2009年07月28日

【ワクイキ通信】遠きをはかる

組織活性化コーチ小林嘉男は日本最大のコーチ紹介サイト
コーチングバンク登録コーチです


組織活性化メール講座(無料)配信中!
お申込みは、組織活性化コーチ小林嘉男公式サイトへ

banner_001.jpg


8月9日(日)薮内妙子×銀座もとじ
プロから学ぶ“おもてなし”のエッセンスセミナー

bana-omotenashi.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、こんにちは。

組織活性化コーチ小林です。


今回は昨日に引き続き小林のメルマガ

”ワクイキ通信”

のご案内です。


引き続きメルマガで読みたい!

という方は、こちらからご登録ください。

ワクイキ通信登録へ


それでは、【ワクイキ通信】第2号を掲載します。

---------------------------------------------------------------

今回も前回同様、伊那食品工業株式会社 
代表取締役会長 塚越寛さんの経営から
組織を活性化する上で大切なことを
学びたいと思います。


塚越寛さんは、

「会社は永続することに価値がある」

と言います。


独立・起業の場合、

1年以内に4割が廃業、
10年後も生き残っているのは全体の2割


とも言われています。


このように厳しい経営環境の中で
会社を永続させるために必要なことは
何なのでしょうか?


塚越さんは、
会社を永続させるために必要なことは、


「遠きをはかる」


ことだと言います。


そして、二宮尊徳の次の言葉を
経営戦略の柱としてきたのです。


遠くをはかる者は富み

近くをはかる者は貧す

それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う。

まして春まきて秋実る物においてをや。

故に富有なり。

近くをはかる者は

春植えて秋実る物をも尚遠しとして植えず

唯眼前の利に迷うてまかずして取り

植えずして刈り取る事のみ眼につく。 

故に貧窮す。



これは、経営者のみならず、
いち個人としても大切な考え
ではないでしょうか。


目の前の仕事や給料に気を取られ、
自分自身の能力や人間力を磨くことを怠っていると
いずれ貧するときが来るやもしれません。


あなたは今、将来のために
どんな種を蒔いていますか?



---------------------------------------------------------------


引き続き読みたい!という方は、こちらからご登録ください。

ワクイキ通信登録へ




個人を対象としたパーソナル・コーチング承ります!
↓無料お試しコーチングのお申込みはこちらから↓
bana-keizoku-orijinal-1.jpg

マネジメント&コーチング道場始めました!
↓無料お試しコーチングのお申込みはこちらから↓
bana-doujou.jpg


+++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。