2009年06月25日

【心に沁みました!】真のリーダーに導く7通の手紙

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長は日本最大のコーチ紹介サイト
コーチングバンク登録コーチです



+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、松山淳さんの

『真のリーダーに導く7通の手紙』

をご紹介します。


真のリーダーに導く7通の手紙真のリーダーに導く7通の手紙
松山 淳

青春出版社 2009-06-25
売り上げランキング : 68379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



松山淳さんは、委員長の大好きな著者様の一人です。

今日ご紹介するのは、その松山さんの新刊です。


ちょーやばいです。


今朝、早朝のオフィスで本書を読んでいると、
知らぬ間に涙があふれ出てきました。

まだオフィスには誰も出社していなく、事なきをえましたが、
あと5分部下の出社が早ければ、うるうるしているところを
目撃されるところでした(汗)。


松山さんの著書の特徴は、どれも


”人間愛”


にあふれているところ。


きっと松山さんの”やさしさ”がにじみ出ているのだと思います。


それは過去にご紹介した松山さんの他の著書の記事を
読んでいただければより感じていただけると思います。

過去の紹介記事へ

「名もなき人の生きるかたち」

「上司という仕事のつとめ方」



更に嬉しいお知らせです!


Amazonキャンペーンが、

6/29(月)〜7/1(水)

の3日間開催されます。

キャンペーンへ


特典のひとつがなんと、

既に絶版となってしまった名書

「名もなき人の生きるかたち」

を抽選で10名様にプレゼント。


世の中に1100部しか出回っていない貴重本です!
委員長は持ってますが!(自慢)


その他にも豪華特典がついてくるようです!


キャンペーンへ


最後にAmazonから本書の紹介文を抜粋して。

内容紹介
弱みを見せてもいい。矛盾しててもいい。完璧じゃなくていい――“悩めるリーダー”にこそ人はついてくる――突然の降格、言うことを聞かない部下…身動きできない状態からの「再生と希望」の物語。
企業のリストラが続き、働くミドル層の精神的負担は増すばかり。部下や後輩との関係に悩み、上司からは結果を求められる…本書はそんな不安をかかえたミドル層が自己改革するための一冊。会社で降格の憂き目にあった主人公が、今は亡き父に、手紙を書くことで、自分の生きる方向性に気づき、成長する物語を、解説を組み合わせて、わかりやすく展開します。

☆たくさんの感動の声より
・普段は意識していない自分の内面を考えるとてもいい機会になりました。(20代 会社役員 男性)
・部下の進退を預かる上司の立場から逃げだしたい思いでしたが、この物語を読んで、元気づけられました。(50代 会社役員 女性)
・いざ危機が来た時、逃げはしないだろうかと胸に刺さりました。リアルであり、教訓もさりげなくていいです。(50代 取締役 男性)


筆者の言葉
「仕事中にも関わらず涙を流しながら読み切ってしまいました……」。
そんなご感想をいただきました。他の読者の方々からも「泣けました」「涙がこぼれました」といった言葉を多数いただきました。
笑うことって大切です。ずっと笑っていられたら最高です。でも、人生って笑ってばかりいられないですよね。辛いことも、悲しいことも、たくさんあります。それが現実です。だからきっと人には、「泣く」という力があるのですね。辛い現実を乗り越えていくために、涙はある。実は、泣くことって、笑うことと同じくらい心を癒してくれるのです。
この物語のクライマックスで子どもが登場します。この子のセリフ、実は、私の実体験をもとにしています。どんな言葉なのか、楽しみにしてください。
さて、私はこの物語で何を言いたかったのでしょう。
「人は生きているのはなく、生かされている」
たぶんそんなことだと思います。
でも、物語をどうとらえるかは人それぞれですね。主人公の想いを追いかけながら、この物語が終わった時に、あなたらしい新たな想いがほんの少しでも生まれたのなら、筆者として、とても嬉しく思います。


+++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

【人の行動結果を分析するとっておきの方法を公開しちゃいます!】変革を定着させる行動原理のマネジメント

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、中島克也さんの

『変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか』

をご紹介します。


変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか
中島 克也

ダイヤモンド社 2008-10-18
売り上げランキング : 4512
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本書は、5回にわたってご紹介してきましたが、今回が最終回と
なります。


今日は、人の行動結果を分析するとっておきの方法をご紹介します!


これは読まないともったいないですよ。


先ずは、前回のおさらいから。


前回、人の行動原理を説明した


「ABCモデル」


をご紹介しました。



Aは、Antecedents(誘発要因)


Bは、Behavior(行動)


Cは、Consequences(行動結果)




人が行動を起こす前には、何かしら、その行動を促す事柄やきっかけが
あります。
これが「誘発要因」です。


次に、それをきっかけとして、何らかの「行動」が起こります。


その結果、行動者にポジティブな事柄やネガティブな事柄が起こり、
行動者は何かを感じることになります。
これを「行動結果」と呼びます。


人間の行動はすべて、このように

「誘発要因→行動→行動結果」

というサイクルに沿って起こるのだそうです。


例えば、「レストランの看板を見て、店に入り、食事をする。値段が
手頃でおいしかった」という一連の行動をABCモデルに当てはめると
次のようになります。


誘発要因  レストランの看板を見る

行動     店に入り、食事をする

行動結果  値段が手頃でおいしかった




このような体験をすると、みなさんどうでしょう。

次にこのレストランの看板を見たときに、
「また入ろう」ってなりますよね。

でも、「値段が高くてまずかった」という行動結果であれば、
そのレストランの看板を見てもまた入ろうとはしないはずです。


このように、


将来、再びその行動が起こるか否か、その可能性を高めたり、
減少させたりするのは、「行動結果」による



のです。



さて、振り返りはこのぐらいにして、今日の本題に入りましょう!


本日ご紹介するのは、人の行動結果を分析する


ピクニック分析



何だかとても楽しそうですね。



正確には、


PIC/NIC分析


と書きます。


本書の例に沿ってご説明しましょう。


STEP1:問題行動を特定する

ここでは「主任が若手社員の教育をしようとしない」という例で
考えてみます。


STEP2:その誘発要因を特定する

次にその問題行動を起こす原因や背景を列挙します。

「時間的余裕がない」
「周りも取り組んでいない」


STEP3:行動結果を導き出す

問題行動を取った後、その部下はどのような気持ちになったのか
列挙します。

「自分でやったほうが楽だし早かった」
「誰からも文句を言われなかった」
「評価が悪くなるかもしれない」


STEP4:行動結果を分析する

導き出した行動結果を、次の3つの視点から分析します。
これによって、問題行動の将来の頻度が予想できます。


@Positive/Negative
自分にとってプラス(ポジティブ)かマイナス(ネガティブ)か?


AImmediate/Future
自分に即座に起こるか、将来起こるか?


BCertain/Uncertain
自分に確実に起こるか、不確実か?



例えば「自分でやったほうが早かった」は、本人にとっては、

ポジティブ(P)で、即座に(I)、確実に(C)に起こるもの
なので、PICになります。

「評価が悪くなるかもしれない」は、
評価が悪くなるはネガティブ(N)ですが、即座(I)かどうかと
いうとそうではなく将来(F)で、確実に悪い評価になるかというと
そうとは限りません(U)。


このように、


「Pなのか? Nなのか?」

「Iなのか? Fなのか?」

「Cなのか? Uなのか?」



を組み合わせると、次のように8つの組み合わせがあり、
それぞれ将来の行動の頻度への影響の与え方が6つのレベルに
分けられます。


PIC:    行動を繰り返し行う
PFC・PIU:行動を適度に繰り返す
PFU:    ほとんど変化なし
NFU:    ほとんど変化なし
NFC・NIU:行動を適度にやめる
NIC:    行動をやめる




問題行動を減らし、望ましい行動を増やしたいという場合は、

このPIC/NIC分析を使えばいいんですね。


例えば、今回の「主任に若手の指導をさせる」ということであれば、

若手をどのように指導しているかが人事考課に確実に反映されること
を明確にすればいいわけです。

ただ、人事考課への反映では将来なので、PFC/NFCになります。

そこで、毎月若手指導の状況を点数化するなどして即座に状況がわかる
ような工夫をすると、PIC/NICになり、若手の指導をするという
行為が加速されます。


このように、PIC/NIC分析を施策に上手く取り込めば、
ある程度スタッフの行動を望ましい方向へと変えていくことが
できます。


これは、組織だけでなく個人の行動にも当てはめることができます。

何かを続けたいときに、ご褒美をあげるなんていうのはPIC、
逆に、たぼこを吸ったら罰金を取るなんていうのはNICですね。



5回にわたってご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ご感想などあれば、ポジティブでもネガティブでも即座にコメント
いただければ嬉しいです。


