2008年07月15日

【こころ図】リーダーこれだけ心得帖

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、阪本啓一さんの『リーダーこれだけ心得帖』をご紹介します。

リーダーこれだけ心得帖リーダーこれだけ心得帖
阪本 啓一

日本経済新聞社 2004-12
売り上げランキング : 37295
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リーダーこれだけ心得帖 (日経ビジネス人文庫 ブルー さ 7-2)リーダーこれだけ心得帖 (日経ビジネス人文庫 ブルー さ 7-2)
阪本 啓一

日本経済新聞出版社 2007-04
売り上げランキング : 201110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


阪本啓一さんは、旭化成にて建材営業をされた後、経営コンサルタントとして独立されたお方です。

阪本さんのサラリーマンとして、コンサルタントとして、現場経験から導き出された「リーダー論」はとても共感できるものとなっています。

先ずは目次から。

其の壱 リーダーは「自然になる」のではなく、「学んでなる」もの

其の弐 リーダーは決める、捨てる

其の参 リーダーは目標を設定する

其の四 リーダーは異新を創り出す

其の五 リーダーは失敗する

其の六 リーダーは二つの組織を見る

其の七 リーダーは育てる

其の八 リーダーは実行する

其の九 リーダーは笑う

其の十 リーダーは疲れる

それでは、わたくし委員長が、思わずうなったポイントをご紹介しましょう。


「リーダーに向き不向きなどない」
「リーダーは、学んでなるもの」

リーダーとこれらの「先天的な気質」とは、本来無縁のものである。人は、リーダーとして生まれるのではなく、リーダーになるのである。リーダーシップは先天的に備わっているものではなく、後天的に学ぶのである。
役職でリーダーになるのではないのだ。

ものすごく共感します!
確かに先天的に資質を持ってる場合もあると思いますが、リーダーってそんな簡単なものじゃないですよね。

リーダーは、センスだけでは務まらない。
ましてや、「仕事ができるから」なんて理由だけでリーダーを張るなんて???ですよね。
わたしの持論では、リーダーがどれだけの「人間力」を持っているかがポイントだと思ってます。


「失敗しやすいカルチャーを作ろう」
人が失敗を恐れるのは顧客のことを思ってより、社内、特に上司の苦い顔を浮かべてひるむケースが圧倒的に多い。失敗を許し、積極的に奨励する組織カルチャーを作らなければならない。

「思いきりやって失敗しても、リーダーがいてくれるから大丈夫」
むずむずですけど、メンバーにこんな風に安心してのびのび力を発揮してほしいですよね。
これもリーダーの「人間力」のなせる業だと思います。


「組織図だけでは人は動かない」
「こころ図」を見よう

「こころ図」とは、メンバーのこころとこころを結ぶ回路でできている。組織図ではつながっているべきなのに、実はつながっていない場合もある。
仕事を動かし、仕事の質を決めるのは、組織図ではなく、こころ図なのである。

「こころ図」が見えていますか?という阪本さんの問いが、胸に突き刺さりました。
これがむずむずなのです。。。
どうやってメンバー間の「こころ図」をつないでいくか、これがリーダーの究極の役割かもしれませんね。


個々のタスクやプロジェクトには、納期や完了基準など何らかの「終わり」がある。
でも、リーダーの役割には、「終わり」なんてない。
状況も変われば、メンバーも変わる、メンバーのこころも変わる、そんな中でどうやって「こころ図」を維持していくか、強化していくか、それがリーダーの楽しみ・やりがいでもあり、難しさでもあるのですね。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
こちらも応援完了です。
しっかし、暑い日々ですね。
寝不足になりそうです。
Posted by はっしーなゆき at 2008年07月15日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。