励みになっております。
あらためて、御礼申し上げます。
ランキングが目的ではありませんが、人間の性と申しましょうか、実際にランクインしてみると、日々気になるものでございます。

わたくし委員長が最も励みにさせていただいているのが、当ブログへのアクスス数でございます。
おかげさまで、アクセス数もじわりじわりと右肩上がりに上昇しておりまして、「毎日更新」を続けていく原動力となっております。

特に、大きな変化を感じ始めたのが、ブログを始めて3ヶ月が過ぎた8月からです。
3ヶ月というのが、何かを続けるときの一つの節目になるのかなと実感しております。

さて、このように十分みなさまに可愛がっていただいていると実感しているのですが、たくさんの読者の方々に安心してブログを読んでいただくためには、ブログ運営者が何者か(信用するに足る人物か)を明確にすることが大切であると思っています。

委員長のプロフィールを読まれた方が安心されるかは別ですが・・・(笑)。

このような想いから、実名を除き、思い切って詳細プロフィールを公開させていただくことにしました。



果たして、委員長の正体とは?


↓ご興味がおありの方は、こちらからご覧くださいませ↓





”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)

posted by ? at 05:30| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

【出不精解消日記@】セミナー行ってきました

みなさん、ワクワクしてますか?

先日ご紹介した千葉智之さんの『出逢いの大学』で、委員長が「出不精」であることをカミングアウトし、


好きなことを思いっきりやるためなら、

出不精なんてハードル簡単に越えられちゃうじゃん



「出不精解消宣言」を高らかに行ったわけですが、即有言実行というこっとで、9/6(土)にセミナーに参加して参りました。


委員長が参加したセミナーは、先日二日間にわたってご紹介した、

『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』
『1000人のマーケットで1億稼ぐ!〜Webマーケティングの成功法則』

の著者、松尾昭仁さんが主催する

『誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 セミナー』


実際にセミナービジネスをゼロから立ち上げられた松尾さんだからこそお話できる、リアルなセミナー開催ノウハウをたっぷりGetさせていただきました。

それだけでもお腹いっぱいだったのですが、今回は、同セミナー30回記念ということで、ゲスト講師の方がすごかったのです。

<30回記念ゲスト講師>

斉藤芳宜さん
株式会社船井総合研究所チーフコンサルタント
福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現在、船井総研ソフトハウスチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、 IT・ソフト開発会社専門コンサルタント。


千葉智之さん
1973年広島県生まれ。広島大学卒業後、大手ゼネコンの鹿島建設から大手メディア企業に転職という異色のキャリア。
転勤で広島から東京に上京し、友達ゼロの状態からわずか3年で3,000人以上の交友関係を築き、全ての業界に顔の効くコネクターとして活躍。
中でもSNS"GREE"上で異業種交流コミュニティーを主催し、わずか1年で17コミュニティー、延べ会員数7,000人にまで成長させる。
3ヶ月に1回開催している交流イベント『パワーディナー』は毎回数百人規模で大盛況である。
『普通のサラリーマンがどうやっての実のある人脈を形成していくか』という人脈ブランディング術には定評があり、新聞、雑誌等メディアの取材、講演会多数。
2008年5月、初めての著書「出逢いの大学」を東洋経済新報社から出版。発売2ヶ月で17,000部を超えるベストセラーとなっている。



千葉智之さんの「出逢いの大学」がきっかけで「出不精解消宣言」をしたわけですが、その第1弾として参加したセミナーの講師の一人が千葉智之さんだったというのも、何か不思議なものを感じます。


松尾さんの実戦ノウハウでお腹いっぱいな状態でしたが、甘いものは別腹的な乗りで、斉藤芳宜さん、千葉智之さんの講演もおいしゅういただかせていただきました。

更に、セミナー終了後の懇親会で、松尾昭仁さん、斉藤芳宜さん、千葉智之さんとお話させていただき、たくさんの刺激を頂戴した、超超超濃厚な一日を過ごさせていただきました。

豪華講師陣の講演をたっぷり堪能したわけですが、こういうセミナーというのは、参加されていらっしゃる方も士業で独立されていらっしゃる方、意識の高い方、個性的な方など魅力的な方ばかりでした。

松尾昭仁さん、
素晴らしいセミナーと素敵な出会い、どうもありがとうございました!