なんてたって、

PIC/NICですから!(笑)



今日ご紹介したPIC/NIC分析に、なぜコーチングが機能するか
の解が含まれています。

コーチとのセッションにおいて、自分が取った行動、取らなかった行動
に対して、コーチから的確なフィードバックがあります。

例えそれがポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、
コーチから即座にフィードバックがあるわけです。

それにより、クライアントは目標に向けて自分の行動を軌道修正して
行くことができるのです。


コーチングにご興味がある!という方はこちらをどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

委員長のコーチングサイトへ



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

【ABCモデルって何!?】変革を定着させる行動原理のマネジメント

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、中島克也さんの

『変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか』

をご紹介します。


変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか
中島 克也

ダイヤモンド社 2008-10-18
売り上げランキング : 4512
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日で4回目になります。

前回は、組織変革が上手く行かない理由が2つあること。


@行動を継続して起こさせる「刺激の与え方」を知らないこと


A人にも組織にも「慣性」が働いているが、それを軽視していること




そして、この2つの問題を解決するには、


@人の行動原理を知って、正しい刺激を与える方法を知ること


A人・組織の「慣性」を知って、それを変える方法を知ること



が必要になることをお話しました。



今回は、いよいよ、「人の行動原理」について触れて行きたい
と思います!


そのヒントになるのが、


「ABCモデル」


です。


以前、野口嘉則さんの『心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵』
でもちょこっとご紹介したことがあります。


Aは、Antecedents(誘発要因)


Bは、Behavior(行動)


Cは、Consequences(行動結果)




人が行動を起こす前には、何かしら、その行動を促す事柄やきっかけが
あります。
これが「誘発要因」です。


次に、それをきっかけとして、何らかの「行動」が起こります。


その結果、行動者にポジティブな事柄やネガティブな事柄が起こり、
行動者は何かを感じることになります。
これを「行動結果」と呼びます。


人間の行動はすべて、このように

「誘発要因→行動→行動結果」

というサイクルに沿って起こるのだそうです。


例えば、「レストランの看板を見て、店に入り、食事をする。値段が
手頃でおいしかった」という一連の行動をABCモデルに当てはめると
次のようになります。


誘発要因  レストランの看板を見る

行動     店に入り、食事をする

行動結果  値段が手頃でおいしかった




このような体験をすると、みなさんどうでしょう。

次にこのレストランの看板を見たときに、
「また入ろう」ってなりますよね。

でも、「値段が高くてまずかった」という行動結果であれば、
そのレストランの看板を見てもまた入ろうとはしないはずです。


このように、


将来、再びその行動が起こるか否か、その可能性を高めたり、
減少させたりするのは、「行動結果」による



のです。



ここでもう一度おさらいしておきましょう。


将来の行動の頻度は、行動の前に存在する条件(誘発要因)ではなく
その行動の直後に何が起こったのかにより決定される



ここに、最近


”ほめる”


ということが注目されている理由があるんですね。


単に、部下をほめておだてたり、気持ちよくさせるためにほめる
のではなく、次の行動を促すためにほめるのです。


これは、子育てでも同じですね。


「宿題しなさい」

「〜しなさい」


と口うるさく言うよりも(誘発要因)、


「宿題をちゃんとやったり」望ましい行動をしたときに


タイミングを逃さずほめてあげることが大切なんですね。



さ〜て、次はいよいよ本書最大のクライマックスを迎えます。


次回は見逃すと後悔しますよ!

Don't miss it !




コーチングそのものがABCモデルをまわしていると言えます。
コーチングにご興味がある!という方はこちらをどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


委員長のコーチングサイトへ



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

【組織が直面する組織変革の7つの悩みとは!?】変革を定着させる行動原理のマネジメント

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、中島克也さんの

『変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか』

をご紹介します。


変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか
中島 克也

ダイヤモンド社 2008-10-18
売り上げランキング : 4512
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



はい、今日も引き続き、

『変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか』

に関連した記事をお送りしたいと思います。



多くの経営者、管理職の方々が、組織を変えるために悪戦苦闘している
ことと思います。



なぜ「組織変革」は上手くいかないのか!?


本書の著者中島さんは、組織が直面している悩みの代表的な事例として
次の7つの症状をあげています。


@新しいシステムが定着しない

A指示すると一時的に変化するが、長続きしない

Bいくつもの計画が打ち出されるものの頓挫する

Cいったんは盛り上がるが、すぐに元に戻る

D変革が社内に広がらない

E変革の芽がつまれる

F業績改善が持続しない



みなさんも、思い当たる節が2つや3つあるのではないでしょうか。



中島さんは、これらの症状の原因は2つに絞ることができると言います。


@行動を継続して起こさせる「刺激の与え方」を知らないこと


A人にも組織にも「慣性」が働いているが、それを軽視していること



ここで言う「慣性」とは、変化を嫌がり、従来の行動・思考パターンに
とどまろうとする性質のことです。

この「慣性」は、人・職場・会社の3つに備わっているそうです。



この2つの問題を解決には、


@人の行動原理を知って、正しい刺激を与える方法を知ること


A人・組織の「慣性」を知って、それを変える方法を知ること



が必要になります。


なんか段々それらしくなってきましたね。


次は、いよいよ人の「行動原理」について触れて行きたいと思います!



次回まで待てない!という方はこちらをどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


委員長のコーチングサイトへ



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

【理想的な組織ってどんな組織?】変革を定着させる行動原理のマネジメント

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、中島克也さんの

『変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか』

をご紹介します。


変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか
中島 克也

ダイヤモンド社 2008-10-18
売り上げランキング : 4512
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さて、先日はAmazonさんからの抜粋のみご紹介させていただき
ましたので、今回から内容に迫りたいと思います。


いきなり質問です!


あなたが経営者だとしたら、どんな組織が理想的だと思いますか?


ちょっと考えてみてください。



そりゃ、何でも経営者の言うことを聞いて、
ちゃんと働いてくれる組織だよ。



なんて意見があるかもしれませんね。


そうだよな、俺の部下なんかちっとも言うこと聞いてくれないもんな。。。


なんて納得しているあなた、本当にそれでいいですか?



委員長が経営者なら、その逆がいいですね。



社員が勝手に動く組織。



これはちょっと極端に言いすぎました。

誤解を生んでしまいますね。


委員長の理想とする組織は、


経営者があれこれ指示をしなくても、経営者の意をくんで
社員が自ら考えて動く組織です。



誤解を恐れずに言えば、経営者の仕事は、


”何もしないこと”


だと思っています。


本書ではそれを、


”自走する組織”


と呼んでいます。



では、どうすれば”自走する組織”が作れるのか!?


続きは次回のお楽しみ!



一番のおススメは、委員長にコーチングを依頼することかも。。(笑)

ご興味をお持ちの方はこちらまで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


委員長のコーチングサイトへ



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

【人と組織の慣性をいかに打破するか!】変革を定着させる行動原理のマネジメント

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、中島克也さんの

『変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか』

をご紹介します。


変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか
中島 克也

ダイヤモンド社 2008-10-18
売り上げランキング : 4512
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今回ご紹介するのは、以前ご紹介した委員長のマイコーチ、
国際コーチ連盟マスター認定コーチ・安海将広さんにご紹介
いただいた書籍です。

↓こちらは師匠(マイコーチ)の書籍です↓
アヅミ式朝礼ハンドブックアヅミ式朝礼ハンドブック
安海将広

ビズナレッジ株式会社 2009-03-18
売り上げランキング : 1811
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




本書の著者は、安海さんと同じく国際コーチ連盟マスター認定コーチ
であり、株式会社コーチAの常務取締役である中島克也さんです。

日本を代表するトップコーチにトップコーチの書籍をご紹介
いただいたわけです。。。(汗


本書は、経営者、管理職など組織マネジメントに関わる方に
是非読んでいただきたいトップコーチ一押しの良書です。


今日のところはAmazonさんからの抜粋をご紹介して
終わりにさせていただきますね。


次回から、委員長の感想や体験談などを交えながら、
本書の内容に触れて行きたいと思います。

どうぞお楽しみに!


研修やコーチングによってモチベーションが高まったり、新しい手法を学んだりしても、職場に戻ると元に戻ってしまうのはなぜなのか?
新しいツールや手法を導入しても、それが定着しないのはなぜなのか?

