2008年11月09日

【どこを読んでも福島正伸さん!】リーダーになる人の たった1つの習慣

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、福島正伸さんの『リーダーになる人の たった1つの習慣』
ご紹介します。

今回福島正伸さんは、同時期に3冊の新刊を出版されています。
当ブログでは、先日の『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』
続いて2冊目のご紹介になります。
『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』紹介記事へ

リーダーになる人の たった1つの習慣リーダーになる人の たった1つの習慣
福島 正伸

中経出版 2008-10-29
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)
福島正伸

きこ書房 2008-10-31
売り上げランキング : 11
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「夢」が「現実」に変わる言葉「夢」が「現実」に変わる言葉
福島 正伸

三笠書房 2008-11-07
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

福島正伸さん情報サイトより抜粋

1958年東京都墨田区生まれ。
早稲田大学法学部卒業後、コンサルタント会社に就職するも同月退社。
その後、様々な事業に挑戦し、1988年株式会社就職予備校
(現・アントレプレナーセンター)設立、代表取締役に就任。
通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。
自立型人材の育成、組織活性化や新規事業立ち上げ、地域活性化支援
の専門家として、これまで20年以上に渡り、日本を代表するいくつも
の大手企業、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールや全国の
地方自治体などで、約5,000回、述べにして20万人以上に研修、
講演を行う。
受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。
「他人の成功を応援すること」を生きがいとしており、企業経営者、
ビジネス書のベストセラー作家など、多くの人から「メンター」と
慕われている。
主な著書に『メンタリング・マネジメント』『起業家精神』(ダイヤ
モンド社)、『感動と共感のプレゼンテーション』『起業学』(風人社)、
『小さな会社の社長のための問題解決マニュアル』(PHP研究所)
など。
6人の経営者を応援するために、毎朝ハガキを出すことをもう10年以上
続けている。
その言葉をメルマガ「夢を実現する今日の一言」にて配信中。
ペットはロシアンブルーのナナ。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

プロローグ

第1章 スタッフとの出会い

第2章 リーダーの戦略

第3章 人を育てる教え1

第4章 離れる部下の心

第5章 人を育てる教え2

第6章 アイデアの他に必要なもの

第7章 かたくなな理由

第8章 C店、どうなる?

第9章 殻を破る

第10章 仲間を救う

第11章 泣いた赤鬼

エピローグ

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■リーダーになるたった1つの習慣とは何か!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

タイトルにも書かせていただきましたが、本書は、どこを読んでも
「福島正伸さん」なのです。

彦麻呂さんなら、

「福島正伸さんの金太郎飴や!」

と叫ぶに違いありません(笑)。

福島正伸さんファンには堪らない一冊です。


本書を読んで、自分のチームが、今まで以上に愛おしく感じています。
そして、そこに集まる一人ひとりのメンバーに対する思いも、
より一層強いものになりました。

委員長も、「本書に登場する組織のようなチームを作りたい!」
というアツイ想いでいっぱいです。

現実的には、集まる人が増えれば増えるほど、それぞれ違った想いや
個性を持っていて、それを一つにまとめていくことは難しいのですが、
本書に書かれていることを、最後まであきらめずにやり抜き通せば
必ず実現できると信じています。

是非、一人でも多くのリーダーの方に読んでいただきたい一冊です。


そうは言っても内容がわからないと・・・という方のために、
本書の内容を福島さんのサイトから抜粋してご紹介します。

起業を考えていた武田、五十嵐、間宮の3人は、それぞれ赤字の
カラオケ店を1年間だけ任されることになる。一流大学を出た
高圧的な武田は、スタッフから辞表を突きつけられる。
アイデア豊富な五十嵐は、スタッフと仲良くなるが、
企画の限界という壁につきあたる。
人を大切にする間宮は、どんなに働きかけてもやる気を見せない
スタッフに気力を奪われていく......。

「人のつながり」は、どうやってできていくのか?
この本を読めば、それがわかります。
20万人の人生を変えたメンターが語る「部下が最大限に力を
発揮したくなる方法」実話をもとにした感動のストーリーです。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■会社の人間関係をよくしたいと思っている人
 (福島正伸さんがこのようにおっしゃっています)

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■溢れるまでメンバーに愛情を注ぎ続ける
 (こんなこと書くと「私への愛情はどうなのよ」という
  キビシイ突っ込みを覚悟せねんばなりません・・・汗)

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109265277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。