最後に昨日お話をしてくださった方、懇親会でお会いした方の書籍(最新刊)をご紹介させていただきます。

いつも仕事に追われている上司のための 部下を動かす教え方いつも仕事に追われている上司のための 部下を動かす教え方
松尾 昭仁

日本実業出版社 2008-06-26
売り上げランキング : 1232
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お客をつかむウェブ心理学 (DO BOOKS)お客をつかむウェブ心理学 (DO BOOKS)
川島 康平

同文館出版 2008-07-17
売り上げランキング : 742
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お客をまとめてつかまえる「セミナー営業」の上手なやり方 (DO BOOKS)お客をまとめてつかまえる「セミナー営業」の上手なやり方 (DO BOOKS)
斉藤 芳宜

同文館出版 2008-04
売り上げランキング : 66650
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出逢いの大学出逢いの大学
千葉 智之

東洋経済新報社 2008-05-15
売り上げランキング : 2035
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

御社の売上が6倍になる!「新」プロデュース術御社の売上が6倍になる!「新」プロデュース術
露木 幸彦

総合法令出版 2008-07-25
売り上げランキング : 807
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 出不精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

【はじめての時間術】図解・仕事術 最強の時間力―タイムマネジメントの法則60

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、行本明説さん『図解・仕事術 最強の時間力―タイムマネジメントの法則60』をご紹介します。

図解・仕事術 最強の時間力―タイムマネジメントの法則60 (図解仕事術)図解・仕事術 最強の時間力―タイムマネジメントの法則60 (図解仕事術)
行本 明説

エクスナレッジ 2003-10
売り上げランキング : 187651
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これまで多数の時間術の書籍をご紹介してきましたので、それらをリストアップしてみました。

<これまでご紹介した時間術くんたち>
 中島孝志さん「朝4時起きの仕事術」
 臼井由妃さん「1週間は金曜日から始めなさい」
 本田直之さん「レバレッジ時間術」
 田坂広志さん「なぜ、時間を生かせないのか」
 清水克彦さん「ひねり出す時間術」
 佐藤伝さん「いい明日がくる 夜の習慣」「幸運を呼びよせる 朝の習慣」
 小石雄一さん「上級の時間術」
 藤井孝一さん「週末起業を超える成功のやみつき法則」
 和田裕美さん「幸せをつかむ! 時間の使い方」
 松山真之助さん「早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法」
 見田村元宣さん「朝9時までの「超」仕事術」


本書は、わたくし委員長が初めて手にした記念すべき時間術本なのです。

今から4年前、当時の委員長は、プレイングマネジャーとして超多忙な日々を送っていました。
自分自身の時間の使い方を効率化することはもちろんのこと、チームのパフォーマンスを向上すること、そのために時間効率を上げていくことが大きな課題だったのです。

そこで手に取ったのが、本書「図解・仕事術 最強の時間力―タイムマネジメントの法則60」だったのです。

その後、本書をきっかけに時間術の本を読むようになり、自分自身の生活スタイルも、典型的な夜型から朝型へと切り替えて行ったのです。

そんな記念すべき本を、4年後にこうやってブログで紹介しているなんて、当時の委員長には全く想像できなかったかもしれません。。。

それでは、行本明説さんのご紹介から。

1955年北海道生まれ。東京教育大農村経済学科卒。
1989年から英国で開発されたセルフマネジメント手法「A Time」の極東での普及に着手。
その後「セルフマネジメントスキルBook」「ザウルスで仕事革命」「続・ザウルスで仕事革命」(共にTBSブリタニカ)を上梓し、独自のマネジメント理論と手法を、出版・セミナー等で展開。
1988年「仕事を科学する」(東洋経済出版社)を出版後、いち早くWebでのセミナーにも着手。
日本で数少ないタイム・セルフマネジメント専門のコンサルタント。ザウルスブームの火付け役の一人。指導企業・団体は100社を超える。

