2008年06月14日

【氣力】甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、門田隆将さんの『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』をご紹介します。

甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯
門田 隆将

講談社 2005-06-29
売り上げランキング : 13263
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イチロー選手WBCと来たら、そう次は、”甲子園”です。
みなさんお気づきのことと思いますが、わたくし委員長は、野球が大好きなのです。

今回ご紹介する『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』は、「フルスイング」というタイトルでNHKでドラマ化されたものです。
主演は、トレビアの泉の迷(?)MC、高橋克実さんでした。
ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

先ずは、Amazonさんの内容説明から。

『甲子園への遺言』は、平成16年7月1日、多くの野球人、生徒たちに惜しまれつつ世を去った、不世出の打撃コーチ・高畠導宏氏の生涯を描いたノンフィクション作品です。

高畠氏は古くは南海の藤原、ロッテの落合、高沢、西村、そして最近ではイチローや田口、小久保など、数多くの名選手を育てたプロ野球界伝説の打撃コーチです。多くのプロ野球選手たちが彼に教えを乞い、30年にわたって第一線の選手たちの技術面と精神面の支えになりつづけました。

ところが、その高畠氏は五十代半ばにして一念発起をします。通信教育で教職の勉強をはじめ、プロ野球球団のあまたの誘いを蹴って高校教師の道を選んだのです。

そして、平成15年春、福岡県の私立筑紫台高校に新人教師として着任します。社会科教諭として教鞭をふるう一方、野球部を甲子園に連れて行きたいと考えたのでした。

諦めや疲労感に支配される五十代に、なかなかできることではありません。ところが、長年の無理がたたったのでしょう。高畠氏の体はそのとき重大な病気に冒されはじめて……。

こんなに凄い高校教師がいた!──高畠氏はなぜ転身を決意し、そして、そうまでして高校生たちに何を伝えようとしたのでしょうか。



本書はプロ野球コーチの人生を描いたものなので、終始野球の話が登場しますが、”野球なんてルールも知らないし興味もない”という方々にも是非読んでいただきたい一冊です。

人それぞれ感じるものは違うかもしれませんが、高畠さんの生き様から、生きる勇気みたいなものを得ることができるんじゃないかなと思います。

延べ30人のタイトルフォルダーを排出した高畠コーチが、プロ野球で、さらに人生そのもので伸びる大切な要素をあげてらっしゃるので、ご紹介しましょう。

一、素直であること
二、好奇心旺盛であること
三、忍耐力があり、あきらめないこと
四、準備を怠らないこと
五、几帳面であること
六、気配りができること
七、夢を持ち、目標を高く設定することができること


どれも基本的なことなのですが、実践し続けるとなるとむずむずなんですよね。


高畠さんは、こうもおっしゃっています。

「平凡のくり返しが非凡になる」

教え子の一人であるイチロー選手の

「小さなことを積み重ねることが、 とんでもないところへ行く、 ただひとつの道」

に通じるものがありますね。


最後は、高畠さんのこの言葉で。


「才能とは、最後まであきらめないこと」


そうそう、本書を読む時は、油断してはいけませんよ。
いきなりしょっぱなから”ガツン”ときますから。
ハンカチorティッシュを用意してから読み始めましょうね。



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。