2008年10月09日

【えっ、新刊じゃないの!?】無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、勝間和代さんの『無理なく続けられる年収10倍アップ
時間投資法』
をご紹介します。

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
勝間 和代

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-10-12
売り上げランキング : 657
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

勝間さんに関しては、不要かと思いますが。。。
一応、Wikipediaからコピペしておきました。

慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス修士。
中等部からの慶應生。大学1年生春から会計士試験の勉強を始め、
大学2年生の19歳で公認会計士試験2次試験に合格。
旧試験制度では当時の最年少記録。

学生時代は太田昭和監査法人(現在の新日本監査法人)(5ヶ月)に
勤めるが、出産を機に退職。
その後に就職したアーサー・アンダーセン(3年9ヶ月)から、
ケミカル銀行(現在のJPモルガン・チェース)(3年)、
マッキンゼー(5年9ヶ月)、再びJPモルガン・チェース(4年3ヶ月)
を経て、投資顧問業及び経営コンサルタントとして独立。
並行して早稲田大学商学研究科の博士課程に在学。

内閣府男女共同参画会議「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・
バランス)に関する専門調査会」の専門委員、総務省「ICT成長力
懇談会」メンバー。

2005年にウォール・ストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき
女性50人」に選ばれる。
2006年には、エイボン女性大賞を受賞している。

21歳で出産し、3女の母。2回の離婚を経験し、現在は独身。
朝日新聞別刷土曜版beで「勝間式『自分ナビ』宣言」をコラム連載
するほか、日経マネー、日経ビジネスアソシエ、日経新聞
「勝間和代のITマーケットウォッチ」などにも連載を持つ。

いや〜、それにしてもスゴイですなぁ。。(汗

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

年収10倍アップ時間投資法 基礎編

1 なぜ時間管理はうまくいかないのか

2 なぜ新しい行動は続かないのか

3 勝間式「黄金の時間の5原則」

4 黄金の時間を増やすための5つのステップ

年収10倍アップ時間投資法 実践編

5 実践ケーススタディー@
  時間効率10倍を目指して手帳を使いこなす

6 実践ケーススタディーA
  勝間式時間投資法〜ある夏の一週間のスケジュール

あとがき

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■勝間和代氏の時間術を盗め!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

いや〜、新刊が3冊も発売され、みなさんこぞってご紹介している
ときに、とても恐縮です・・・(汗

本書は、今更感がとっても強くて、正直取り上げることをず〜と
ためらっていた一冊なのです。

しかし、「時間術おたく」の委員長としては、本書を取り上げない
わけにはいかないとの決意のもと、あえてこのKYなタイミングで
ひるまずにご紹介することにしました。。。

本題に入る前に、「時間術おたく」の委員長がご紹介した、
過去の時間術くんたちをリストアップしておきましょう。

<これまでご紹介した時間術くんたち>
 中島孝志さん「朝4時起きの仕事術」
         「1週間はこう使え!」
 臼井由妃さん「1週間は金曜日から始めなさい」
 本田直之さん「レバレッジ時間術」
 田坂広志さん「なぜ、時間を生かせないのか」
 清水克彦さん「ひねり出す時間術」
 佐藤伝さん「いい明日がくる 夜の習慣」
        「幸運を呼びよせる 朝の習慣」
 小石雄一さん「上級の時間術」
 藤井孝一さん「週末起業を超える成功のやみつき法則」
 和田裕美さん「幸せをつかむ! 時間の使い方」
 松山真之助さん「早朝起業」
 見田村元宣さん「朝9時までの「超」仕事術」
 行本明説さん「図解・仕事術 最強の時間力」
 大橋悦夫さん「LIVE HACKS!」
 午堂登紀雄さん「「突き抜ける!」時間思考術」

さて、本書に関してですが、今更本書の内容を逐一ご紹介しても
あまりお役に立たないと思いますので、自称「時間術おたく」の
委員長が本書の中でズバリ「ポイント」と思ったことを、委員長の
事例を交えながらお話したいと思います。


<時間術とは正しく「戦略」である>
もしかしたらそんなこと言われなくてもわかってるよとお叱りを受け
てしまうかもしれませんが、本書をペラペラとめくり直しながら
浮かんできたのが「戦略」という言葉です。

戦略とは、「何をやらないか」を決めることだとも言われます。

これは、私たちの人生、つまり時間の使い方にも当てはまること
だと思います。

本書の中で、勝間さんも「黄金の時間を増やすための5つのステップ」
の一つとして「やらないことを決める」とあります。

私たちには、24時間という決まった時間しかありません。
この限られたリソースを有効活用するために、「何をやり」
「何をやらないのか」これを決めることが大切です。

当たり前のことかもしれませんが、何か1日1時間かかることを
始めたいと思えば、1日1時間今までやっていたことを「やめる」
必要があるのです。

委員長は、経営企画マネジャー、コーチング、ブログ管理人、
メルマガ発行と4足のわらじを履いているのですが、私が「やめた」
ことは、「テレビ」を見ること。

今では、朝、天気予報と時計代わりにTVをつけるくらいしか
見ていません。
元々TV大好きっ子でしたから、自分でもびっくりするくらいです。

みなさん、「何かを始めたい!」と思ったら、それと同時に
「やめること」も決めましょう!
これが何か新しいことを始める「コツ」のひとつです。



このままでは、全く本書のご紹介にならないので(汗)、
最後に勝間さんの「黄金の時間を増やすための5つのステップ」を
ご紹介して終わりにしましょう。

@現状の課題を把握する

Aやらないことを決める

B人に任せられることを決める

C自分にしかできないことを効率化する

D新しい動き方を統合的に実践する


勝間さんは、新しい時間管理手法を取り入れても、中々長く続かない
原因は、ステップ@〜Bができないうちに、ステップC〜Dをやろう
とするからだと喝破されています。

何事もそうですか、何かを入れたいと思ったら、そのスペースを最初
につくることが必要なんですね。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■今まで時間術の本を読んだけど上手くいかなようとお嘆きの方

■何でもやりたがる方

■時間術おたくを目指す方(私です・・・)

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■やらないことを決める

■自分でやることと人に依頼することを決める

■定期的に自分の時間の使い方を振り返る

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107642239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。