その他の著作:
 「図解できる人のタイムマネジメント」(東洋経済新報社)
 「図解仕事術 最強の時間力」(エクスナレッジ)
 「図解仕事術 最強の会議力」(エクスナレッジ)
 「仕事の困った!を解決する本」(PHP研究所)
 「超タイムマネジメント」(大和出版)

株式会社仕事の科学研究会 代表
NPO法人日本タイムマネジメント普及協会 理事

続いて、目次のご紹介。

はじめに

プロローグ まずは仕事のしくみを知ろう

第1時限 時間を創り出す!

第2時限 「成果を出す」ための計画の立て方

第3時限 計画をいかに実行し、成果を出すか

第4時限 人に仕事を任せて、チーム力を向上させる方法

第5時限 「人を活かす」技術と組織

第6時限 一人ひとりが「独自の専門性」をもって仕事にあたる

第7時限 効果的で合理的に、仕事を進めるために

第8時限 「仕事道」の提唱と「仕事の型をつくる」ということ

エピローグ 実践のためのアドバイス

目次を見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
本書のテーマは、「時間」のはずですが、目次は「仕事の進め方」ばかり。
そうなのです。「時間管理」とはすなわち「仕事管理」なのだと行本さんはおっしゃっています。
「タイムマネジメント」ではなく「タスクマネジメント」なんだと。

従って、本書には、仕事の進め方の基本が書かれています。
本書は、これから、「時間管理」や「仕事管理」について学ぼうという方の最初の一冊に適していると思います。

本書の中でとても印象に残っているのは、「四つの時間」というコンセプトです。

行本さんは、仕事と時間の関係は、どんな人でも「四つの時間」しかないとおっしゃいます。




さて、その「四つの時間」って、

みなさんは、何だと思いますか?





「四つの時間」とは、


自分一人の仕事の「はじめ」と「終わり」


他人と共同の仕事の「はじめ」と「終わり」



この四つの時間です。


そして、自分一人の仕事の「はじめ」、つまり他人と共同の仕事の「終わり」に気をつけることが、時間管理のポイントだとおっしゃっています。

如何に自分一人の時間を確保するか、そのために、自分時間を左右する他人との時間の「終わり」に気をつけないさいということです。


言われてみれば「当たり前のこと」なのですが、当時の委員長には衝撃的なコンセプトでした。


「時間管理」、「仕事管理」の基本からスタートしたい方に、お薦めの一冊です!


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

【カリスマに学ぶ】ウィニング 勝利の経営

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、ジャック・ウェルチ氏『ウィニング 勝利の経営』をご紹介します。

ウィニング 勝利の経営ウィニング 勝利の経営
ジャック・ウェルチ

日本経済新聞社 2005-09-13
売り上げランキング : 4723
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日は、恐れ多くも20世紀最高の経営者と言われる、ジャック・ウェルチ氏をモデリングしちゃおうというもの。

今回は、たまぁ〜にやってくる、「お堅い委員長シリーズ」でお届けします。

3の倍数はキツイので、10の倍数ぐらいで「お堅い委員長」に変身するかもしれません(笑)。


先ずは、ジャック・ウェルチ氏のご紹介から。

1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を務めた(そこでの経営手腕から、伝説の経営者と呼ばれている)。 マサチューセッツ州ピーボディのアイルランド系家庭に生まれ、1957年にマサチューセッツ大学を卒業。その後、1960年にイリノイ大学で博士号を取得し、同年、ゼネラル・エレクトリック社に入社した。1972年には同社副社長、1977年には上席副社長となり、1979年、副会長に就任。1981年には同社で最年少の会長兼最高経営責任者となった。

