2008年09月12日

【心を揺さぶれ!】「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、中山マコトさんの『「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本』をご紹介します。

中山マコトさんのご紹介は、『仕事がどんどんやってくる 目立つ技術』に続いて2回目となります。

「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本
中山 マコト

中経出版 2008-08-22
売り上げランキング : 30
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日から、実験的にブログのスタイルを変更してみました。
配信する内容を定型化することで、読書からの学びも仕組み化
できるのではないかというねらいを持ってのことです。

効果のほどはわかりませんが、しばらくトライしてみます。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

人の心をシンクロさせる「シンクロニスト」として、
「狙って売る!マーケティング」の企画・実践を行なう。
「売れるヒントは人から訊き出せ!」を人生訓に、
独自のインタビュー術を駆使し、お客様の心を動かす企画を考案し、
大きな実績を上げ続けている。

市場調査会社に入社後、マーケティング、販売促進、広告制作に
携わり、小売業、飲食業、サービス業などの売上げ強化に手腕を
発揮する。
コンビニエンスストア・チェーンでの「お客様を立ち止まらせる
POP」、量販店での「お客様を呼ぶ売り場づくり」などにおいて、
通常の2倍、3倍の売上げアップを連発! 
ここ数年はインターネット・マーケティングにおいての、
売上げアップも得意とする。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 とにかく売れる!「必殺!キラーコピー」

第2章 ターゲットをどう決めるか?

第3章 「キラーコピー」を書くための11の法則!

第4章 キラーコピー効果を最大にする方法

第5章 キラーコピー体質を作る

おわりに

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書de課題解決】

中山マコトさんの「キラーコピー」のエッセンスを「FTTP」し、
ブログやメルマガなどの情報配信に活かしちゃおう!!!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

みなさん、もうお読みになりましたか?

えっ!まだですと!?

それはもったいない、今すぐAmazonアタックしてください!

ってくらい、本書は、オススメです!

Amazon書評、書評ブロガーの方も絶賛されております通り、
本書は、超オススメなのです。

これまで25年以上にわたって、販売促進、広告、マーケティングの
仕事を手がけてこられた中山マコトさんが、必殺のコピー
「キラーコピー」の作り方を伝授してくれる
有難い一冊なのです。

手の内をこんなに明かしてしまって大丈夫なの?
と読者が心配してしまうくらいそのノウハウを惜しげもなく
披露してくださっています。

中山マコトさん、太っ腹です!!


沢山のヒントの中から、委員長にヒットしたポイントを
ご紹介しましょう。


それは、


「ターゲットを明確にする」


ということ。

中山さんは、

難しいことなんか言いません。
僕の結論はたった一つ!

「誰に!が特定されていないコピー」なんか書くな! 

です。

と喝破されています。


ターゲットをハッキリさせないといけない!というのは、
突き詰めれば、ターゲットに喜んでもらわなければいけないということ。

つまり、問題解決なわけですよ。

相手のことを明確にイメージし、その人にとって最大の価値を提示し、
気づいてもらい、結果、喜んでもらう。
これがビジネスのすべての基本だと僕は思うんですね。


ともおっしゃっています。

そして、ターゲットと言っても、「キラーコピー」の秘訣は、
「一人」を狙う!ということ。

普通、
「えっ、逆じゃないの、どうすれば沢山のひとにウケルか考えるんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、そうじゃないんですねぇ。

中山さんは、このようにおっしゃっています。

まだ一度もあったことのない、いわゆる「見込み客」をイメージし、
その人がどんな言葉に反応するだろうか?と突き詰め、
言葉を研ぎ澄まし、それをコピーというカタチに昇華される。
だから、その言葉がお客に刺さり、お客様の気持ちをとらえるのです。



そして、本書で一番”おいしい”のは、『「バカ売れ」キラーコピーを書く11の法則』として、
中山さんが、そのノウハウを惜しげもなく披露してくれていること。

@日付、時間を入れる!

A署名をする!

B質問、疑問に答える!

C物語を書く!

Dニュースにする!

E物語を途中で終わらせる!

F好奇心を煽る!

G正直に伝える!

Hレアであることを伝える!

I「共通するもの」でくくる!

J「なるほど!」と言わせる!



直ぐに使えちゃう具体的な事例がてんこ盛りで、
これだけでも本書を買う価値があります!


ほんのさわりをご紹介いたしましたが、本書には、
ターゲットの”心を揺さぶる”ノウハウが
ぎっしり詰まっています。

委員長が自信を持ってオススメする一冊です!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【今日の実践】

ブログ記事タイトルのネーミングにこだわる!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■流通業の方

■ブログ、メルマガ等情報配信している方

■自分ブランド化を目指す方

■プロのコピーライター(笑)


+++++++++++++++++++++++++++++++
【今日の一言】

「誰に!が特定されていないコピー」なんか書くな!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106169453

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。