2009年01月26日

【ストレングス・ファインダーの生みの親が送る】心のなかの幸福のバケツ

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、トム・ラスさん(著)、ドナルド・O・クリフトンさん(著)、
『心のなかの幸福のバケツ』
をご紹介します。

心のなかの幸福のバケツ心のなかの幸福のバケツ
高遠 裕子

日本経済新聞社 2005-05-25
売り上げランキング : 46576
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本書の著者の一人、ドナルド・O・クリフトンさんは、あの

「ストレングス・ファインダー」

の生みの親で、「ポジティブ心理学の祖父」と呼ばれた方。

そして共著者トム・ラスさんは、お孫さんにあたります。

ストレングス・ファインダー関連記事へ


タイトルにある通り、本書のキーワードの一つは”バケツ”です。


これは、ドナルド・O・クリフトンさんが提唱してきた


「バケツとひしゃくの理論」


から来ているものです。


ここで、その理論をご紹介しましょう。

人は誰でも心にバケツをもっている。他人に何かを言われたり、されたりするたびに、このバケツの水は増えたり減ったりする。バケツの水がいっぱいのときは、気分がいい。バケツが空になったとき、気分は最悪だ。

バケツのほかに、ひしゃくももっている。ひしゃくを使って誰かのバケツに水を注げば、相手が明るくなるようなことを言ったりすれば、自分のバケツにも水がたまる。逆に、ひしゃくで相手のバケツの水をくみ出せば、相手を傷つけるようなことを言ったりしたりすれば、自分のバケツの水も減る。

なみなみと注がれたカップとおなじように、心のバケツに水がいっぱい入っているとき、人は前向きで意欲にあふれている。バケツに水が一滴、注がれるたびに、人は強くなり楽観的になる。逆にバケツが空のときは、後ろ向きで元気がなく、意欲も低下している。バケツの水をくみ出されるたびに、人は傷つく。

人はみな、日々あらゆる場面で選択を迫られている。自分とかかわる人の心のバケツに水を注ぐのか、それとも水をくみ出すのか。これは重要な選択だ。まわりの人との関係や生産性、健康、そして幸福に大きな影響を与える選択なのだ。

ここでポイントなのは、自分のバケツの水が、誰かから注がれたり、
くみ出されたりするだけでなく、自分が他人に行った行為によっても、
増えたり減ったりすることだと思います。

例え誰からも水が注がれることがなくても、自分が第三者に注ぎ続けて
いれば、自分のバケツもいっぱいになるってことです。

これって素敵なことですよね。

まさしく

”情けは人のためならず”

でしょうか。


では、バケツに水を注ぐためには何をすればいいのでしょうか?

本書では、次の5カ条が挙げられています。


1.バケツの水をくみ出すのをやめる

2.人のよいところに注目する

3.親友をつくる

4.思いがけない贈り物をする

5.相手の身になる



これを具体的な行動で言うと、


相手を「ほめる」こと


相手を「認める」こと


です。


私の知人のアメリカ人は何かあると、先ず、

「○○さん、すごくよかった、すごくいい。ほんとすごくよかったよ。」

という承認から入ります。

そして、

「あそこのところをこうすれば、もっとよかったね。」

と言います。

そして最後にもう一度、

「すごくよかったよ、○○さん。」

という承認で締めくくります。


ここまで承認してくれると、言われた方は嬉しいですし、アドバイスも
素直に聞くことができます。

そして、ここでもう一つポイントなのが、最初と最後に名前が
入っていること。

これは、究極の承認ですよね。

名前を呼ぶって、簡単そうでなかなか出来なかったりします。


本書によると、先の例のようにほめ上手な国アメリカでさえも、
過去一年間で仕事で一度もほめられたことがない人が、65%
もいたそうです。


私たち日本人は概して、ほめるのも、ほめられるのも得意では
ありませんね。

日本で調査したらどんな数字が出てくるんでしょうか。。。(汗


最後にみなさんに耳よりな情報をひとつ。

本書には、あの

「ストレングス・ファインダー」

IDナンバーがついているんです!

そうです、このIDナンバーがあれば、「ストレングス・ファインダー」
がwebサイトで出来ちゃうんです!

これはお得です!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112915089

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。