1999年には『フォーチュン』誌で「20世紀最高の経営者」に選ばれており、最高時の年収は9400万ドルにも達した。

彼の基本的な経営手法はリストラによる資本力の建て直しである。会社を守り、人材を守らないことから、「建物を壊さずに人間のみを殺す中性子爆弾」の特性になぞらえて“ニュートロンジャック”とのアダ名がついた。


ジャク・ウェルチ氏と言えば、紹介文にもある通り、「リストラ」、「No.1戦略」、「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」、「ワークアウト」、「シックス・シグマ」など、その経営手法に目が行きがちですが、意外や意外、本書を読んでみると「人」を大切にしていることに気づきます。
ただし、「人」を大切にすると言っても、重要という意味での「大切」ですが。。。

それでは、本書から「人材マネジメント」という視点で、ポイントをピックアップしてみましょう。

20世紀最高の経営者ウェルチ流「人材マネジメント」にご興味のある方は、どうぞ先にお進みくださいませ。
興味のない方には、ちょっと退屈かも・・・(汗)


《リーダーシップ》
リーダーになる前は、成功とはあなた自身が成長することだった
リーダーになった途端、成功とは他人を成長させることになる


う〜ん、リーダーの役割をウェルチ流に表現するとこうなるのですね。

次は、ウェルチ氏が言うところの「リーダーのルール8ヶ条」です。

<ルール1>
リーダーはチームの成績向上をめざして一生懸命努力する。
あらゆる機会を捉えて、チームのメンバーの働きぶりを評価し、コーチし、自身を持たせる。

(評価する)
適切な人が適切な仕事に就くようにして、彼らをサポートし引き上げる。
適切な仕事に就いていない人は異動させる。

(コーチする)
あらゆる方法で、指導し、批判し、手を貸して部下の業績が改善するようにコーチする。

(自信を持たせる)
励ましの言葉を降り注ぎ、心にかけていることを知らせ、認めていることを伝える。
自信があれば活力が生まれ、部下は勇気を持って、もう少し頑張ろう、リスクをとろうとする。
その結果、夢にも思わなかったような成績を上げる。それがチームを勝利に導く原動力となる。
人材開発は毎日行なうべきこと、日々の仕事の一部でなければならない。
毎日の業務の中に人を育てる材料がごろごろしている。
一番重要な仕事は自信を持たせること。

<ルール2>
部下にビジョンを理解させるだけでは不十分だ。
リーダーは部下がビジョンにどっぷりと浸かるようにさせなければならない。
リーダーはビジョンが生き生きと生命の息吹を持つようにしなければならない。
そして、そのために、常にビジョンを語りつづけること。

<ルール3>
リーダーはみんなの懐に飛び込み、ポジティブなエネルギーと楽天的志向を彼らに吹き込む。
リーダーの気分には、伝染性がある。
リーダーの仕事は、落ち込もうとする重力の力と戦って持ち上げることだ。

<ルール4>
リーダーは率直な態度、透明性、信用を通じて、信頼を築く。
あなたはリーダーになったからといって、王冠を与えられたわけじゃない。
部下の能力を最大限引き出す責任を与えられただけだ。

<ルール5>
リーダーは人から嫌われるような決断を下す勇気、直感に従って決断する勇気を持つ。

<ルール6>
リーダーは猜疑心と言い換えてもよいほどの好奇心で、部下に質問し、プッシュして、部下が行動で答えるようにさせる。
あなたがリーダーであれば、すべてのことに質問するのがあなたの仕事だ。
オフィスの中で一番バカな人間のように見られても平気でいられるようでなくてはならない。

<ルール7>
リーダーはリスクをとること、学ぶことを奨励し、自ら率先して手本を示す。

<ルール8>
リーダーは派手にお祝いをする。


続いて、人材採用についての、ウェルチ流フレームワークのご紹介。

《人材採用の4つのEと1つのP》

<Energy>
行動を生きがいとし、変化を喜ぶ能力だ。
ポジティブなエネルギーに溢れる人は、一般的に外交的で楽観的な人だ。

<Energize>
ポジティブなエネルギーは周囲の人を感化してエネルギーを吹き込む力を持つ。
エネルギーを与えることができる人は、チームを刺激して不可能なことに挑戦させる。

<Edge>
どの職位のマネジャーにしろ、やるかやらないかを決められないマネジャーほど最悪なものはない。

<Execute>
ずばり、実行力!

