2008年10月25日

【世界中が涙した感動の詩】最後だとわかっていたなら

みなさん、こんにちは。

今回は、ノーマ・コーネット・マレックさん(作)、佐川睦さん(訳)の
『最後だとわかっていたなら』をご紹介します。

最後だとわかっていたなら最後だとわかっていたなら
佐川睦

サンクチュアリ出版 2007-06-26
売り上げランキング : 1553
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、先日ご紹介しました井上裕之さんの
『自分で奇跡を起こす方法』
で紹介されていた一編の詩が綴られた本です。

今回ご紹介するのは、9.11同時テロの後、アメリカで朗読され、
世界中が涙した感動の詩です。

一部抜粋してご紹介しましょう。


明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかを

実際は、9.11同時テロとは無関係で、作者ノーマ・コーネット
・マレックさんが、10歳で亡くなったわが子を偲んで書いた詩です。

本書は同じく肉親(お姉さま)を病気で亡くされた佐川睦さんが
翻訳したものです。

佐川さんは、最後が来ることがわかって出来る限りのことをした
けれども、それでも

「あれもしてあげればよかった」

「これもできたはずだ」


と後悔されたそうです。

最後がわかっていても後悔されるわけですから、突然愛する人を
亡くすということは想像出来ないほどのショックなのではないかと
思います。

佐川さんは、このようにあとがきに書かれています。

愛する人を失った時、どんなに心を尽くしても自分の
足りなさをなげかずにはいられない。
それはもしかしたら、その人を忘れないでいたい
という心の表れなのかもしれない。
自分のためよりも、むしろその人の魂のために。

「誰が忘れても、わたしはあなたを忘れない。
あなたの命の輝きを、あなたの笑い声を、涙を、
ぬくもりを、みんなが忘れても、わたしだけは忘れない。
あなたの魂は、決して孤独ではない」

そんな思いで、その人の魂に必死につながろうとしている
のではないか。できなかったことを後悔したくないという
利己的な思いではなく、愛する人の幸せを心から祈る、
聖(きよ)い思いゆえではないのか。

答えは出ないが、わたしはそう気づいたことで
後悔のループを少し抜け出すことができた。

「人は二度死ぬ」

と言います。

一回は、肉体的な死。

もう一回は、自分のことを思い出してくれる人が、
誰もいなくなったとき。

これを

「人々の記憶の中に生きる」

と言うのでしょう。

佐川さんのおっしゃる通り、誰かに思い出してもらうということは、
魂にとって大切なことなのかもしれません。

そういった意味では、私たちは、ややもすると生きていながら、
死んでいる(人々の記憶から消えている)なんてことがあるのかも
しれません。。。


「人々の記憶に残る」ってどんな人なんでしょう?


「世の中のために、愛する人のために、今を一生懸命生きている人」


そんな人がキラキラと輝いて、人々の記憶に残るのかもしれませんね。


今回は、内容を考慮し装飾無しでシンプルにお届けしました。
posted by ? at 07:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん。。そのとおりです…
Posted by ひるち at 2008年10月25日 19:57
そのとおりです…
Posted by ひるち at 2008年10月25日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

徹底サーチ/自分で奇跡を起こす方法/「自分で奇跡を起こす方法」:最新情報
Excerpt: 「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「自分で奇跡を起こす方法」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「自分で奇跡を起こす方法」:最新情報 「自分で奇跡を起..
Weblog: 徹底サーチ
Tracked: 2008-10-27 11:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。