その理由は、変化を押しつぶしてしまう、人や組織の「慣性」にある。

たとえば、チームリーダーが変革を起こそうと行動を変えても、それより上位クラスのマネジャーが変わらなければ、その変革は定着しない。

個人レベルではなく、チーム、組織レベルでの変革を定着させ、自走する組織に変えるためには、組織の「慣性」をマネジメントしなければならない。

本書が提唱するのは、応用行動科学に基づく個人の行動変革を促す手法と、組織の慣性をマネジメントする手法を組み合わせた方法論。
これによって初めて組織・チームの変革は成功する。

著者の長年にわたるコンサルティング実績から導き出された、人の行動原理と組織の「慣性」を知り、変革を定着させるための手法を解説する。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

【挫折した真鍋がとった起死回生の秘策とは!?】私が会社を変えるんですか?

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、本間正人さん、中島崇昴さんの

『私が会社を変えるんですか? AIの発想で企業活力を引き出したリアルストーリー』

をご紹介します。

私が会社を変えるんですか? AIの発想で企業活力を引き出したリアルストーリー私が会社を変えるんですか? AIの発想で企業活力を引き出したリアルストーリー
本間正人
中島崇昴

日本能率協会マネジメントセンター 2007-12-21
売り上げランキング : 39626
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は、前回に続き、組織改革のお話をします。

前回の記事へ


主人公「真鍋」は、出向先で組織変革プロジェクトの責任者に
任命されますが、人事制度を変えても、コンサルタントを起用しても
プロジェクトは上手く進みません。

前に進まないどころか、プロジェクトメンバーに抜擢した
若手メンバーからもそっぽを向かれてしまいます。


真鍋は、”挫折”してしまうのです。


真鍋は、この状況から大きな学びを得ます。

そしてあることをすることによって、若手プロジェクトメンバー
からの信頼を回復し、頓挫しかけた組織改革プロジェクトを
成功へと導きます。



真鍋は何をしたのでしょうか?



みなさんなら何をしますか?



答えは、非常に”シンプル”です。




それは、



「黙ること」




「メンバーの話をじっくり聴くこと」



に徹したのです。


それから、若手メンバーとの距離は一気に縮まっていきます。


そして、若手メンバーと意見交換をした結果、ある決断をします。


社長が連れてきたコンサルタントを外して、自分たちで組織改革を
進めることを決断したのです。


そのときの真鍋の気づきを、本書から抜粋してご紹介しましょう。


生身の、血の通った、手づくりの、人肌のぬくもりがあって土臭くて、そして自分たちの腹に落ちるようなもの、それに社員たちは飢えているのではないか・・・・

我々は自分たちの手で、生身で暖かく、土臭いものをつくりたいのではないか・・・・

土臭く、地を這うようにしながら、腹に落ちるまで時間をかけて自分たちの手でつくり上げていくもの・・・・そうだ! これこそが「風土」というものじゃないのか!?

コンサルタントを外し、自分たちの手でプロジェクトを進めた真鍋は、
紆余曲折はあったもののプロジェクトを成功させ、会社は活気を
取り戻します。


真鍋が挫折から這い上がるきっかけとなったのは、


「メンバーの話を聴く」


という、非常に”シンプル”なことでした。


なぜ真鍋は、メンバーの話を聴くことでメンバーの信頼を得ることが
出来たのでしょうか?



「聴く」ということは、


「あなたを大切にしていますよ」


「みとめていますよ」



というメッセージなんです。



会社を変えるなんて大袈裟な話じゃなくていいんです。


もっと部下との関係をよくしたい。

妻との関係をよくしたい。



という方は、「聴く」ということを意識してみてはいかがでしょうか?


でも、実は「聴く」って、とても難しいんです。


意識することでよくなる部分もあると思いますが、本当に「聴ける」
ようになるためにはスキルを学ぶ必要があるかもしれません。


お金を払ってでも「聴く」スキルを身につけたい!という方、
ここは、プロコーチである委員長にお任せください!!!

ご興味のある方はこちらまでどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


委員長のコーチングサイトへ


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

【「見える化」と「コーチング」で”社員のやる気を継続させるしくみ”】アヅミ式朝礼ハンドブック

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、安海将広さんの

『アヅミ式朝礼ハンドブック』

をご紹介します。

アヅミ式朝礼ハンドブックアヅミ式朝礼ハンドブック
安海将広

ビズナレッジ株式会社 2009-03-18
売り上げランキング : 102456

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



安海将広さんは、国際コーチ連盟マスター認定コーチの資格を有する
日本を代表するトップコーチのお一人。

国際コーチ連盟マスター認定コーチの資格を持っている方は、
日本で数十人と言われています。

そして、そのほとんどがコーチ21やコーチAなどのコーチング専門
会社の関係者です。

個人で活動されているコーチで、国際コーチ連盟マスター認定コーチ
の資格をもっていらっしゃる方は、安海さんを含め数名しかいない
のではないでしょうか。


そして何を隠そう、安海さんは、委員長の


師匠(メンターコーチ)


でもあるのです。


”一流になるには一流から学べ!”


という考えから、日本を代表するトップコーチにコーチをお願い
しているのです。


その安海コーチが、この度、満を持して、

『アヅミ式朝礼ハンドブック』

を出版されました。


みなさんは、「朝礼」と聞くと何を思い浮かべますか?


「かったるい」


「時間のムダ」


「ウンザリ」


「メンドクサイ」



残念ながらどれもネガティブな反応ですね。。。


委員長も「朝礼」と聞くと、

小学生のころの校長先生の

長〜くてつまらない

お話を思いだしてしまいます。。。



そんなネガティブな朝礼を、

組織を活性化させる朝礼に変えてしまうのが、


”アヅミ式朝礼”


なのです。


しかも、朝礼に必要な時間は、


たったの ”5分”


たったの5分で組織が活性化できるなんて、

ウソのようなお話ですが、本当の話なのです。


先日、白潟敏朗さんの


・かんたん実行


・ばつぐん効果


・らくらく継続



のすごいしかけをご紹介しました。



実際に現場で使えるものって、

とっても ”シンプル” なんですね。


でも、そのシンプルさの中に、


”日本を代表するトップコーチのノウハウが凝縮”


されているのです。



ご興味をお持ちの方、こちらのwebサイトもどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アヅミ式朝礼公式サイト
「見える化」と「コーチング」で”社員のやる気を継続させるしくみ”
をつくります!



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

【「社員が勝手に成長する」、効果抜群の「しかけ」とは?】伸びるしかけ

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、白潟敏朗さんの『伸びるしかけ』をご紹介します。


伸びるしかけ伸びるしかけ
白潟 敏朗

中経出版 2009-03-18
売り上げランキング : 7435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本書は、中経出版編集部さまからご献本いただきました。

中経出版編集部さま、ありがとうございました!


わたくし委員長は、白潟敏朗さんのファンなんです。


それはなぜかと言うと(失礼かもしれませんが)、

白潟さんの著書から委員長と、


”同じ匂い”


がするからなんです。


特に、


ギャグのセンスが・・・



ということは、白潟さんのギャグもさむいということか・・・(汗



白潟さんのファンである理由は、それだけではありません。



白潟さんの提唱されている


・かんたん実行


・ばつぐん効果


・らくらく継続




の、シンプルしかけがとても実戦的でわかりやすく、


”すごい”


と思うからです。


私たちがイメージする


”コンサルタント然”


としたところが感じられないところが大好きなんですね。



さて、本書の内容に移りたいと思います。

本書は、シリーズで40万部も販売したシリーズの最新刊となります。


タイトルにもある通り、

社員が伸びるための「20のしかけ」が紹介されています。


半分ぐらいは、過去の書籍から再掲載されていますので、
いままでのシリーズの総集編的な意味合いもあるかもしれません。


とにかく、


”これなら直ぐに出来そう”


というかんたんなものばかり。


「○○さんは、どう思うの?」


とか


「○○さんの意見を聞かせてくれるかな?」


という、部下の考えや意見を引き出す、コーチング的なスキルも
紹介されています。


社員の育成に悩んでいる、経営者・管理職の方、
だまされたと思って、一度目を通してみてはいかがでしょうか。



ま、部下の育成に関してなら、委員長のコーチングを受けるという
最もおススメな方法もありますが。。。

言ってしまいました・・・(苦笑)



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

【心を育てる感動コミック】愛と感謝の美容室 バグジー 1・2

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、『愛と感謝の美容室 バグジー 1・2』をご紹介します。

愛と感謝の美容室 バグジー 1―『心を育てる』感動コミック VOL.1愛と感謝の美容室 バグジー 1―『心を育てる』感動コミック VOL.1
山上 幸二

インフィニティ 2007-03
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


愛と感謝の美容室 バグジー 2―『心を育てる』感動コミック VOL.2愛と感謝の美容室 バグジー 2―『心を育てる』感動コミック VOL.2
山上 幸二

インフィニティ 2007-10
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、株式会社インフィニティの木戸祐子さまから
ご献本いただきました。

木戸さま、ありがとうございました!