<Passion>
心から、深く、見せかけではなくほんとうに仕事に興奮することだ。

リーダーシップを発揮し、良い人材も採用した。
次に経営に求められるのは、「人事管理」だ。

ウェルチ流の「人事管理」とは?

《人事管理》
@人事部門を組織の上のほうに置き、権限を与えるべきだ。
人事部のスタッフは、マネジャーがリーダーを育てキャリアを築く手助けをする能力を持たなければならない。
最高なのは、牧師と親が一体となったようなタイプだ。

A厳格な、官僚的に陥らない評価システムを使い、サーベンス・オクスレー法の法令遵守のように強烈に、誠実な行動をとるよう監視する。

Bよい人材の士気を高め、会社にとどまってもらうための効果的なシステムを作り出すこと。
つまり金銭的報酬、成果を認める方法、研修のことだ。

C組合、花形プレイヤー、落ち目の人、妨害となる人などと、緊張関係にあるときには逃げずにまっすぐ向かい合うこと。

D重力の法則に逆らう。ミドル70%を軽く見るのではなく、組織の中核として扱うこと。

E組織がなるべくフラットになるようにデザインする。
報告と責任の関係が誰の目にも明確であるように。


CEO輩出企業GEの強さの秘訣は、この「人材マネジメント」にあるのかもしれません。


では、最後は、ウェルチ氏の言葉でお別れしましょう。



会社は人だ。

人を管理する以上に重要な仕事はあるだろうか。





”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

【実は私デブ・・・】出逢いの大学

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、千葉智之さんの『出逢いの大学』をご紹介します。

出逢いの大学出逢いの大学
中川 ミナ

東洋経済新報社 2008-05-15
売り上げランキング : 3740
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、たくさんのブログで取り上げられておりますし、書評ブログを読まれているような方々は既に読まれている方が多いのかなと思います。

出遅れ感は否めないのですが、これには理由があるのです。

実は、わたくし委員長は、「出不精」なのです・・・

よって、「人脈」系の書籍もあまりアンテナに引っかからないのです。。。

コミュニケーションが「苦手」とか「嫌い」とかじゃないんです。
むしろ人と話すのは好きなのです。

が、出かけるのが「億劫」になっちゃうんですよね。
「人に会いに行く」というハードルが中々越えられないのです・・・

でも、本書を読んで、「もっと積極的に外に出よう!」と強く思いました。



それはなぜか???


最近、「パーソナル・ブランディング」とか「起業」という言葉にアンテナが立ってるという話は何回もしておりますが、「好きなことを仕事にする」というのも、委員長の中ではHOTな言葉になっています。

本書の中でも、千葉さんは、「好きなことを仕事にしてイキイキとしていれば勢いがついてプライベートの活動もよりアクティブになる」とおっしゃっています。

そして、人脈ブランディング流時間管理術として、「好きなことをやる」ことが、結局は時間を有効に使うことにつながるともおっしゃっています。


そうなのです、

「好きなことを思いっきりやるためなら、出不精なんてハードル簡単に越えられちゃうじゃん」

と思えたのです。


こう思えただけでも、本書を読んで良かったなぁと思います。
千葉智之さん、ありがとうございます!!


昨日も書きましたが、委員長には「ある明確な目標」があります。
家にこもってばかりいないで、その目標達成につながることなら、どんどん積極的に外に出ようと決意したのでした。

今まで、4ヶ月間毎日欠かさず更新して来ましたが、「出不精」解消の代償として、もしかしたら「毎日更新」も途切れてしまうかもしれません。

委員長のブログを読むことを日課にしてくださっている有難い読者の皆様、もし「毎日更新」が途切れたときは、「あぁ、委員長は出不精を解消し、外に飛び立っていったんだなぁ」と思っていただければ幸いです(笑)。


「出不精」の方、

「人脈形成は苦手」という方、

もしかしたら、あなたも開眼しちゃうかもしれませんよ!
是非、本書をお試しくださいませ!!



