2008年12月16日

【虎は死んで皮を残す。お前は何を残すんだ!】トヨタの上司

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、OJTソリューションズさん『トヨタの上司』をご紹介します。

トヨタの上司トヨタの上司
OJTソリューションズ

中経出版 2007-10-20
売り上げランキング : 118403
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

<OJTソリューションズさんHPより抜粋>
私たち株式会社オージェイティー・ソリューションズ は、2002年
4月、トヨタ自動車とリクルートグループにより設立されました。
さまざまな企業の生産現場に対して、ものづくり現場での40年以上の
経験をもつトヨタ出身のトレーナーが、企業の現場の方々とともに考
え、ともに行動しながら課題解決を通じて人材育成を図ります。
5年間で既に100社を超える製造業のお客様(一部製造業以外の業種)
において、「現地・現物」での指導により、そのプロセス・成果に高
いご評価をいただいております。

これからも私たちは『ものづくりは人づくり』という考えをもとに、
生産性向上のカイゼン活動を継続できる人材を育成し、‘強い現場づ
くり’の実現を目指し、お客様のサポートをしてまいります。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 あの上司からこんなことを教わった

第2章 トヨタのリーダー教育

第3章 リーダーを育てるトヨタのしかけ

第4章 トヨタの上司の「部下の育て方」

第5章 トヨタの上司の「考え方」

第6章 トヨタの上司の「あるべき姿」

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■世界のトヨタの上司とは!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

利益が1兆円を超える世界のトヨタ。

トヨタと言えば、最近光の部分ばかりでなくその影の部分も取り上げ
られているようですが、ここは純粋にトヨタの上司から「上司学」を
学ぼうという姿勢で取り上げています。

本書は、OJTソリューションズさんが、トヨタ勤続40年の元現場責任者
に取材してまとめられており、トヨタの現場の強さが伺い知れる内容
になっています。

トヨタと言えば、「トヨタ生産方式」。

そのトヨタ生産方式の生みの親と言えば、大野耐一さんと鈴村喜久男
さん。大野耐一さんが副社長を務め、鈴村喜久男さんが生産管理部長
として「トヨタ生産方式」を現場に根付かせるべく尽力していたころ
のお話です。

本書では、その当時のことをこのように振り返っています。

大野さんがトヨタ生産方式をつくられ、鈴村さんがそれを現場で実践するという感じでしたね。その方たちの厳しい仕事ぶりは、よく目にしました


大野さんがよく言われたことが、

「お前たちがいいと思うならやってみろ」

という言葉だったそうです。

大野さんは、決して解答を言わず、「こうせい」「ああせい」と指示
することもなかったそうです。

何でも自分たちで考えさせる。
考えに考えた末出てきた案であれば、
「お前たちがいいと思うならやってみろ」と任せる。
さらに、それが予想を超える素晴らしいものであればほめる。

大野耐一さんは、そんな上司だったようです。


一方、現場で指揮を取った鈴村喜久男さんは、ガミガミガミガミと
口うるさかったようです。

現場に新しい生産システム(思想)を導入するためには、これぐらい
口うるさく、ねちっこく行かないと難しいのかもしれません。

そんな鈴村喜久男さんはある時、


「虎は死んで皮を残す。お前は何を残すんだ!」


とゴミ箱のカンを蹴り上げなら怒鳴りつけたそうです。

これは「ぐさっ」と胸に突き刺さる言葉ですね。

「お前は何を残すんだ!」

委員長は、この言葉を読んだとき、しばらく固まってしまいました。


「自分は一体働きながら何を残しているんだろう?」


これは直ぐに答えが出ない問いかもしれませんね・・・


この他にも、色々と参考になる「トヨタの上司」に関するエピソード
や考え方が登場します。

自分自身のマネジメントスタイルをチェックする意味でも参考になる
一冊です。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■マネジャーの方

■特にメーカーの生産現場の管理職の方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■「トヨタの上司」の中でも色々な上司が登場します。
 マネジメントにこれが正解なんて形はないのでしょう。
 大切なのはマネジャーが「信念」を持つこと。
 
 自分の「信念」を持とう!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。