木戸さまは、委員長と同じく福島正伸さんの大ファンだとか。
本書も、働くことのすばらしさ、働く仲間の大切さが伝わってくる
まさしく”感動コミック”でした!



先日、委員長は、

”読書が大嫌い”

だったとカミングアウトしましたが、

なぜそのような話をしたかと言うと、今回ご紹介する
感動コミックをいただいたからなのです。

株式会社インフィニティさまが感動コミックをつくった理由が、

”若者の活字離れ”

と伺って、

そういえば、自分も昔は本を読めなかったなぁ

と自分自身の読書歴を振り返ってみたからなのです。


読書はしませんでしたが、マンガは大好きでした。

小学生のときに”少年ジャンプ”を読み始めたのを皮切りに

大学生のピーク時には、

少年ジャンプ、少年マガジン、少年サンデー、ヤングジャンプ、
ヤングマガジン、ビックコミックスピリッツなど

5〜6誌読んでいたと思います。


そんな昔の記憶が呼び覚まされ、カミングアウトしちゃった
というわけです。。。


今回頂戴したコミックを読んでの一番の感想は、


”とにかく読みやすい”


の一言。


”あっという間に読み終えて”

”ためになって”

”おもしろい”


三拍子揃ったコミックです。


とくに、

”あっという間に読める”

というのは、忙しい私たちにとって、とってもうれしいことです。


さて、肝心の内容の方ですね。

実は、本書の内容は、コミックで読む前にDOIT!というDVDで
見たことがあって、内容は知っていたのですが、
それでもあらためて感動することができました。

バグジーの経営は、社員満足第一主義。

社員が満足していなければ、お客様に満足していただけるわけがない
という考え方のもとで店舗経営をされています。


”ES(従業員満足)なくして、CS(顧客満足)なし”

という言葉がありますが、バグジーは、まさしくそんな美容室です。


興味をお持ちの方は、こちらamazonからの抜粋をどうぞ。

福岡県北九州市に、7つの美容室を展開する有限会社バグジーは、
社員の辞めないお店、お客様の再来店率・紹介率の高いお店として
美容業界だけでなく、他の業界からも注目を浴びている会社です。

久保華図八社長は、渡米経験のあるカリスマ美容師として、帰国後、
北九州で美容室をオープンしますが、ある時、新規出店を目前にして
幹部が立て続けに退職し、一時は倒産の危機に陥りました。

それをきっかけに、実力主義、成果主義を改めて、社員満足・お客様
満足の経営をめざすようになり、今では、高い社員満足と顧客満足、
そして年率2ケタの成長を実現されているのです。

久保社長は現在、年間300回に及ぶ大手企業を中心とした講演活動や
全国レベルでのインストラクター教育に取り組まれており、
先日、NHKの「ビジネス未来人」にも出演されました。



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

【課長にもプロとアマがある!?】はじめての課長の教科書

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、酒井穣さんの『はじめての課長の教科書』をご紹介します。

はじめての課長の教科書はじめての課長の教科書
酒井穣

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-02-13
売り上げランキング : 1451
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



1年ぶりに再読してみました。


”はじめての”と著書のタイトルにある通り、

”課長”

というある特定のポジションについて書かれたマネジメント本は、
はじめてかもしれません。


私が言うのもおこがましいのですが、本書は内容が体系的に整理されて
いて、著者の酒井さんは、欧州トップクラスのビジネススクールを
首席で卒業されただけあって、大変頭の良い方だなぁというのが、
本書を読んでの感想です。


本書には、課長が学んでおくべき

8つのスキル

9つの問題解決

3つのゲーム

8つのキャリア戦略


が書かれています。


本書を読んで、

”我が意を得たり”

という個所がありました。


それは、


”できる社員ではなく、できない社員にこそ時間をかけるべき”


という考え方です。


昔一緒に働いた上司に、


”上司の時間はできるヤツに使え!”

”できないヤツはとりかえろ!”



という考え方の人がいました。


まだマネジャーになりたてだった委員長は、

”確かにその方が効率的だし組織も強くなる”

と思ったものでした。


でも、今はそうは思いません。


酒井さんもおっしゃっていますが、

”できるヤツは放っておいてもできます”


なぜなら、

”できるヤツ”

だからです。


たまに、できる部下をつかまえて、


”ヤツは俺が育てた”


なんて自慢する上司がいますが、それは本人の勘違いですね。


たまたま部下が、”できるヤツ”だっただけです。


委員長が考える

”すごい上司”

とは、


部下の能力や個性にあわせて、個々人のやる気と能力を最大限に
引き出している上司



です。


本書によると、

毛利元就の三男、小早川 隆景(こばやかわ たかかげ)は、


損得ではなく、仁愛によって決断すれば

結果によらず後悔することなどない



という趣旨のことを言ったそうです。


たとえどんな結果になろうと、”仁愛”をもって部下と接する


わたしはひとりのマネジャーとしてそんな道を歩みたいと思いますし、

また、そんな志をもって日々悪戦苦闘している上司の方々を

コーチとしてサポートして行きたいと思っています。




+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

【「なんで?」そのひと言がやる気を殺ぐ!】できる上司は「なんで?」を言わない

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、白潟敏朗さんの
『できる上司は「なんで?」を言わない 面白いほど「人望」が集まるシンプルなしかけ』
をご紹介します。

できる上司は「なんで?」を言わない 面白いほど「人望」が集まるシンプルなしかけできる上司は「なんで?」を言わない 面白いほど「人望」が集まるシンプルなしかけ
白潟 敏朗

PHP研究所 2006-08-29
売り上げランキング : 142102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「なんで、言った通りに出来ないんだ!」

「なんで、いつもミスばかりするんだ!」

「なんで、こんなこともわからないんだ!」

「なんで?」

「なんで?」

「なんで?」



みなさん、読んでいてどんな気分になりましたか?

なんか、胸が苦しくなってきますよね。


こういうのを、


「詰問」


と言います。


言われている方は、たまったもんじゃありませんね。

そうだ、そうだとうなづいている、あなた。

あなたは大丈夫ですか?

知らず知らずのうちに使っていませんか?


「なんで?」


そこで他人ごとのように読んでいるお母さん、

お母さんは大丈夫ですか?


「なんで、あんたはいつもいつも同じことを言わせるの!」

「なんで、あんたは忘れ物ばかりするの!」



なんて、お子さんを叱っていませんか?


言いたくなるお母さんの気持ちもわかりますが、これだと、お子さんは
委縮してしまいますよね。

先日もお話しましたが、小さいころからこんな風に「詰問」ばかり
されて育っていると、自分に自信の持てない、

「どうせ自分なんか」

という

「リミティング・ビリーフ」

を持った大人になってしまうかもしれませんね。


それじゃ、こういうときに、どう対処すればいいのか!?


これが問題ですね。


みなさんなら、どうしますか?



委員長からの提案です。


こういうときは、「なんで?」と聞かずに、次の行動に目を向ける
質問をしてはいかがでしょうか。


部下がミスをしたのなら、

「おっ、なんだAさん、間違えちゃったのか。」

「もう修正は済んだのかな?」

「今回は間違えちゃったけど、どうすれば、次は間違えずに
対応できると思う?」

「おー、そうか。ダブルチェックか。」

「それなら上手く行きそうだね。」

「次は期待しているよ。」


なんて言ってあげるのはいかがでしょうか。


何を甘っちょろいことを言っているんだ。
こんなことじゃ他のものに示しがつかないじゃないか!
なんて思われる方もいらっしゃるかと思います。

でも、本当にそうでしょうか。
甘っちょろいでしょうか。

ミスを責められずに、次の行動を促してもらった部下は、
どう思うでしょうか。

なんだ上司はアマアマだな。
これなら楽チンだ、ラッキー。
と思うでしょうか。


恐らく、

「ようし次こそはちゃんとやって、上司の期待に応えるぞ!」

って思うんじゃないでしょうか。


みなさんは、どう思いますか?


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

【上司のあなたはいつも「自分が正しい」と思っていませんか?】超!部下マネジメント術

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、石田淳さんの
『超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン-』
をご紹介します。

本書は、委員長の大好きな著者様の一人、石田淳さんの新刊です。

今回は、なんと、石田淳さんが代表取締役社長を務める
ウィルPMインターナショナルの山本様からご献本いただきました!