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)



posted by ? at 05:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

【あの方にたどり着きました】1000人のマーケットで1億稼ぐ!〜Webマーケティングの成功法則

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、松尾昭仁さん、川島康平さんの『1000人のマーケットで1億稼ぐ!〜Webマーケティングの成功法則』をご紹介します。

1000人のマーケットで1億稼ぐ!〜Webマーケティングの成功法則1000人のマーケットで1億稼ぐ!〜Webマーケティングの成功法則
松尾 昭仁

すばる舎 2007-09-14
売り上げランキング : 48956
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本日も、昨日の『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』に続き、松尾昭仁さんの書籍をご紹介します。

今回は、松尾昭仁さんが経営するネクストサービス株式会社のITソリューション事業部長「ウェブ商人」こと川島康平さんとの共著になります。

昨日も申し上げましたが、「パーソナル・ブランディング」、「起業」、「成功」といった言葉が委員長の頭の中をグルグル回っております。

昨日ご紹介した『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術』に刺激を受けた委員長は、気が付くと本書をAmazonさんで「即配購入」しておりました。

本書はタイトルからもおわかりの通り、1000人の顧客リスト(本書では「ハウスリスト」と呼んでいます)から収益をあげるWebマーケティングのノウハウがびっしり詰まっています。

起業したけれど上手く集客できない、広告宣伝費を使っても売り上げが伸びないとお悩みの経営者の方々や、これから起業するという方にオススメの一冊です。

委員長はというと、今直ぐに具体的にこれらのノウハウが必要な状況ではないのですが、本書に記載されているノウハウを使う日を夢想しながら読んでおりました。

昨日、今日と二日にわたって松尾さんの書籍をご紹介しましたが、委員長は、ある方のお顔を浮かべながら本書を読んでおりました。


そのお方の名は?


【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」


鹿田尚樹さん です!


鹿田尚樹さんプロフィール(ブログから抜粋させていただきました)
■元・日本最年少の国会議員公設秘書(当時)、現在はビジネス書評家として『鹿田尚樹の「読むが価値」−ビジネスブック・ミシュラン−』を運営。「個人×ブランド化」を目指すインプット・アウトプットを中心に情報を厳選し執筆。
■過去4年間で1000冊以上の書籍に触れ、「1日1冊読書」をライフワークとして活動中。ビジネス書から得られる【自分×ブランド化】【ビジネス】【起業】【読書術】【宗教マーケティング】のエッセンス抽出ならおまかせ!



松尾さんが提唱されていることを実践されているのが、鹿田尚樹さんなのです。

週末、本書を読んでいる最中に鹿田さんのブログを拝見していると、本書の著者の一人である「ウェブ商人」川島康平さん主催の「サラリーマン著者の会」の記事が紹介されていました。

やっぱ、委員長の連想ゲームは正解だったと、一人拳を握り締めた瞬間でした(笑)。


鹿田尚樹さんと言えば、鹿田さんの「ブログ道」を取り上げた記事で、頭をガツンとやられたことがあります。

それは、


本気で「ブログで人生を切り拓きたい!」と思っているのなら「実名」で書け!


というもの(表現はもっとやさしかったと思いますが・・・)。


実名で書けないというのは、どこかでまだ「逃げ道」を作っているんですよね。。。

自分でもわかってはいるのです。。。
でも、今はそれができません。
結局、自分に自信がないのですね。。。


でも、くよくよばかりしてられません!

