2008年08月20日

【よく売れました】「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、古市幸雄さんの『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55』をご紹介します。

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
古市幸雄

マガジンハウス 2007-06-21
売り上げランキング : 3833
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、2007年Amazonランキング「仕事術・勉強法」部門第2位と大変よく売れました。
なんとレバレッジ・シリーズ本田直之さんをおさえての第2位なんですね。
因みに第1位は、「知ったモン勝ち! 私はこの方法で資格を30取得しました ―無敵のラジカル・マスター学習法」です。
私も「知ったモン勝ち」を購入しましたが、資格勉強をしない委員長にとっては、ツボではなかったようです。

先ずは、古市さんのご紹介から。
明治学院大学文学部英文科卒。読売新聞社 編集局写真部へ入社するも、夢であったアメリカ留学を果たすため退社。渡米後ニューヨーク州立大学で経営学修士(MBA)を取得。帰国後3年間で、翻訳、手帳・目標達成関連、英語発音学校の3つのビジネスを立ち上げる。自身のホームページで発売した本書の原典となる冊子「負け犬にならないための勉強法」、夢や目標のための指南書「あなたが成功する手帳の使い方」は、隠れたベストセラーとなっている。英語教室【英語発音.com】(東京都中央区)では日本で唯一、発音とリスニングを同時に向上させるプログラムを提供。TOEICでは、980点を取得。著書に「英会話学校に行かない人ほど、うまくなる」(ダイヤモンド社)。

次は、目次のご紹介。
第1章  人生は勉強したものが勝つ!

第2章  勉強時間を捻出する方法

第3章  勉強に集中する方法

第4章  短期集中型・長期計画型の勉強法

第5章  本気の人のための英語の勉強法

第6章  勉強を成功させるための目標設定方法

第7章  勉強効率アップのための食事・睡眠

第8章  勉強効率アップのためのツール

さて、本書は、冒頭でご紹介した通り、大ベストセラーになりましたが、Amazonの書評をチラっと見ると、結構ボロクソに書かれているんですよね(苦笑)。
本の評価は、その本に何を期待していたのか、その本から何を感じたのか、その本を読む人次第なので何とも言えないのですが、Amazon書評を見ていてちょっと悲しくなったのも事実です。
もしかしたら、こういうのって書評だけに限らず、「その人の生きる姿勢みたいなものが現れるのかな」なんて思っちゃったりして。。。

さて、そんな賛否両論な本書ですが、わたくし委員長の感想はこんな感じです。

<こんな方にオススメ>
 ●中々勉強する気にならない方
 ●目を覚まさせてほしい方
 ●喝を入れてほしい方
 ●煽ってほしい方
 ●勉強することの大切さを再確認したい人方
 ●M系の方(笑)

<こんな方はやめておいた方が> 
 ●金鉱を探している方
 ●一発逆転をもくろんでいる方
 ●既に他の勉強本を数多く読んでいる方
 ●Hacksのような勉強法を求めている方
 ●他人の成功体験には興味がない方
 ●S系の方(笑)


わたくし委員長は、勉強することの大切さを再確認すると「このまま継続していけばいいんだ」という気持ちになれて、とてもモチベーションが高まります。
(単にM系なだけという話もありますが・・・)

本書で委員長に一番ヒットしたのは、この部分。

「私たちは数年前の過去の蓄積で、現在の収入を得ている」ということ。

当たり前な話なのですが、今頑張っても結果はすぐに現れないんですよね。物によって違うと思いますが、今の努力が効いてくるのは、将来の話。だから、「俺はこんなに頑張ってるのに・・・」と結果が出ないことにめげずに、必ず将来につながっていくと信じて、努力を継続して行くことが大切なんだと思います。

そして、努力の結果ある具体的な目標が達成出来なかったとしても、私たちは、「成長」という人間として大切なものを得ることができるのだと思います。

やっぱり、

「継続すること」

「コツコツ積み上げていくこと」


が大切なんだなぁと再認識させてくれる一冊です。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはヽ(^o^)丿
わたしもこの本読みましたが、結構S系の著書だったような(@_@;)
でも、とっても参考になりました(^_-)-☆
何でも継続が大事ですよね(^。^)y-.。o○

またきますぅ♪
Posted by ゴリクン。 at 2008年08月20日 05:41
こんにちわ。
フォーカスリーディングの本はお薦めですよ。
まだでしたらぜひ。

今日は、古市さんの本ですね。
この本は私もよかったと思います。
ただ、古市さんちょっと社会に反感持ちすぎなのか、はっきりものいうというか、Sが強いですよね〜。
Posted by はっしーなゆき at 2008年08月20日 18:16
委員長、こんにちは!

<こんな方にオススメ>と<こんな方はやめておいた方が> のポイントが絶妙!

たぶん本書を読んだ全ての人が納得するでしょうね。特にSとMの部分に(笑
Posted by 早川 ノブ at 2008年08月20日 20:42
ゴリクン。さん、こんにちは。

ご訪問&コメントありがとうございます。

本当に古市さんはS系ですよね。
ドMの委員長にはぴったりなのですが・・・


はしーなゆきさん、こんにちは。

そうですよね、これだけ言っちゃうと気分を害する人がいても不思議ではないですよね。

よくぞ言ってくれましたというところも多いのですが(笑)。


早川さん、こんにちは。

早川さんも勉強本シリーズでご紹介されていましたよね。
書評ブロガーとしては目を通しておきたい一冊ですね。
ドMの私には、何とも気持の良い本でした(笑)。
Posted by 委員長 at 2008年08月20日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。