山本様、ありがとうございました!

超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン-超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン-
石田 淳

インデックス・コミュニケーションズ 2009-01-22
売り上げランキング : 220
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「部下がなかなか仕事を覚えない」

「どうしても結果が出せない部下がいる」

「仕事についていけないと、すぐ辞めてしまう」



自分は一生懸命指導しているのに、思うように部下は育ってくれない
・・・・・。



これは、多くの上司が抱える悩みかもしれませんね。


そして、こんな風に考えてしまいます。


「こんなに教えているのに、なぜ部下たちは理解しないのか」

「仕事ができないのは、彼らに”しっかり学ぼう”という姿勢が
ないからだ」

「いや、そもそも私の部下には能力がないのかもしれない」



しかし、石田さんは、それは違っているとおっしゃいます。


そして、

部下ができない・育たないのは、教え手であるリーダー側に
責任がある



問題は「教え方がよくわかっていない」という一点につきると。


この問題を解決するためには、私たち上司が「教え方」を学ぶ必要が
あるんですね。


私自身、本書を読んで、

「ああ、自分は今まで部下の能力に頼ってやってきただけ
なんだなぁ」

「もっともっと工夫できる余地がたくさんあるなぁ」


ということを思い知らされました。


そして、本書から学んだ最も大切なことは、


「部下は常に正しい」


ということ。


「部下がミスばかりする」

「部下のやる気がない」



これは、

「あなたのマネジメントは上手く行ってませんよ」

という合図なんですね。


そして、私たち上司にとっては、自分の

「マネジメント力」

「人間力」

を向上させる絶好の機会でもあるわけです。



「ようし、本書を読んで自分のマネジメントを見直そう!」


と思われた上司の方、すばらしいです!!!

そんな向上心をお持ちの方に、もう一冊おススメの著書があります。

それは、同じく石田淳さんの著書である
『短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント』です。


本書は、当ブログで紹介しよう紹介しようと思いながら、あまりの
内容の充実ぶりに記事にすることをちゅうちょし続けてきた
委員長一押しの良書です。


短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント
石田 淳

ダイヤモンド社 2007-09-29
売り上げランキング : 1979
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

【松下幸之助翁に学ぶ】上司の哲学

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、江口克彦さんの『上司の哲学』をご紹介します。

[新装版]上司の哲学[新装版]上司の哲学
江口 克彦

PHP研究所 2004-10-09
売り上げランキング : 197991
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



みなさんは、上司にとって必要なものは何だと思いますか?


私には部下はいないという方も、自分が上司になったつもりで考えて
みてください。


「仕事ができること」
そうですね。
先ず仕事ができないと出世できないですから上司になれませんね。


「決断力」
上司は意思決定していくわけですから、これも必要ですね。


「指導力」
部下をできる社員に育てていくわけですから、これも重要ですね。


これらは全て必要なことですが、委員長が最も大切だと思っている
ものは、


「人間力」


です。


「えー、うちの上司に人間力なんてないよ、委員長!」

という声はおいておいて。。。(汗


現在のように経営環境が目まぐるしく変化する中で成果を出し続けて
いくためには、社員が自ら考え、自ら動く


「自律型組織」


である必要があります。


部下が伸び伸びと安心して思い切り力を発揮できる、
そんな「自律型組織」をつくるためには、


上司が部下の存在を「認め」


部下の可能性を「信じ」


仕事を「任せ」


部下の意見に「耳を傾け」


プロセスも含め部下の成果を「公正に評価」し、


適切なタイミングと方法で「フィードバック」


することが大切だと思います。


本書で江口克彦さんは、このように語っています。

松下幸之助は確固たる人間観を持っていた。人間は誰でも無限の可能性を持っている。そういうふうに、人間に対する絶対的な評価を持っていた。今は新入社員だけれど、やがてはこの人はとてつもなく大きな能力を発揮してくれる。そんな期待を全ての人に対して持っていたのである。松下が、役員たちに対しても新入社員に対しても全く変わらぬ態度で接していたのは、この考え方が根底にあったからであろう。

次のようなエピソードも。

その日の午後になって、松下電器の役員の人が松下のところへ来て、「今度こういうことをやろうと思うのですが、いかがでしょう」と一つのアイデアを出してきた。そしてそのアイデアは、午前中に松下が私に話したものとほとんど同じだったのだ。だから松下は、「それは私も考えていた。午前中に江口君に話していたところなんだ」と言うと思った。しかし、松下はそう言わなかったのだ。「君のアイデアはなかなかいいな。よし、すぐにそれをやろう」とこう言ったのである。(中略)
これが松下のやり方だった。自分の立場、自分の面子はどうでもよかった。部下のやる気を持たせ、イキイキと仕事をさせることが第一義だったのである。そしてその結果、会社は発展する。

いかがでしょうか?

如何に上司の人間力が組織の発展に必要なのか、おわかりいただける
事例ではないでしょうか。


本書の著者、江口克彦さんは、松下幸之助翁晩年の22年間、
つねにその側で仕事をし、日々の交流のなかで薫陶をうけて
こられたお方です。

そういう意味で、本書は、松下幸之助翁から学ぶ「上司の哲学」
言ってもよいでしょう。


あなたも、本書を読んで人間力のある上司を目指してみませんか!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

【やる気はどこからくるのか!?】図解 きほんからわかる「モチベーション」理論

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、池田光さんの
『図解 きほんからわかる「モチベーション」理論』
をご紹介します。

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business) (East Press Business)図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business) (East Press Business)
池田 光

イースト・プレス 2008-06-25
売り上げランキング : 17574
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

20代の初めから成功哲学を学び続け、成功への試行錯誤を積み重ねて
きた。サラリーマン時代は、社員教育担当、経営企画担当などを
歴任。34歳のときに白羽の矢があたり、企業内企業として「経営コン
サルタント会社」を設立し、責任者となる。38歳で独立。顧客創造研
究所を設立。独立後、いろんな方々とコラボレーションを行い、多く
のプロジェクト活動に取組む。ライフワークは「成功哲学」の研究。
成功哲学に関する著書等多数ある。現在、有限会社池田事務所代表・
株式会社プロセスコンサルティング代表取締役。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

Part1 モチベーションを仕事に活かす

Part2 【理論編】「やる気」のメカニズムを学ぼう

Part3 【事例編】モチベーションを使いこなせる腕を磨こう

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■モチベーションについて理解を深める

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

昨日から今日にかけて、Seesaaさんのサーバートラブルで当サイトに
アクセス出来ない状態が続きました。
楽しみにされていた方、ごめんなさい!m(。≧Д≦。)mスンマソン!!

今日のテーマは、


「モチベーション」


です!

簡単に言えば、

「やる気」

でしょうか。

これは、個人にとっても、マネジャーにとっても、何かを成し遂げ
ようとするとき、とても大切な要素になりますね。

如何に「やる気」を高めることができるかが、成果を大きく左右する
わけです。

委員長は野球小僧でしたが、サッカーも好きで良く観ます。

先日、最終戦で浦和レッズが「1−6」というサッカーではありえな
いようなスコアで大敗しました。

優勝、ACL出場の可能性が無くなった上に、監督解任などお家騒動
も重なり、選手のモチベーションはかなり底に近かったのではないで
しょうか・・・

一方、負ければJ2降格という状況の中、0−2の後半からわずか
十数分で4点を入れ4−2で奇跡の逆転勝ちとJ1残留を果たした
ジェフ千葉の選手たちのモチベーションは相当な高さだったと思われ
ます。

このように、プロの世界でさえ、モチベーションで結果が大きく違っ
てしまうのですね、恐るべしモチベーション・・・

みなさんは、どんなときに「モチベーション」が上がりますか?
そしてどんなときに下がってしまいますか?

