2008年12月02日

【びんぼう神はなんで神様なの?】びんぼう神様さま

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、高草洋子さんの『びんぼう神様さま』をご紹介します。

びんぼう神様さまびんぼう神様さま
高草 洋子

地湧社 2000-08
売り上げランキング : 184115
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

富山県生まれの東京育ち。現在は兵庫県宝塚に住む二児の母。
主業は主婦、副業は夫の事業の手伝い。日本画を上野泰郎氏に、
水墨画を佐藤紫雲氏に師事する。見えない世界を絵や文章にする
ことが好き。今の夢は畑や自然の中で木や草花、虫、自然のすべてと
語り合えるような生活をすること。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■びんぼう神ってなんで神様って呼ばれるの?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

先日、喜多川泰さんの
『「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣』
をご紹介しました。

「福の神」をご紹介したので、「びんぼう神」もご紹介しておかない
と、すねて我が家に居座られたりしたら大変なので、今回ご紹介する
ことにしました(笑)。

この不景気で既に住み着いているという噂も・・・(汗

本書は、わずか60ページ足らずの本なのであっという間に読み終え
てしまいますが、内容はとても深いものがあります。

何が幸せで不幸なのか、じっくり考えるよい機会になると思います。

なんで「びんぼう神」が神様と呼ばれるのか、その答えに行き着いた
とき、何が幸せなのかについても、自分自身の答えが見つかるかも
しれません。

絵本の代わりに、親子で読むなんていうのも良いかもしれませんね。

是非たくさんの方に読んでいただきたい、委員長おススメの一冊です。

ネタばれしてはいけないので、ご紹介はほどほどにしておきますね。
Amazonからの抜粋。

松吉の家にびんぼう神が住みつき、家はみるみる貧しくなっていく。
ところが松吉は悲しむどころか、何と神棚を作ってびんぼう神を拝み
はじめた。「なんで嫌われもんのわしを?」 不思議がるびんぼう神は
やがて…。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■何が幸せか、じっくり考えたい方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■今あるものに感謝する

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110376501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。