2008年09月02日

【あなたはどっち?】「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、松尾昭仁さんの『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』をご紹介します。

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング
松尾 昭仁

日本実業出版社 2007-06-07
売り上げランキング : 35599
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やはり自分の心に嘘はつけないのですね。
最近、「パーソナル・ブランド」とか「起業」とか「成功」という言葉にビンビンにアンテナが立っちゃってるんですよね。。。

本書は一年以上前に読んだ本ですが、なんだか無性に読みたくなり、本棚から引っ張り出して再読してみました。

やはり目的を持って読むと違いますね。
寺田昌嗣さんが「フォーカス・リーディング」でおっしゃっていた通りです。
内容は以前読んだなぁと覚えてはいるものの、自分の読み方の真剣度が違うので、情報の入ってくる濃度が違いますし、読みながら委員長のコンピュータがグルグル回転しているのがわかります。

では、先ずは、松尾昭仁さんのご紹介から。

1967年、埼玉県出身。西武学園文理高等学校を経て駒澤大学(専攻は経営学)を卒業後、世界最大級の総合人材サービス企業に入社。1年目から多くの派遣スタッフを管理し、その研修にも携わる。

独立後、一人でビジネスを立ち上げ、多くの優秀なビジネスマンとのネットワークを作る。
2003年ネクストサービス株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。

2005年より講演業をスタートさせ、短期間で新進気鋭の人気講師として注目される。現在は自身のセミナー活動で得た経験やノウハウを生かし、全国でも数少ない「自主開催セミナーのエキスパート」【セミナープロデューサー】として、後進の指導と個人・法人のブランディングサポートに力を注ぎ、日々「大人を教える技術」に磨きをかけている。

各種団体や大企業を含む民間会社より講演・セミナー・研修依頼が殺到し、新聞・雑誌・ラジオなどメディアからの取材も多く受ける。また、執筆した著作(6冊)はそれぞれベストセラーとなり、ビジネス書の業界でも、人気著者として注目されている。

松尾さんは、委員長と同世代で出身地も同じ。
これは刺激になりまっす!

続いて、目次のご紹介。

まえがき

第1章 あなたの「売値」はなぜ低いのか?

第2章 誰でもできるスピード・ブランディングの考え方

第3章 一瞬で「すごい人」だと思わせる魅せ方

第4章 一気に周りを味方にする人間関係のつくり方

第5章 小さな世界でナンバーワンになるブランドの築き方

第6章 「その他大勢」に差をつけるメディアの使い方

第7章 ブランディングの達人に学ぶ成功事例インタビュー

あとがき

本書で得た「気づき」の一つが、松尾さんが提唱する「三角形の法則」です。

この「三角形の法則」は、

『今あなたが業界では普通のレベルであっても、視点を(業界の)外と自分よりも下の初心者にターゲティングすれば、すぐにでもあなたの情報は価値あるものへと変わる』

というものです。

松尾さんは、これを自動車の運転を例に説明されています。

三角形の頂点  F1などのプロレーサー

三角形の中間  自動車教習所の先生

最下層     運転免許がない人


そうなのです。プロになるのに、必ずしもその世界で頂点を極める必要はないのです。運転技術では、プロのレーサーなどのレベルには程遠い人でも、教習所の教官として成り立つのです。

私たちには、「お金を頂戴する」=「プロ」=「頂点」という「固定観念」があります。
言われてみれば当たり前のことなのですが、でもそれって、頂戴する金額が違ってくるだけで、必ずしも「頂点」でなければならないってことじゃないんですよね。

「自分なんかまだまだ」、「まだまだ」「まだまだ」と言ってると、いつまで経ってもスタートを切れないってことですよね。

これは「目から鱗」の大きな気づきでした!


それから、もう一つは、「小さな世界のナンバーワン」になるという考え方。

これは、教科書的に言えば、ニッチ戦略ですね。
群雄割拠する大舞台ではなく、自分が抜きん出ることが出来る小さな世界でトップになるということです。

でも、その「小さな世界」がないから困っとんじゃ!というのが、私たちの正直な気持ちですよね。

松尾さんは、「自分で作った分野の第一人者」になることだとおっしゃっています。

小さな世界が見つからないなら、自分で作ってしまえ!という発想ですね。


小さな世界がない → あきらめる

小さな世界がない → 自分で作ってしまえ



これが、その他大勢から抜け出す人とそうでない人の違いなのかもしれません。


委員長、お前はどっちだ!?



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
委員長は経営企画と書かれてましたので間違いなく管理会計の専門の方だと思ってましたよ。
委員長には、紹介した本は簡単すぎると思いますよ。
Posted by はっしーなゆき at 2008年09月02日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105793519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。