委員長は、「頼りにされる」と俄然「やる気」が高まっちゃうタイプ
ですね。

「君しかいないだ!」

なんて言葉にめっぽう弱いのです(笑)。


一方、(誰でもそうかもしれませんが)頭ごなしに、

「これをやれ」

とか

「黙って言われた通りにやればいいんだ」

なんて言われると、一気にトーンダウンしちゃいます(汗


本書は、そんな「モチベーション」についての知識を体系的に理解
するのに優れた一冊です。

本書で取り上げられている理論をリストアップしておきましょう。

◎欲求5段階説

◎X理論・Y理論

◎2要因理論(動機づけ・衛生理論)

◎公平理論

◎目標設定理論

◎期待理論

◎学習性無力感

◎認知的評価理論

◎学習動機の2要因モデル

◎選択理論

◎フロー理論



自分自身のモチベーションコントロールに、そして組織の”やる気”を
高めるために参考になる一冊です!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■モチベーション理論について体系的に学びたい方

■組織の長

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■理論を如何に実際の現場に活かしていくか!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

【虎は死んで皮を残す。お前は何を残すんだ!】トヨタの上司

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、OJTソリューションズさん『トヨタの上司』をご紹介します。

トヨタの上司トヨタの上司
OJTソリューションズ

中経出版 2007-10-20
売り上げランキング : 118403
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

<OJTソリューションズさんHPより抜粋>
私たち株式会社オージェイティー・ソリューションズ は、2002年
4月、トヨタ自動車とリクルートグループにより設立されました。
さまざまな企業の生産現場に対して、ものづくり現場での40年以上の
経験をもつトヨタ出身のトレーナーが、企業の現場の方々とともに考
え、ともに行動しながら課題解決を通じて人材育成を図ります。
5年間で既に100社を超える製造業のお客様(一部製造業以外の業種)
において、「現地・現物」での指導により、そのプロセス・成果に高
いご評価をいただいております。

これからも私たちは『ものづくりは人づくり』という考えをもとに、
生産性向上のカイゼン活動を継続できる人材を育成し、‘強い現場づ
くり’の実現を目指し、お客様のサポートをしてまいります。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 あの上司からこんなことを教わった

第2章 トヨタのリーダー教育

第3章 リーダーを育てるトヨタのしかけ

第4章 トヨタの上司の「部下の育て方」

第5章 トヨタの上司の「考え方」

第6章 トヨタの上司の「あるべき姿」

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■世界のトヨタの上司とは!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

利益が1兆円を超える世界のトヨタ。

トヨタと言えば、最近光の部分ばかりでなくその影の部分も取り上げ
られているようですが、ここは純粋にトヨタの上司から「上司学」を
学ぼうという姿勢で取り上げています。

本書は、OJTソリューションズさんが、トヨタ勤続40年の元現場責任者
に取材してまとめられており、トヨタの現場の強さが伺い知れる内容
になっています。

トヨタと言えば、「トヨタ生産方式」。

そのトヨタ生産方式の生みの親と言えば、大野耐一さんと鈴村喜久男
さん。大野耐一さんが副社長を務め、鈴村喜久男さんが生産管理部長
として「トヨタ生産方式」を現場に根付かせるべく尽力していたころ
のお話です。

本書では、その当時のことをこのように振り返っています。

大野さんがトヨタ生産方式をつくられ、鈴村さんがそれを現場で実践するという感じでしたね。その方たちの厳しい仕事ぶりは、よく目にしました


大野さんがよく言われたことが、

「お前たちがいいと思うならやってみろ」

という言葉だったそうです。

大野さんは、決して解答を言わず、「こうせい」「ああせい」と指示
することもなかったそうです。

何でも自分たちで考えさせる。
考えに考えた末出てきた案であれば、
「お前たちがいいと思うならやってみろ」と任せる。
さらに、それが予想を超える素晴らしいものであればほめる。

大野耐一さんは、そんな上司だったようです。


一方、現場で指揮を取った鈴村喜久男さんは、ガミガミガミガミと
口うるさかったようです。

現場に新しい生産システム(思想)を導入するためには、これぐらい
口うるさく、ねちっこく行かないと難しいのかもしれません。

そんな鈴村喜久男さんはある時、


「虎は死んで皮を残す。お前は何を残すんだ!」


とゴミ箱のカンを蹴り上げなら怒鳴りつけたそうです。

これは「ぐさっ」と胸に突き刺さる言葉ですね。

「お前は何を残すんだ!」

委員長は、この言葉を読んだとき、しばらく固まってしまいました。


「自分は一体働きながら何を残しているんだろう?」


これは直ぐに答えが出ない問いかもしれませんね・・・


この他にも、色々と参考になる「トヨタの上司」に関するエピソード
や考え方が登場します。

自分自身のマネジメントスタイルをチェックする意味でも参考になる
一冊です。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■マネジャーの方

■特にメーカーの生産現場の管理職の方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■「トヨタの上司」の中でも色々な上司が登場します。
 マネジメントにこれが正解なんて形はないのでしょう。
 大切なのはマネジャーが「信念」を持つこと。
 
 自分の「信念」を持とう!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

【内なる声を聴いて歩くすべての人の前に、リーダーシップの旅は開けている】リーダーシップの旅 見えないものを見る

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、野田智義さん、 金井壽宏さんの

『リーダーシップの旅 見えないものを見る』

をご紹介します。

リーダーシップの旅  見えないものを見る (光文社新書)リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)
野田 智義

光文社 2007-02-16
売り上げランキング : 4924
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

<野田智義さん>
東京大学法学部卒。83年日本興業銀行入行。88年渡米。
マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院MBA
(経営学修士)。興銀退職後、ハーバード大学で経営学博士号取得。
ハーバード大学ビジネススクール研究員、ロンドン大学ビジネス
スクール助教授を経て、97年よりインシアード経営大学院助教授
(フランス、シンガポール)、スカンジナビア国際経営大学院
(デンマーク)兼任教授。
2001年7月、小林陽太郎・富士ゼロックス会長をはじめとする
企業トップ、大学教授、経営コンサルタント、同年代の仲間120人
余りの協力により、NPO法人としてISL(Institute of Strategic
Leadership)を設立し、代表理事に就任。

<金井壽宏さん>
1954年神戸市生まれ。京都大学教育学部卒業後、
神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。その後、
マサチューセッツ工科大学でPh.D.(経営学)を取得。
現在は神戸大学大学院経営学研究科教授。リーダーシップ、
モチベーション、キャリアなど、経営学の中でも人間に深く関わる
ものを主な研究分野としている。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

序章 「リーダーシップ」はなぜ心に響かないのか

第一章 リーダーシップの旅

第二章 なぜリーダーシップが必要なのか

第三章 旅の一歩を阻むもの

第四章 旅で磨かれる力

第五章 返礼の旅

エピローグ 野田智義

あとがき 金井壽宏

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■リーダーシップの旅とは如何なる旅なのか?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

キターーーーー!

これは大ヒットでございます!

この充実した内容で「780円」はありえません!

私が本格的にコーチングを習得していることは、今まで何度も述べて
きましたが、ここ半年ぐらい自分自身もプロコーチのコーチングを
受けています。

本書は、現在委員長のコーチをしてくださっているコーチのおススメ本
でございました。

コーチ、すばらしい本をご紹介してくださって、ありがとうござい
ました!

感動ストーリーで感動することはよくあるのですが、リーダーシップ
論でここまで「感動」するとは思いませんでした。

実は、本書、例の積読の魔法にかかってまして、1年以上も委員長の
本の山に埋もれておりました。

もっと早く読んでいれば・・・と思わせるほどの良書でございます。

ここまでプッシュするのも珍しいのですが、是非たくさんの方に
読んでいただきたい、委員長一押しの一冊でございます!!!


さて、内容の方はといいますと、わたくし委員長の力では簡単に
まとめられないほど充実したものでございますので、感想のみ記載
させていただきますね。

テーマは「リーダーシップ論」なのですが、こうすればリーダーシッ
プが発揮できるとか、これで部下がついてくるとか、そういう表面上
の薄っぺらいことは書かれていません。

リーダーシップをてっとり早く身につけたい、ノウハウを習得したい
という方は、間違っても本書を手に取らないように。

じゃ、本書に何が書いてあるかというと、

「如何に生きるか」という「人生論」

が書いてあります。

なぜなら、リーダーシップとは、私たち一人ひとりが自分の生き方、
生き様を問うことだからです。



最後にAmazonから抜粋してご紹介します。

社長になろうと思って社長になった人はいても、リーダーに
なろうと思ってリーダーになった人はいない。
リーダーは自らの行動の中で、結果としてリーダーになる。
はじめからフォロワーがいるわけではなく、「結果として
リーダーになる」プロセスにおいて、フォロワーが現れる。

リーダーシップは、本を読んで修得するものでも、
だれかから教わるものでもない。それは私たち一人一人が、
自分の生き方の中に発見するものだ。リーダーシップは
だれの前にも広がっている。何かを見たいという気持ちがあれば、
可能性は無限に膨らむ。自らが選択し行動することで、
人は結果としてリーダーと呼ばれるのだ。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■働く全ての人に