こんな委員長でも、今、明確な目標を持って走っています。
それが達成できたとき、堂々と実名で勝負したいと考えています。

今は、「家族」と「仕事」と「ブログ」と「目標」と日々悪戦苦闘しているところです。


誰かが言っていましたね。

人は目標や夢を達成することを成功というが、それは間違っている。

夢や目標に向かって起こす行動そのものを成功というのだ。


と。


そういった意味では、今が一番「幸せ」なのかもしれませんね。



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:35| Comment(4) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

【あなたはどっち?】「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、松尾昭仁さんの『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』をご紹介します。

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング
松尾 昭仁

日本実業出版社 2007-06-07
売り上げランキング : 35599
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やはり自分の心に嘘はつけないのですね。
最近、「パーソナル・ブランド」とか「起業」とか「成功」という言葉にビンビンにアンテナが立っちゃってるんですよね。。。

本書は一年以上前に読んだ本ですが、なんだか無性に読みたくなり、本棚から引っ張り出して再読してみました。

やはり目的を持って読むと違いますね。
寺田昌嗣さんが「フォーカス・リーディング」でおっしゃっていた通りです。
内容は以前読んだなぁと覚えてはいるものの、自分の読み方の真剣度が違うので、情報の入ってくる濃度が違いますし、読みながら委員長のコンピュータがグルグル回転しているのがわかります。

では、先ずは、松尾昭仁さんのご紹介から。

1967年、埼玉県出身。西武学園文理高等学校を経て駒澤大学(専攻は経営学)を卒業後、世界最大級の総合人材サービス企業に入社。1年目から多くの派遣スタッフを管理し、その研修にも携わる。

独立後、一人でビジネスを立ち上げ、多くの優秀なビジネスマンとのネットワークを作る。
2003年ネクストサービス株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。

2005年より講演業をスタートさせ、短期間で新進気鋭の人気講師として注目される。現在は自身のセミナー活動で得た経験やノウハウを生かし、全国でも数少ない「自主開催セミナーのエキスパート」【セミナープロデューサー】として、後進の指導と個人・法人のブランディングサポートに力を注ぎ、日々「大人を教える技術」に磨きをかけている。

各種団体や大企業を含む民間会社より講演・セミナー・研修依頼が殺到し、新聞・雑誌・ラジオなどメディアからの取材も多く受ける。また、執筆した著作(6冊)はそれぞれベストセラーとなり、ビジネス書の業界でも、人気著者として注目されている。

松尾さんは、委員長と同世代で出身地も同じ。
これは刺激になりまっす!

続いて、目次のご紹介。

まえがき

第1章 あなたの「売値」はなぜ低いのか?

第2章 誰でもできるスピード・ブランディングの考え方

第3章 一瞬で「すごい人」だと思わせる魅せ方

第4章 一気に周りを味方にする人間関係のつくり方

第5章 小さな世界でナンバーワンになるブランドの築き方

第6章 「その他大勢」に差をつけるメディアの使い方

第7章 ブランディングの達人に学ぶ成功事例インタビュー

あとがき

本書で得た「気づき」の一つが、松尾さんが提唱する「三角形の法則」です。

この「三角形の法則」は、

『今あなたが業界では普通のレベルであっても、視点を(業界の)外と自分よりも下の初心者にターゲティングすれば、すぐにでもあなたの情報は価値あるものへと変わる』

というものです。

松尾さんは、これを自動車の運転を例に説明されています。

三角形の頂点  F1などのプロレーサー

三角形の中間  自動車教習所の先生

最下層     運転免許がない人


そうなのです。プロになるのに、必ずしもその世界で頂点を極める必要はないのです。運転技術では、プロのレーサーなどのレベルには程遠い人でも、教習所の教官として成り立つのです。

私たちには、「お金を頂戴する」=「プロ」=「頂点」という「固定観念」があります。
言われてみれば当たり前のことなのですが、でもそれって、頂戴する金額が違ってくるだけで、必ずしも「頂点」でなければならないってことじゃないんですよね。

「自分なんかまだまだ」、「まだまだ」「まだまだ」と言ってると、いつまで経ってもスタートを切れないってことですよね。

これは「目から鱗」の大きな気づきでした!


