2008年07月04日

【ゴムまりのように】人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、祐川京子さん、本間正人さんの『人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた』をご紹介します。
このお二人の組み合わせはベストセラーになった『ほめ言葉ハンドブック』の組み合わせですね。

人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた
本間 正人

大和書房 2008-04-17
売り上げランキング : 756
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ほめ言葉ハンドブックほめ言葉ハンドブック
本間 正人

PHP研究所 2006-12-21
売り上げランキング : 275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


祐川京子さんは、以前『夢は宣言すると叶う』でもご紹介しましたが、”自己啓発オタク”と自負するほどで、平社員の頃から毎年100万円くらい身銭を切って勉強し、社外セミナーをいくつも受講され、ついに、生保の事務職のOLからベンチャーキャピタリストへ転身を遂げ、「ほめ言葉ハンドブック」という大ヒットを飛ばしちゃったというスーパーレディーなのです。

祐川さんは、勉強熱心なだけでなく、「愛嬌力」が強みだねと第三者から言われるほどの「愛嬌力」の持ち主なんだそうです。
「勉強家」+「愛嬌力」、これなら成功するのも納得ですね。

そうは言ったって、「愛嬌力なんて天性のものでしょ」とお嘆きのあなた、確かに「愛嬌」は天性のものですが、「愛嬌力」は後天的に体得することが出来ると、本書では言っています。

では、「愛嬌力」があるとはどういうことなのでしょか?
興味がわきますよね。
「続きはご自身で」でなんて書いたらぶっ飛ばされそうなので、少々ご紹介しましょう。

本書では「愛嬌力」を形成する要素を、「ゴムまり」になぞならえて説明しています。

@適度に空気の入っている「ゴムまり」が、よくはずむ
快適なゴムまりをつくるには、適度な「空気圧」が必要です。この空気圧は「自信」に相当するといえます。
ただし、空気が入りすぎていると問題です。
空気が入りすぎとは、自信過剰で、思い上がっている状態です。
自信があってこそのエネルギー。しかし、過剰にならないエネルギー。
そのカギを握っているのは「謙虚さ」です。

A表面に角のない「ゴムまり」が、よくはずむ
愛嬌力のある人には、さっぱり感がある。
愛嬌力のある人は、丸くおさめることができる。
愛嬌力は、「怒る」「すねる」「キレる」「黙り込む」「神経質にピリピリする」といった行動とは対極にあるといえるでしょう。

B丈夫な「ゴムまり」が、よくはずむ
愛嬌力のある人は、ストレスに強い。
ゴムまりは、風船よりはるかに丈夫です。
膜が強いこと、それは「精神的な強さ」をあらわします。
愛嬌力のある人は、柔軟性がある。
愛嬌力のある人は、自分のなかで絶えず変化していく多面的な要素に、つねに意識を向けています。

キーワードは、「自信」「謙虚」「さっぱり」「丸くおさめる」「ストレス耐性」「柔軟性」でしょうか。
これらを兼ね備えているとなると、結構ハードルが高いですね・・・

でも大丈夫です。
本書の良いところは、松・竹・梅のケース別に具体的な会話例を掲載していることなんです。
「なるほどねぇ、こうやって受け答えすればいいんだぁ」
「あらら、私はいつも梅だ・・・」
なんて感じで、自分の受け答えを振り返ることが出来るんです。

「愛嬌力」を身に付けたいという方、必ず何らかのヒントを得ることができると思います。
是非ご一読を。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101804269

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。