■特にこれからあらゆるところでリーダーシップを発揮して
 いただきたい委員長と同じアラフォーの方々に。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■自分自身と真剣に向かい会う

■先ずは「リード・ザ・セルフ」

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

【がんばれ上司!シリーズ第2弾】上司の一言コーチング

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、鈴木義幸さん(監修)、福島弘さん(著)
『上司の一言コーチング 』をご紹介します。

上司の一言コーチング (実務入門)上司の一言コーチング (実務入門)
鈴木 義幸

日本能率協会マネジメントセンター 2007-03
売り上げランキング : 247819
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

<鈴木義幸さん>
株式会社コーチ・エィ取締役社長。チーフエグゼクティブコーチ。
国際コーチ連盟マスター認定コーチ。慶應義塾大学文学部卒。
(株)マッキャンエリクソン博報堂にメディアプランナーとして勤務
後、渡米。ミドルテネシー州立大学大学院臨床心理学専攻修士課程を
修了後、テネシー州の公的機関でセラピストを務める。帰国後、コー
チ・トゥエンティワンの設立に参画。延べ300社以上の企業において管
理職を対象とするコーチング研修を行う。また200人を超える経営者、
管理職のマンツーマンコーチングを実施。企業におけるコーチング・
カルチャーの構築を手がける。

<福島弘さん>
新潟大学工学部情報工学科卒。株式会社野村総合研究所にてSE業務
ならびに、部門の人事業務に従事。幅広い階層・職種に向けた、研修
の企画・運営・ファシリテーション、CDPの策定・導入、等の業務を経
験。また、採用面接・人事面談を通じた1対1の対話経験も豊富。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

監修のことば

はじめに

第1部 部下のやる気を高める

 第1章 役割をしっかり自覚させる一言
    ・挑戦させる
    ・不満を明らかにさせる
    ・不満を提案に変えさせる
    ・主体者意識を持たせる
    ・MUSTをWANTに変えさせる
    ・内側から仕事を創らせる
    ・次への仕込みをさせる
    ・目標を常に意識させる
    ・目標にコミットさせる

 第2章 不満や迷いを解消させる一言
    ・気がかりを話させる
    ・ゴールを映像化させる
    ・重荷をおろさせる
    ・体勢を整えさせる
    ・自分の選択をさせる
    ・被害者意識を捨てさせる
    ・道筋をリアルにイメージさせる
    ・不安を挑戦に変えさせる

 第3章 目標への意欲を高める一言
    ・複数の役割を認識させる
    ・モデルを探させる
    ・捨てるものを決めさせる
    ・過去のリソースを活用させる
    ・外部リソースを活用させる
    ・達成時の気分をイメージさせる
    ・ヴィジョンを描かせる
    ・未来に向けた物語を創らせる
    ・未来の責任を引き寄せさせる
    ・組織との交点を見つけさせる
    ・周囲から期待に気づかせる
    ・リーダーシップを認識させる
    ・モデルを意識させる

第2部 部下の行動を支援する

 第4章 行動のペースを作り前進させる一言
    ・行動手順を正確にイメージさせる
    ・行動のスピードを加速させる
    ・計画どおりに行動させる
    ・上司と会話するしくみを作らせる
    ・部下の行動に初速をつける
    ・次への宿題を明確にさせる
    ・見守られている安心感を持たせる
    ・通過点を認識させる
    ・誰かへの応援で自分を鼓舞させる
    ・モチベーションのスイッチを意識させる
    
 第5章 くじけそうな時に背中を押す一言
    ・共感してくれる存在に気づかせる
    ・援軍がいる安心感を持たせる
    ・プラス思考で考えさせる
    ・強みを発揮させる
    ・気がかりから一旦心を開放させる
    ・自己重要感を感じさせる@
    ・自己重要感を感じさせるA
    ・リスクに気づかせる
    ・森全体を見させる
    ・ゴールを走り抜けさせる

第3部 部下の視野を広げる

 第6章 行動や結果から学ばせる一言
    ・結果に至った判断・行動を振り返らせる
    ・失敗から学びを抽出させる
    ・成果を自信に変えさせる
    ・成功体験から学びを抽出させる
    ・やり方をバージョンアップさせる
    ・次なる志を立てさせる
    ・悪い習慣を改めさせる
    ・よくない行動を改めさせる
    ・フィードバックを行動で修正させる
    ・改善を要望して行動を修正させる
    ・行動に至った思考を振り返らせる

 第7章 新たな視点を見つけさせる一言
    ・長所を応用させる
    ・考える視点を増やさせる
    ・思考の癖に気づかせる
    ・こだわりを明らかにさせる
    ・自分の価値を探らせる
    ・俯瞰的に思考させる@
    ・俯瞰的に思考させるA
    ・思考を整理整頓させる
    ・自分の物の見方に気づかせる
    ・見たくない部分を直視させる@
    ・見たくない部分を直視させるA

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■部下の指導・育成に役立つ一言とは!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

昨日は、松山淳さんの”上司の応援歌”とも言える
『「上司」という仕事のつとめ方』をご紹介しました。

今日は、コーチングのスキルを取り入れたかなり具体的で実戦的な
書籍のご紹介です。

本書は、委員長のあこがれの存在であるビジネスコーチの第一人者
鈴木義幸さんが監修を務めていらっしゃいます。

目次を見ていただければおわかりいただけると思うのですが、
上司が職場で遭遇する様々な状況に応じた上司の「一言」が紹介
されています。

それをそのまま「コピー」すれば上手く行くというものではありませ
んが、少なくともどのように対処すればいいのかの「ヒント」には
なりそうです。

Amazon紹介文を抜粋してご紹介しますので、ご参考にしてください。

上司の「ほんの一言」で、悩んでいた部下の心がスカッと晴れること
があります。今までくすぶっていた部下が、俄然仕事に前向きになる
こともあります。そんな上司の一言は、投げかけた側にとっては何気
ない言葉でも、部下にとっては「心に残る、一生取っておきたい言
葉」になることもあるでしょう。

反対に、何気ない一言が部下の心を傷つけ、一生恨まれるケースもあ
るかもしれません。

本書は、部下を持つ人がこのような「ほんの一言」を、失敗なく戦略
的、効果的に使うためのフレーズ集です。
職場で見られる様々なシーン、「部下をこうしたい」という様々な現
場ニーズに合わせて、日本コーチング界のパイオニアである執筆陣
が、コーチング理論の裏づけをもとに、わかりやすく、かつ実践的に
解説しています。

「部下のやる気を高める」「行動を支援する」「部下の視野を広げ
る」ためのありとあらゆるフレーズが、そのフレーズの「使用上の注
意点」「ちょっとした仕掛けのアイデア」とセットでたっぷり詰め込
まれています。

部下のために、そして自分のために、今すぐ「使いたくなる」
一冊です。

ここで一言申し上げておきたいのは、上司と部下の関係というのは、
本書をそのまま応用すればいいという問題ではないということ。

「本書の通りに部下に声をかけたけど、ちっとも上手くいかなかった
じゃないか!」


なんて声が上がっても不思議ではありません。

なぜなら上司と部下の間に信頼関係の土台があって初めて、上司の
投げかける一言ひとことが、部下の胸に響くのだと思うから。

先ず必要なのは、上司と部下の信頼関係を築くこと。

そういった意味で是非とも、昨日ご紹介した松山淳さんの
『「上司」という仕事のつとめ方』と合わせてお読みいただきたいと
思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■部下にどのような言葉を投げかけていいか悩んでいる方

■もっと部下の能力を引き出したい方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■上司の投げかける一言ひとことが部下を生かしもすれば殺しもする
 ということを肝に銘じて部下と接する。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

【完璧な上司になんてならなくていいんです!】上司という仕事のつとめ方

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、松山淳さんの『上司という仕事のつとめ方』
ご紹介します。

上司という仕事のつとめ方上司という仕事のつとめ方
松山 淳

実務教育出版 2008-09-12
売り上げランキング : 12385
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

1968年東京都生まれ
成城大学文芸学部卒業後、約9年間広告代理店に勤務。
退社後、アースシップ・コンサルティング設立。
2003年より発行を開始したメルマガ「リーダーへ贈る108通の手紙」が
好評を得る。ビジネスリーダーへ「元気」を贈る「リーダシップ」に
ついての講演、キャリアカウンセリング、執筆活動などと、幅広く
活躍中。
日本メンタルヘルス協会認定「基礎カウンセラー」の資格保有。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 完璧な上司を目指さなくていい

