2008年09月28日

【超おススメです!】思考のボトルネックを解除しよう!

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、石川和幸さんの『思考のボトルネックを解除しよう!』をご紹介します。

思考のボトルネックを解除しよう!思考のボトルネックを解除しよう!
石川 和幸

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-08-18
売り上げランキング : 49
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

早稲田大学政経学部政治学科卒業、筑波大学経営学修士。
アクセンチュア、日本総研等を経てサステナビリティ・
コンサルティング、インターネットアプリケーションズ設立。
専門分野は、構想策定、SCM・ERP構築導入、BPR、
プロジェクトマネジメント、経営管理指標構築導入。
IE士補、TOCコンサルタント。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 ボトルネックって何だ?

第2章 「知識」のボトルネックを分解する

第3章 情報のボトルネックを解除せよ

第4章 手法のボトルネックを解除せよ

第5章 技能のボトルネックを解除せよ

第6章 「知識」のボトルネックを改善しよう

第7章 「選択」というボトルネック

第8章 最後のボトルネック、「生/活力」のボトルネック

あとがき

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■多くの書評ブロガーの方々が絶賛する本書の魅力を
  実際に味わってみよう

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

本書は、多くの書評ブロガーの方々が絶賛されていたので、
読む前からとても期待していました。

とてもハードルの高い状態で読んだわけですが、そのハードルをも
楽勝で超えてしまう充実した内容でした。

タイトルに【超おススメ】と書かせていただきましたが、
なぜ【超おススメ】なのか、委員長のポイントをご説明しますので、
「まだ読んでないよう」という方は、ご参考にしていただいて、
そのままAmazonアッタクしちゃってくださいませ(笑)。


<仕事アタマの設計図>
結果を出しながら、人生を楽しく有意義(ワクワク)に過ごす
ために必要なことが網羅されています。
特に、これから自己研鑽して仕事やプライベートを充実させたい
という20代の若い方に是非読んでほしい一冊です。

本書のキャッチコピーになっているのですが、正しく
「仕事アタマの設計図」と言える一冊です。
※このキャッチコピーも秀逸です


<高い概念化能力のお手本>
20年近く仕事をやっていて経験上大切だなと感じている能力が
「概念化能力」です。

「概念化能力」とは、知識や情報などを体系的に組み合わせ、
複雑な事象を概念化することにより、物事の本質を把握する
能力です。

この「概念化能力」は、経営者やコンサルタントに求められる
代表的な能力と言われているので、コンサルタントである
石川さんにとっては当たり前なのかもしれませんが、
本書をまとめあげた「概念化能力」は本当にすごいと思います。

本書の中で、既存のフレームを使うことでレバレッジを
効かせましょうというくだりがあるのですが、本書そのものが
これから自己研鑽しようという方にとって、「フレーム」に
なるわけです。

そういう意味で、「すげぇなぁ」と思いながら、本書を読ませていただきました。


<自分は何者か>
本書には、『第7章「選択」というボトルネック』という章が
ありますが、著者の石川さんは、「あとがき」で以下のように
おっしゃっています。

「本書の眼目は、小手先の手法以前に、思考過程に潜む最強の
ボトルネック、「選択」のボトルネックを理解し、操作すること
なのです」


個人的には、この第7章だけで、お金に表せないくらいの価値が
あると思っています。

現在、私自身が人生の選択のときを迎えているからかも
しれませんが、この第7章は、委員長の心にズバッと
剛速球を投げ込んでくれました。


自分は何者で、今何をしているのか(認識)

自分は何がしたいのか、何になりたいのか(選択)

それはできるのか、なれるのか(前提)



人生の選択、自分の価値観と照らし合わせながら、
じっくり考えて、納得のいく選択をして、その実現に向けて
全力で走って行きたいと考えています。


<共感>
この第7章に、委員長が大きく共感した箇所がありましたので、
みなさんとも共有したいと思います。

先ず、共感ポイントを抜粋させていただいます。


どちらかというと、知的な内容で本書をまとめていきたい
との意図を持っていますが、この「選択」の章に関してだけは、
ややその路線を脱線してきています。
というのも、私は今の知的な思考法を伝える書類等の意義を
認めつつも、一方で、今の世の中が単なる知的スマートさ
だけでは、解けない問題に直面しつつあると感じている
からです。

