2009年09月10日

【ワクイキ通信】なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか

組織活性化メール講座(無料)配信中!
お申込みは、組織活性化コーチ小林嘉男公式サイトへ

組織活性化コーチ小林嘉男は日本最大のコーチ紹介サイト
コーチングバンク登録コーチです


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、こんにちは。

組織活性化コーチ小林です。


今回も小林のメルマガ

”ワクイキ通信”

からの掲載です。


”ワクイキ通信”を引き続きメルマガで読みたい!
という方は、こちらからご登録ください。

ワクイキ通信登録へ


------------------------------------------------------------


前回、”覚悟”について取り上げました。


今回からは、小林が人生のメンターとして尊敬する田坂広志さんの著書


「なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか」


をベースに、経営者、マネジメントの”覚悟”について
取り上げていきたいと思います。


なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」

PHP研究所 2007-07-19
売り上げランキング : 105882
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




同書は、



「なぜ、あなたは、自ら「重荷」を背負うのか」



という”問い”から始まります。




最近の若者は、”出世したくない”という声が多いと聞きます。


どうやら、”出世すると大変だから”というのが理由だそうです。


ここで言う”大変”とは、恐らく業績に対する責任という意味だと思いますが、
田坂さんの言う「重荷」とは、そういう意味ではないようです。




では、ここで言う「重荷」とは、何か。




田坂さんは、



部下や社員の人生。



その「重荷」だと言います。




経営者やマネジャーとは、部下や社員の人生を、預かる立場であると



でも、経営者やマネジャーが、部下や社員と一生涯を
共にするわけではありません。




だからこそ、




「人生を預かる」



とは




「成長に責任をもつ」




ことだと田坂さんは言います。






経営者やマネジャーは、



「部下の職業人としての成長」


「人間としての成長」




を支える責任を持っていると。





こんな話をすると、益々、



”出世なんかしたくない”



という若い方が増えてしまうかもしれませんね。






でも、この「重荷」を背負うことで見えてくるものがあるんです。


それは、その「重荷」を背負うだけの価値があるもの。


いいえ、

その「重荷」を背負うからこそ得れるものと言った方がいいかもしれません。




それは、次回以降、お話して行きたいと思います。





みなさんが今、背負っている「重荷」とは何ですか?




------------------------------------------------------------

”ワクイキ通信”を引き続きメルマガで読みたい!
という方は、こちらからご登録ください。

ワクイキ通信登録へ



+++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127687924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。