それから、もう一つは、「小さな世界のナンバーワン」になるという考え方。

これは、教科書的に言えば、ニッチ戦略ですね。
群雄割拠する大舞台ではなく、自分が抜きん出ることが出来る小さな世界でトップになるということです。

でも、その「小さな世界」がないから困っとんじゃ!というのが、私たちの正直な気持ちですよね。

松尾さんは、「自分で作った分野の第一人者」になることだとおっしゃっています。

小さな世界が見つからないなら、自分で作ってしまえ!という発想ですね。


小さな世界がない → あきらめる

小さな世界がない → 自分で作ってしまえ



これが、その他大勢から抜け出す人とそうでない人の違いなのかもしれません。


委員長、お前はどっちだ!?



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

【お熱いのがお好き?】アツイ コトバ

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、杉村太郎さんの『アツイコトバ』をご紹介します。

アツイコトバアツイコトバ
杉村 太郎

中経出版 2004-11
売り上げランキング : 6557
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


月曜日から飛ばします!
世間では「ブルー・マンデー」なんて言いますけど、ここは「レッド・マンデー」です!
なんてったって、真赤な表紙にアツイ握りこぶしですから(笑)。

「私の彼はサラリーマン」と聞いて、「シャインズ」と返ってくる方、あなたも委員長と同じ世代ですね(笑)。
あの頃は、バブル経済真っ只中で、日本中が浮かれていたように感じます。

当時大学生だった委員長は、これまた勉強もせず浮かれていた一人でもあったわけですが・・・

今日ご紹介するのは、そのシャインズのメンバーだった杉村太郎さんの魂のこもったアツイ一冊です。

本書も、昨日に続いて水野俊哉さん「成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内」の51冊に選出された一冊です。

それでは、杉村太郎さんのご紹介から。

1963年11月10日生まれ
株式会社ジャパンビジネスラボの創業者であり、代表取締役社長。同社は、我究館(がきゅうかん)ならびにプレゼンスの運営母体である。2008年より、ハーバード大学国際問題研究所の客員研究員。

略歴
1987年 慶應義塾大学理工学部管理工学科 卒業
1987年 住友商事 入社
1989年 シャインズとして『私の彼はサラリーマン』でデビュー。
    以後シングル4枚、アルバム3枚発表
1992年 潟Wャパンビジネスラボ、および、我究館 設立
1993年 『絶対内定95』上梓
2001年 プレゼンス 設立
2001年 『TOEIC900点・TOEFL250点への王道』上梓
2003年 ハーバード大学ケネディ行政大学院卒業(MPA)
2004年 『アツイコトバ』上梓
2008年 ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所研究員


いや〜、とにかくアツイっす。
うざいぐらいのアツさです。

そして、ただアツイだけではありません。
「過激」を通り越して「危険」空域まで侵入してしまっています。
でも、「危険」なくらいアツイからこそ、心の底にズシン、ズシンと響いてくるんですよね。


ただ、気分は盛り上がるかもしれないけど、感動したり、感激したりするだけじゃ、状況は何も変わらないんですよね。
ふと気づくと何も変わらない「現実」があるだけ。。。

杉村さんも、「あとがき」で以下のようにおっしゃっています。

この本は、読んで感じていただくだけでは目的は果たせない。
感動してくれようと、憤慨しようと、それだけではだめだ。
君が新しい次元でのアクションを取ってくれないと納得しない


そしてこのように、ケツを蹴り上げてくれています。

どんなに無謀な挑戦だろうと、人からバカだと言われようと、突き進んで欲しい。掲げた旗は絶対に降ろすな。

僕たちは生まれただけで幸せものだ。誰かのために命をかけないでどうする。

片時も忘れないほしい。
どんなにあがこうと、どんなに苦しんでいる気分に浸ろうと、僕たちは圧倒的に恵まれている存在であることを。



落ち込んだときに勇気を与えてくれる一冊でもありますが、既に頑張っている人にとっても、「まだまだ甘い。ようし、もっと頑張ったるでぇ!」と更にもう一段テンションを上げてくれる一冊です。

是非みなさんも本書で「HOT」になっちゃいましょう!!


月曜の早朝からハイテンションな委員長でした!!!


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。