つまり、アタマだけでは全然だめで、そもそもの志、夢、情熱が
あってこその知識であり、思考のフレームワークであり、
それがなければただの頭のお遊びになりかねない、あるいは、
血も涙もない結論を導くおそれもあると思うようになった
のです。



今から6年ほど前、現在の経営企画マネジャ職についた時、
本書で紹介されているようなフレームが書かれている専門書や
ロジカルシンキング関連本を読み漁りました。

ガンガン働いて、勉強して、ロジックで攻める、そんな上司の
背中を見せれば、部下はついてくるだろうと思っていました。

確かに影響を受けて大きく成長した部下もいましたが、
そのスピードやスタイルにあわず心を痛めた部下もいました。

プロフィールにも書きましたが、今から2年半ほど前に部下から
180度フィードバックを受けたとき「半導体」のようだという
コメントをもらいショックを受けました。

それ以来、チームを動かしていくために必要なもの、メンバーの
モチベーションを高めるために必要なもの、チームワークを高める
ための施策などを探し続けています。


「理動」という言葉がないように、人は理論では動かない、
「感情」で動くのだ



まだご紹介していませんが、その当時に読んだ本(恩書のひとつ)に
この言葉がありました。

今の自分の拠り所になっている考えでもあります。

今年から本格的にコーチングを始めたというのも、「半導体」事件
以来、探し続けている「解」のひとつなのかもしれません。



本書から、自分の人生を考える大きなヒントを頂戴しました。

また、自分がコーチングを行っていく上で、クライアントや
部下の「選択」にも役立てて行きたいと思っています。

石川和幸さん、

本当にありがとうございました。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■これから船出をしようという若い方
  きっと人生の荒波を乗り越える「羅針盤」となることでしょう

■人生の選択に迷われている方

■委員長がここまでおススメするならという方(笑)。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■人生の選択をとことん考える


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(5) | TrackBack(2) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^_-)-☆
私もこの本を読んで、衝撃を受けました!!!
特に、選択のボトルネックって考えは
私のとっては新鮮で、もっともっと追求していかないとって感じましたね(*^_^*)

いろいろ思うことがある著書だったような印象を受けました(^。^)y-.。o○
Posted by ゴリクン。 at 2008年09月28日 08:12
ゴリクン。さん、こんにちは。

コメントありがとうございました。

この良書との出会いがあるから、読書はやめられないんですよね。

そして、その良書との出会いを、こうやってブログで共有できることもすばらしいと感じています。
Posted by 委員長 at 2008年09月28日 11:17
はじめまして。
私は自己啓発書を中心に書評ブログを運営
しております。こちらのサイトではいつも
ビジネス書の情報源とさせて頂いています。私もサラリーマンですが、ワクワク推進委員長さんの継続力には感銘しており、いつも良い刺激を頂いております。よろしければ相互リンクをお願い致します。
それでは、今後も有益な情報を楽しみにしております。
Posted by ゆきさん at 2008年09月28日 23:32
ゆきさん、こんにちは。

ご訪問&コメントありがとうございました。

私もゆきさんと同じ41歳。
年齢は中年ですが、気持ちは「青春真っ只中」って感じです!

リンク貼らせていただきました!

これからもよろしくお願いします!
Posted by 委員長 at 2008年09月29日 05:29
ワクワク推進委員長さま

思考のボトルネックの著者の石川です。

過分なご紹介を賜りありがとうございます。
ご指摘いただいたとおり、思考の地図、人生のグランドデザインに少しでも役立てば、と思って、稚拙ながら書いた本です。

特に、志、夢、情熱云々のくだりはディスカヴァーの干場様とも共通の思いでもあり、私が今まで仕事をしてくるに当たって思い至った考え方でもあるのです。

年収とか生き残りとかよりも、よく生きるために、という点を少しでもいいたかったのかもしれません。

しかし、なかなか難しいことでもあり、日々迷いながら生きているような感じです。

これからも末永く、宜しくお願いいたします。
Posted by 石川和幸 at 2008年09月29日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106907408

この記事へのトラックバック

☆夢を実現するために☆
Excerpt: ・ ・ まずはポチッと運気上昇!←ツキたい人はまず押しちゃう!☆ ・ ・ ◆今日
Weblog: 〜目指せオーナーへの道〜         【サラリーマン副業化宣言】
Tracked: 2008-09-28 09:23

思考のボトルネックを解除しよう! 石川和幸著
Excerpt: 自分が思う「限界」の原因を知る ...
Weblog: 読書による経験価値
Tracked: 2008-12-16 01:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。