2008年09月11日

【セミナー学習の3つのポイントお教えします!】LIVE HACKS! [ライブハックス!]

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、昨日の予告通り、大橋悦夫さんの『LIVE HACKS! [ライブハックス!] 』をご紹介します。

LIVE HACKS! [ライブハックス!]LIVE HACKS! [ライブハックス!]
大橋 悦夫

ゴマブックス 2008-04-22
売り上げランキング : 9299
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いや〜、先週末からエンジン全開なので、少々へばって参りました。
なんてたって、40過ぎのおっさんですから(笑)。

先ずは、大橋悦夫さんのご紹介から参りましょう。

1974年、東京生まれ。ブログ「シゴタノ! 仕事を楽しくする研究日誌」主宰。

学生時代よりビジネス書を読みあさり、システム手帳の使い方やスケジュール管理の方法、情報整理のノウハウなどの仕事術を実践を通して研究。

その後、ソフ トウェアエンジニア、テクニカルライター、専門学校講師などを経て、現在は仕事のスピードアップ・効率アップのためのセミナーや研修を手がける。デジタリ ハリウッド講師。

主な著書
『「手帳ブログ」のススメ』
『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』
『チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術』
『そろそろ本気で継続力をモノにする!』
『Life Hacks PRESS vol.2』
『LIVE HACKS! 今を大切にして成果を5倍にする「時間畑の法則」』



先ず、実際にお会いしての感想ですが、「普通のお兄さん」って感じで、とても好感のもてる方でした。

セミナーは、講師がしゃべりっ放しの一方通行ではなく、隣の方とのワークショップもあり、参加型で楽しく学ぶことが出来ました。

先日松尾昭仁さんの『誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 セミナー』でセミナーのノウハウを学んで来ましたが、こうやって色々な方のセミナーに出てみると、参考になることが沢山見つかりますね。

講演の内容から学ぶことも当然ですが、こうやってセミナー運営のノウハウを学ぶのも、セミナーの醍醐味なのかもしれません。

松尾昭仁さんのノウハウに「FTTP」というものがあります。


「FTTP」


みなさん、何だかわかりますか?


これは、「(F)複合的に(TT)徹底的に(P)パクる!」の略なのです。


色々な業界から良いものを学び、それを融合することで自分自身のオリジナルにしてしまうという考え方なんですね。

みなさんも、「FTTP」覚えておきましょうね。


さて、肝心のセミナーですが、内容は、本書に書かれていることと同じなので割愛させていただきますが、大橋さんにセミナーに参加する際の学びのポイントを3つ教えていただきました。


1.受講前 受講の目的を書きだす

2.受講中 受講後のタスクを書きだす

3.受講後 受講内容を人に話す



これは、セミナーだけじゃなくて、読書にもそのまま当てはまりますね。


フォーカス・リーディングにもありましたが、先ず、「目的」を明確にすることが大切なんですね。

そして、何事も「聞いてわかった気になる」、「読んでわかった気になる」じゃ何も変わらないんですよね。

そう、「行動する」ことが大切なのです。

だから、何をするか「タスク」を書き出すのですね。

そして、最近委員長のブログによく登場するのがこの言葉、


「アウトプット」


誰かに教えることで学びが自分のものになるんですね。

なので、委員長もこうやってブログにアウトプットさせていただいています。


続いて、書籍のご紹介です。
先ずは、目次のご紹介から。


はじめに

Chapter 1
最優先課題を知る −自分の「時間畑」を知る

Chapter 2
時間の使い方を改める −自分の「時間畑」を耕す

Chapter 3
望ましい行動を植え付ける −自分の「時間畑」にタネをまく

Chapter 4
「備え」を厚くする −自分の「時間畑」に肥料を与える

Chapter 5
成功を繰り返し再現する −自分の「時間畑」から収穫を得る

おわりに


本書の売りは、「時間の使い方」、つまり「人生」を畑に例えたこと、この”メタファーの妙”につきると、委員長は思うのです。


耕して、タネ蒔いて、肥料やって、収穫する、非常にわかりやすいですよね。

この時間畑の概念に、スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」「最優先事項」、重要事項×緊急事項の「時間管理マトリックス」「刃を研ぐ」などの習慣を上手に組み合わせた感じです。


そして、本書の最大の売りは、34のワークが掲載されていること。
通常読んで終わりになりがちですが、このワークをしっかりやると、先ほど、セミナー学習のポイントでお話した、「読みっ放し」から卒業して「行動に移す」ことができます。


ただし、このワークを「やれば」の話ですよ!


私自身、本書を読んだときは、ワークをすっ飛ばしてしまいましたが(汗)、先日参加した大橋さんのセミナーで何個かやってみて、その効果を実感しました。

やっぱ、読んだだけじゃ効果は小さいのです。


「とにかく実践すること」


この大切さを痛感した、大変良いセミナーでした。

大橋悦夫さん、ありがとうございました!!!



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106168536

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。