2009年09月16日

【ワクイキ通信】謙虚になれない真の理由

組織活性化メール講座(無料)配信中!
お申込みは、組織活性化コーチ小林嘉男公式サイトへ

組織活性化コーチ小林嘉男は日本最大のコーチ紹介サイト
コーチングバンク登録コーチです


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、こんにちは。

組織活性化コーチ小林です。


今回も小林のメルマガ

”ワクイキ通信”

からの掲載です。


”ワクイキ通信”を引き続きメルマガで読みたい!
という方は、こちらからご登録ください。

ワクイキ通信登録へ


------------------------------------------------------------


「謙虚」



マネジャーに限らず、一人の人間として
とても大切な姿勢であることは言うまでもありません。




しかし、言葉にして言うことは簡単ですが、
「謙虚」であることは難しいことでもあります。




私たちは、「謙虚」でない人とは、
自信過剰な傲慢な人であると思いがちですが、
田坂広志さんは、臨床心理学者・河合隼雄氏の言葉を借りて
次のように述べています。



「人間、自分に本当の自信がなければ、謙虚になれないのですよ」

「そして、人間、本当の強さを身につけていないと、感謝ができないのですよ」




田坂さんはこれを、



「心の世界の逆説」



と呼びます。




世の中の常識では、


自分に自信があるから、傲慢になる。
自分が強いと思うから、感謝しない。


と思われているが、実は、まったくの逆であると。


本当の自信がないから、謙虚になれない。
本当の強さがないから、感謝ができない。



そして、それは、人をほめることでも同じであると。


自分に優越感があるから、人をほめられないのではない。
自分に劣等感があるから、人をほめられない。



だから、マネジャーは、自分の心の奥底の世界に、
気がついていなければならないと言います。



では、もし、マネジャーが、無意識に、劣等感を抱いていたならば、
何が起こるか。





部下を殺します。


部下の心を殺します。





と田坂さんは警鐘を鳴らします。





恐ろしい話です。


恐ろしい話ですが、これは容易に起こり得ること。




実際、自分がマネジャーになったばかりのころ、
部下の指導と称して、部下の仕事のあらを探しては
得意げに指摘していたような気がします。


そうすることで、自分の奥底に潜んでいた劣等感を
ごまかしていたのかもしれません。


今でも、昔のマネジメントを思い出すと胸が痛くなります。





では、私たちマネジャーはどうすればいいのか?





続きは次回に。





みなさんが、

「自分は謙虚じゃないな」

と感じるときはどんなときですか?



------------------------------------------------------------

”ワクイキ通信”を引き続きメルマガで読みたい!
という方は、こちらからご登録ください。

ワクイキ通信登録へ



+++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。