2009年01月21日

【あなたは今と同じ人生をもう一度生きたいと思いますか?】人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、田坂広志さんの
『人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの』
をご紹介します。

人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの
田坂 広志

PHP研究所 2005-06-23
売り上げランキング : 14044
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は、委員長のメンター(人生の師匠)、


田坂広志さん


の登場です。


今回のテーマは、


「成功」



「あなたは成功したいですか?」


と聞かれて、


「いいえ、成功なんてしたくありません」


と答える方は少ないですよね。



誰もが


「成功したい」

「幸せになりたい」



と願っているに違いありません。



では、


「人生の成功」


とは何でしょうか?



「金持ちになる?」

「出世する?」

「起業する?」

「有名になる?」



答えは、人それぞれかもしれませんね。


田坂さんは、この問いは誰にとっても大切な問い。

だからこそ、どれほどの深さで問うかが大切だと言います。


そして、そのことを教えてくれる

「永劫回帰」

の物語を紹介してくれています。


我々が、この人生において、
様々な人々と巡り会い、様々な運命が与えられ、
その人生を精一杯に生きていく。
そして、いつか、その人生の終わりがやってくる。

その人生の最期のとき、
不思議な人物が、我々の側に現れる。
そして、その人物は、
我々に対して、こう問いかける。

「いま、一つの人生を終えようとしている、おまえ。
もし、おまえが、この人生とまったく同じ人生を、
もう一度生きよと問われたならば、
然り、と答えることができるか。

いや、さらに、
もし、おまえが、この人生とまったく同じ人生を、
何度も、何度も、永遠に生きよと問われたならば、
然り、と答えることができるか。

その永劫に回帰する人生を、
喜んで受け入れることができるか」

その不思議な人物は、
我々に対して、そう問いかける。




みなさんは、

「然り」

と答えられますか?


委員長は、「然り」と答えられます!

とカッコつけて答えたいところですが、

「まったく同じ人生」

というのは正直ビミョウですね。。。


田坂さんは、この不思議な人物の問いに「然り」と答えるためには、
「人生の成功とは何か」という問いを、正しい形容詞とともに
問わなければならないと言います。


あなたにとって、人生の成功とは何か。


この「あなたにとって」という言葉が、大切だと言います。


そして、この問いに対して、どう答えるかが、我々の人生の
「生き甲斐」を大きく分けてしまうと。


アメリカの初頭教育では、このことの大切さを次の言葉で教えている
そうです。


Define your own success.

(あなた自身の成功を定義しなさい)



そして、この言葉に続いて次の言葉も。


Find your own uniqueness.

(あなた自身の個性を発見しなさい)




「人生の成功」の意味を考えるということは、


「自分の個性」

「自分らしさ」



を見出すということが必要なのです。


あなたも本書を読んで、


あなたにとって、人生の成功とは何か。


を自らに深く問うてみませんか?


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかちょっと、ゲーテのメフィストの台詞みたいですね。
「然り」と答えたいところですが。。。
でも私たちにはまだ残されている時間があるので。
「然り」と答えられるように頑張りましょう。
としておきます。
それでは週末の研修会で。
Posted by もない at 2009年01月22日 13:20
もないさん、

コメントどうもです。

そうだよね、これからの人生、「然り」と言えるように、密度の濃い人生にしていきたいよね。

続きは、明日の研修会で。
Posted by 委員長 at 2009年01月22日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。