2009年03月03日

【伝えるために必要なものは・・・】伝達力 話すプロの「伝わる技術」

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長ってどんな顔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


委員長コーチングブログ
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、青木仁志さんの
『伝達力 話すプロの「伝わる技術」』
をご紹介します。

伝達力 話すプロの「伝わる技術」伝達力 話すプロの「伝わる技術」
青木 仁志

アチーブメント出版 2005-03-19
売り上げランキング : 47207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



みなさんは、人に何かを伝えるために必要なものは
なんだと思いますか?


著者の青木さんは、


相手の立場に立って問題を解決し、相手の願望を叶え、
喜ばせてあげようという、相手中心の見方・考え方が、
コミュニケーションの前提だ


とおっしゃいます。


もっと端的に言えば、


「話力」とは「人間力」


であると言えます。


自分の伝えたいこと、話したいことを上手く伝えることが、
「話力」ではないのですね。


相手の人が知りたいことを、理解できるように伝えることが
「話力」なのです。


そのためには、先ず相手の人がどんな人か理解することが必要ですね。


相手の人を知ろうとする、相手の人に興味を持つことが、
コミュニケーションのスタートなのかもしれません。


ここでとっておきの情報をシェアしましょう。


人前でしゃべるとあがってしまう!


という方にとっておきの対処法を教えちゃいます!



それは、


「相手のためを思って話す」


ということ。


青木さんは、

自分自身の中で、うまく話したい、良く思われたい、
そういった思いが強いと、緊張してあがってしまう


といいます。


いわゆる、


”自意識過剰”


があがりの原因だと。


思いやりを持ち、相手のためにという気持ちが100%になれば、
あがるということは、おのずと克服できる


のだそうです。


今度、人前で話をするとき、自分の評価のことなど一切忘れて、
聞き手のことを100%考えて話してみるといいですね。


これで上手く行きました!

という方はご一報ください!



新しくコーチングブログを立ち上げました!
ジャンルにとらわれず、日々思ったことを綴っていきます。
↓例えばこんな記事を書いています↓
コーチングはドラえもん!?


よかったら遊びに来てくださいねわーい(嬉しい顔)


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115051577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。