2008年11月16日

【野口嘉則さん待望の新刊!】心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、野口嘉則さんの『心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵』
をご紹介します。
心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)
野口 嘉則

サンマーク出版 2008-11-13
売り上げランキング : 15
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

成功法則、自己実現の法則、幸せの法則を長年にわたって研究してきた
「人生の法則の専門家」。
高校時代は対人恐怖症に悩むが、大学入学後、心理学や成功法則さら
に東洋哲学の研究と実践によって対人恐怖症を克服。
その後、リクルートへの入社を経て、メンタルマネジメントの講師と
して独立。のべ3万人以上に講演する。
2003年には、コーチングのプロとしての活動を始め、「その人の中に
ある自己実現力を引き出すコーチング」が評判になり、EQコーチング
の第一人者となる。
現在まで、著書のすべてがベストセラーとなっており、中でも
『鏡の法則』は100万部を超えてミリオンセラーとなっている。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに 心眼力で運が開ける

第一章 人間性を高める

第二章 幸せ実現力を磨く

第三章 柔らかく自由に生きる

第四章 すべてと調和する

第五章 燃える志をかかげて前進する

あとがき

野口嘉則がすすめる「人間性を高めるための本20」

付録CDの楽しみ方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■心眼力とは何か?

■心眼力を身につけると人生がどう変わるのか!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

待ちに待った野口嘉則さんの新刊です!!!

何がいいって、まず本書の「心眼力」というタイトルがいいですね。

では、その「心眼力」とは何か、本書から抜粋してご紹介しましょう。

人は肉眼に頼りすぎるために
真に見るべきものを見逃してしまう

心眼力とは

心の目で真実を見る力
困難の中にも幸運の芽を見出す力
最も大切なものに意識をフォーカスする力

そして、あなたの人生を根本的に変える力

本書は、本書を読み進めるにしたがって「心眼力」が高まるような
構成にしていると野口さんはおっしゃっています。

本書は、野口さんが、ご自身のお子さんや子孫に遺す「贈り物」とし
て書かれた、野口さんの想いが込められた渾身の一冊です。

そしてEQコーチングの第一人者としても活躍されている野口さん
らしく、随所に人生について深く考えさせてくれる「質問」が
配されています。

速読ではなく、自分自身の人生や生き様について、じっくり向かい
合いながら読んでいただきたい本です。

是非、ひとりでも多くの方に読んでいただいて、真に幸せな人生を
実現するためのヒントにしていただければと思います。


ここからは委員長の独り言。

前作『3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”』の時も
何か一種のシンクロニシティーのようなものを感じましたが、今回も
同様なものを感じましたのでご紹介しましょう。
「3つの真実」紹介記事

本書「心眼力」に書かれている内容が、最近委員長が別の本で読んだ
内容ばかりだったのです。

本書の内容が「普遍的」なものであり、繰り返し他の本でも述べられ
ていることも理由としてあるのでしょうが、何か鳥肌の立つような
想いもあります。

シンクロニシティー(1)
【根を張る】
野口さんは、広く深く根を張ることを意識して、人間性を、人格を
高めていきましょうとおっしゃっています。

これは、11/7にご紹介した西谷昇二さんの『何があっても、生きてろ
よ。』で委員長が感動した箇所としてブログでご紹介した内容と同じ
メッセージです。
西谷昇二さんのメッセージ↓
人は花の咲かせ方ばかりを知りたがる。
どうすれば年収一千万円を超えられるか、一生分の稼ぎを短期間
で得られるか、人より頭抜けてスキルアップし、年収が上がり
ステイタスも得られるいい転職ができるか。

だが、根を張っていない幹が風ですぐになぎ倒されてしまうように、
花を咲かせるためだけの努力は、どこか薄っぺらくて頼りないもの
に思えるのは僕だけだろうか。

花を咲かせる前に、まず地中深くに根を張っているか。
大きく葉を広げるために、まず網の目のような根を、
広く張っているか。

根を張ることができるのは、ただ暗がりでだけだ。
月明かりも届かない暗い夜更け、誰も見向きもしない駐車場の
片隅で、ひっそりと根を張る草木のように、つらく苦しい時期を
しっかり生きぬくことができた人に、花は咲くと僕は思っている。

「何があっても、生きてろよ。」紹介記事

シンクロニシティー(2)
【ABC理論】
11/12に安藤俊介さんの『アンガー・マネジメント』をご紹介しました
が、その紹介記事で怒りのメカニズムをご紹介しました。
これは心理学では「ABC理論」というようです。
野口さんもこのABC理論を取り上げていらっしゃり、怒りや悩み
から開放される人生のヒントを提供してくれています。

元々『アンガー・マネジメント』は、著者の安藤さんにご献本いただ
いてご紹介したものだけに何か不思議な感じがします。
「アンガー・マネジメント」紹介記事

シンクロニシティー(3)
【無財の七施】
11/13に西田文郎さんの『10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気』
をご紹介しました。記事には書かなかったのですが、同書に仏教の
「無財の七施」というお話が掲載されていて、これはいい話だなぁと
思い記事に載せるかどうか迷ったということがありました。

「無財の七施」とは、財産があろうとなかろうと誰にでも実践できる
親切です。

その「無財の七施」が本書にも掲載されていました。
これは、ちゃんと委員長のブログでも紹介しなさいという神様からの
お告げだと思うのでご紹介することにしましょう。
(神様じゃなくて仏様ですね・・・笑)

@眼施(がんせ) 
慈しみに満ちた優しいまなざしで接すること

A和顔施(わがんせ)
なごやかな、微笑みのある顔で接すること

B愛語施(あいごせ)
思いやりのこもった優しい言葉をかけること。

C身施(しんせ)
身をもって奉仕すること。人のためにすすんで行動すること。

D心施(しんせ)
思いやりをもって、心を込めて接すること。
人の痛みや苦しみを自らのものとして感じ取ること。

E床座施(しょうざせ)
座席や立場・地位を他の人にゆずること。

F房舎施(ぼうしゃせ)
風や雨露をしのぐ場を提供すること。困っている人を助けること。

「10人の法則」紹介記事

シンクロニシティー(4)
【最後だとわかっていたなら】
10/25にご紹介しました、ノーマ・コーネット・マレックさん(作)、
佐川睦さん(訳)の『最後だとわかっていたなら』の詩が、本書にも
丸々掲載されていました。
「最後だとわかっていたなら」紹介記事


野口さんは、「無財の七施」の話のところで、私たちができることと
して、「幸せの智恵」を教えてあげることを上げています。

この「幸せの智恵」の具体例として、読んだ本の中から、あなた自身
の幸せに貢献した本をリストアップして、

「その本の情報を紹介する」
「貸してあげる」
「プレゼントする」

ということをあげていらっしゃいます。

これって「書評ブログ」じゃん!
委員長もやってるじゃん!

と益々鼻息が荒くなった委員長なのでした(笑)。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■目に見える現象に囚われてしまっている方

■真に幸せな人生を実現したい!と思っている方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■無財の七施

■ブログを通して世の中にほんのちょっぴり貢献する

■コーチングを通して、一人でも多くの方の幸せに貢献する

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。