第2章 自分らしい「リーダーシップ」でいく

第3章 部下育成に「決まり」なんてない

第4章 「やる気」は上司と部下の間を循環する

第5章 職場にはいつも何らかの「問題」がある

第6章 直面する「困った」にどう対処するか

第7章 「上司」としての自分の哲学を持つ

おわりに

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■「上司」という仕事につとめ方ってあるの!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

日本全国の「上司」のみなさん、こんにちは。

本日は、みなさんに是非読んでいただきたい本をご紹介します。

本書のおススメポイントは、ずばり著者の松山淳さんが、私たち
「上司」の苦悩をそのまま受け止めてくれることです。

私たち「上司」を「承認」してくれるのです。


「上司」は孤独な存在だと言われます。

部下のことを思って言ったことや行動が部下に伝わらない。
感謝どころか反抗されたり、陰口を言われたり・・・
あるときは、上司と部下の間で板ばさみになり苦しむ。

そんな私たち「上司」の大変さを100%受け止めてくれた上で、
「上司」という仕事のつとめ方をやさしく豊富な事例を交えながら
教授してくれる、とてもあり難い一冊なのです。

著者・松山淳さんのコメントがAmazonに掲載されていたので抜粋して
ご紹介します。

ニッポンの「上司」の皆様!
日々のお仕事、本当にお疲れさまです。

部下がひとりだけだとしても、組織の中で「人の上に立つ」という
ことは、とてもたいへんなことです。特に、今という時代は、ITなど
様々な機器の発達よって人とのコミュニケーションが難しくなってい
ます。さらに、成果主義やコンプライアス(法令遵守)など、次から次
へと繰り出される施策によって、人への信頼感が損なわれてきました。

そんな状況の中で、「上司」として職場に立っているということは、
そのことだけでも実は、すごいことなのだと思います。
筆者は、カウンセラーとして「上司」の方々にお会いしたり、お電話
で話をしたり、メールを通じて相談を受けたりと、「上司」の苦しみ
悲しみの声に耳を傾けてきました。その経験を重ねれば重ねるほど、
とかく批判され、悪口を言われ、ロボットのような完璧な人間像を
求められてしまう「上司」の方々をなんとか応援し、励ますような
本ができないかと想いを募らせてきました。そして、実現しました。
上司を対象としたこれまでの本は(全てがそうではありませんが)、
「もっと優秀な上司になれ」とばかりにビジネスマンとしての完璧さ
を求めるようなものが多かったと思います。

でも、完璧な人なんていません。完璧な上司なんていません。完璧な
上司になんてならなくていいのです。
人は欠けているからこそ、人として魅力的になり、弱い部分があるか
らこそ、周囲の人から慕われる「人間味」を醸し出すことができるの
です。

もし、仕事でちょっと疲れていたら、本書を手にとってみて下さい。
「絶好調です!」「うまくいっています!」という方には、きっと不要
な本ですので、パスしてください。

誰だって仕事で忙しくなれば、本来の自分を見失い、大切なことを忘
れてしまうものです。それは仕方のないことです。それが人です。そ
れが上司です。だって、上司であれば、他人に気をつかうことばかり
だからです。ですから、あまり自分を責めないで下さい。
そして、今、ちょっとだけでも「自分のことをふりかえって、未来に
ついて考えてみようかな~」と、ふっと思った方は、ぜひ、本書を手に
してみて下さい。

一度しかない人生です。そのほとんどの時間を私たちは働くことに費
やします。ならば、笑顔の時間が多い方がいいに決まってきます。
そのためのヒントをご用意しました。ただ、申し訳ありませんが「答
え」は書いてありません。なぜなら「答え」は、自分で考えて、考え
て、考え抜いて手にしなければ、薄氷のように脆いものだからです。
本書を手にした上司の方々が、この本から何かヒントを得て、笑顔の
時がふえたなら筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

がんばれニッポンの「上司」たち!
あなたの未来が「ひかり輝く」ものであることを祈っています。

松山さんの「愛」のこもった、私たち「上司」に勇気と元気をくれる
コメントですよね。

このコメントにジ〜ンときちゃった方は、今すぐAmazonアタック
しちゃいましょう!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■一人でも部下のいる「上司」の方

■少し疲れちゃった「上司」の方

■「上司」としてどのように部下と接すればいいか迷っている方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■部下のことを考えていればいつかきっと想いは届く!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

【どこを読んでも福島正伸さん!】リーダーになる人の たった1つの習慣

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、福島正伸さんの『リーダーになる人の たった1つの習慣』
ご紹介します。

今回福島正伸さんは、同時期に3冊の新刊を出版されています。
当ブログでは、先日の『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』
続いて2冊目のご紹介になります。
『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』紹介記事へ

リーダーになる人の たった1つの習慣リーダーになる人の たった1つの習慣
福島 正伸

中経出版 2008-10-29
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)
福島正伸

きこ書房 2008-10-31
売り上げランキング : 11
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「夢」が「現実」に変わる言葉「夢」が「現実」に変わる言葉
福島 正伸

三笠書房 2008-11-07
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

福島正伸さん情報サイトより抜粋

1958年東京都墨田区生まれ。
早稲田大学法学部卒業後、コンサルタント会社に就職するも同月退社。
その後、様々な事業に挑戦し、1988年株式会社就職予備校
(現・アントレプレナーセンター)設立、代表取締役に就任。
通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。
自立型人材の育成、組織活性化や新規事業立ち上げ、地域活性化支援
の専門家として、これまで20年以上に渡り、日本を代表するいくつも
の大手企業、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールや全国の
地方自治体などで、約5,000回、述べにして20万人以上に研修、
講演を行う。
受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。
「他人の成功を応援すること」を生きがいとしており、企業経営者、
ビジネス書のベストセラー作家など、多くの人から「メンター」と
慕われている。
主な著書に『メンタリング・マネジメント』『起業家精神』(ダイヤ
モンド社)、『感動と共感のプレゼンテーション』『起業学』(風人社)、
『小さな会社の社長のための問題解決マニュアル』(PHP研究所)
など。
6人の経営者を応援するために、毎朝ハガキを出すことをもう10年以上
続けている。
その言葉をメルマガ「夢を実現する今日の一言」にて配信中。
ペットはロシアンブルーのナナ。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

プロローグ

第1章 スタッフとの出会い

第2章 リーダーの戦略

第3章 人を育てる教え1

第4章 離れる部下の心

第5章 人を育てる教え2

第6章 アイデアの他に必要なもの

第7章 かたくなな理由

第8章 C店、どうなる?

第9章 殻を破る

第10章 仲間を救う

第11章 泣いた赤鬼

エピローグ

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■リーダーになるたった1つの習慣とは何か!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

タイトルにも書かせていただきましたが、本書は、どこを読んでも
「福島正伸さん」なのです。

彦麻呂さんなら、

「福島正伸さんの金太郎飴や!」

と叫ぶに違いありません(笑)。

福島正伸さんファンには堪らない一冊です。


本書を読んで、自分のチームが、今まで以上に愛おしく感じています。
そして、そこに集まる一人ひとりのメンバーに対する思いも、
より一層強いものになりました。

委員長も、「本書に登場する組織のようなチームを作りたい!」
というアツイ想いでいっぱいです。

現実的には、集まる人が増えれば増えるほど、それぞれ違った想いや
個性を持っていて、それを一つにまとめていくことは難しいのですが、
本書に書かれていることを、最後まであきらめずにやり抜き通せば
必ず実現できると信じています。

是非、一人でも多くのリーダーの方に読んでいただきたい一冊です。


そうは言っても内容がわからないと・・・という方のために、
本書の内容を福島さんのサイトから抜粋してご紹介します。

起業を考えていた武田、五十嵐、間宮の3人は、それぞれ赤字の
カラオケ店を1年間だけ任されることになる。一流大学を出た
高圧的な武田は、スタッフから辞表を突きつけられる。
アイデア豊富な五十嵐は、スタッフと仲良くなるが、
企画の限界という壁につきあたる。
人を大切にする間宮は、どんなに働きかけてもやる気を見せない
スタッフに気力を奪われていく......。

「人のつながり」は、どうやってできていくのか?
この本を読めば、それがわかります。
20万人の人生を変えたメンターが語る「部下が最大限に力を
発揮したくなる方法」実話をもとにした感動のストーリーです。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■会社の人間関係をよくしたいと思っている人
 (福島正伸さんがこのようにおっしゃっています)

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■溢れるまでメンバーに愛情を注ぎ続ける
 (こんなこと書くと「私への愛情はどうなのよ」という
  キビシイ突っ込みを覚悟せねんばなりません・・・汗)

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。