2010年03月18日

もう、いい加減にしてください!

仕事力プロデューサー小林嘉男は日本最大のコーチ紹介サイト
コーチングバンク登録コーチです



みなさん、こんにちは。

小林です。


仕事が終わったら家に帰って子供と一緒にご飯を食べたいのに、
毎晩のように上司や同僚から飲みに誘われる・・・



みなさんなら、どうしますか?


あの・・

あの・・

きょ、今日は、家族と・・・



と恐る恐る誘いを断ろうとしますか?


それとも、


毎晩、毎晩、飲み会、飲み会って、
よくそんな時間がありますね。

仕事が出来る方は違いますよね。

僕なんかとても、とても・・・



と嫌味のひとつでも返すでしょうか?


それとも、

いい加減にしてください!
毎晩、毎晩、飲み会、飲み会って、
僕には家庭があるんです!



とぶちぎれるでしょうか?


大体、はじめのパターンは、

おい、何言ってんだ。
早く行くぞ!

なんて無理やり飲みに連れて行かれますね。


2番目、3番目は、次から飲みに誘われないでしょう。

そのかわり、確実に嫌われます(^^;



思いをぶつけると、相手との関係にヒビが入りそう・・

とは言え、黙っていては伝わらず、ストレスがたまる・・


自分の気持ちや要求を素直に伝えて
もっと人間関係が上手くいく方法はあるのでしょうか?



はい、あります!

自分の気持ちや要求を素直に伝えて
もっと人間関係が上手くいく方法があるんです!


4月24日(土)川崎にて開催する

---------------------------------------------------------

人間関係が劇的によくなる!コミュニケーション5つの方法

---------------------------------------------------------

では、ロールプレイなどの実習を交えながら
その方法を楽しく学びます。



詳しくは、こちらをご参照ください
⇒ http://03auto.biz/clk/archives/lvxmhe.html

----------------------------------------------------------
こんなあなたに絶対おすすめ!
----------------------------------------------------------

★ 言いたいことが言えずオドオドしてしまう
★ 言いたいことを言おうとするとつい嫌味っぽくなってしまう
★ ついイライラして攻撃的になってしまう
★ 言いたいことははっきり言うがどうも煙たがれているようだ
★ つい勝ち負けにこだわって言い争いになってしまう
★ もしかしたら周りの人に嫌われているかもしれない
★ いつもやりたくない仕事を一方的に押し付けられてしまう
★ いつも上司に一方的に怒られる
★ 部下の顔色ばかりうかがってしまう
★ 部下を叱ることができない
★ 間違うのが怖くて発言することができない
★ 顔を合わせるのが面倒なのでいつもメールで済ませてしまう
★ 人の話を聞くのが苦手だ
★ 家に帰ると嫁(夫)と口喧嘩ばかり
★ 私のコミュニケーションは完ぺきだ!


どれかひとつでも当てはまったら、ぜひアクセスしてご覧ください。
⇒ http://03auto.biz/clk/archives/lvxmhe.html

3月31日までにお申し込みいただきますと

早期割引価格3,000円

で受講していただくことができます。

定員20名様となっておりますので
お早めにお申込みください。


↓詳細・お申込みはこちらから↓
20100424kokuchi350.jpg

posted by ? at 08:08| Comment(12) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

人生が劇的によくなる!コミュニケーション5つの方法

仕事力プロデューサー小林嘉男は日本最大のコーチ紹介サイト
コーチングバンク登録コーチです



みなさん、こんにちは。

小林です。

ご無沙汰しております。

小林は元気に生きております(^^;


みなさんは、

-----------------------------

職場の悩み

-----------------------------

と聞いて、何を思い浮かべますか?


厚生労働省の「平成19年 労働者健康状況調査結果の概況」
によると、職場のストレスの要因は、


1位 職場の人間関係の問題

2位 仕事の質の問題

3位 仕事の量の問題


が上位を占めているそうです。


1位となった「職場の人間関係の問題」は、

-----------------------------

コミュニケーションの問題

-----------------------------

と言ってもいいでしょう。



この「コミュニケーションの問題」は、
何も職場だけにおける問題ではありませんね。


人が生きて行く上で、

「最も身近な問題」であり、

「最も難しい問題」でもあると思います。


みなさんも幾度となく、
コミュニケーションで悩まれたことが
あるのではないでしょうか。


しかし、あまりにも身近であるが故に
「コミュニケーション」について

真剣に向き合って何かをしたことがある
という方は少ないのではないでしょうか。


かく言う小林も、

コミュニケーションと真剣に向き合ったのは、
上司としてコミュニケーションの壁にぶち当たった
30歳半ばのことでした。


自分では

「部下想いの熱血上司」

と思っていた私は、


「厳しすぎる」

「こわくて意見が言えない」

「半導体や機械みたいだ」

「もっと自分達の気持ちも考えてほしい」


という部下からの360度評価のフィードバックで
木端微塵に打ち砕かれました。


その評価を見た瞬間、頭に血がのぼり、
その場にいられず、トイレに駆け込んで、
悔し涙を流しました。


「いったい俺のどこがいけないんだ・・・」

「俺はどうすればいいんだ・・・」


ショックを受けた私は、
マネジメントやコミュニケーションに関する本を
時間が許す限り読み漁りました。


そこで出会ったのが、「コーチング」だったのです。


私はコーチングに出会い、自分自身のコミュニケーションと
真剣に向き合い、そして変わりました。


私には、コーチになったらやりたいと思っていたことがあります。



それは、

--------------------------------------------

コミュニケーションで悩んでいる方の力になること

--------------------------------------------



今回、その想いを実現すべく
4月24日(土)に川崎にて

--------------------------------------------

人間関係が劇的によくなる!
コミュニケーション5つの方法


--------------------------------------------

というセミナーを開催します。


ロールプレイングなどの実習を行いながら
すぐに使えるコミュニケーション・スキルを
楽しく学ぶセミナーです。


当セミナーでは、私のマネジメントやコーチングにおける
実体験も交え、参加者の方々と一緒にコミュニケーションの
在り方について考える学びの場をつくって行きたいと思います。


詳しくは、こちらをご参照ください
⇒ http://03auto.biz/clk/archives/lvxmhe.html


----------------------------------------------------------
こんなあなたに絶対おすすめ!
----------------------------------------------------------

★ 言いたいことが言えずオドオドしてしまう
★ 言いたいことを言おうとするとつい嫌味っぽくなってしまう
★ ついイライラして攻撃的になってしまう
★ 言いたいことははっきり言うがどうも煙たがれているようだ
★ つい勝ち負けにこだわって言い争いになってしまう
★ もしかしたら周りの人に嫌われているかもしれない
★ いつもやりたくない仕事を一方的に押し付けられてしまう
★ いつも上司に一方的に怒られる
★ 部下の顔色ばかりうかがってしまう
★ 部下を叱ることができない
★ 間違うのが怖くて発言することができない
★ 顔を合わせるのが面倒なのでいつもメールで済ませてしまう
★ 人の話を聞くのが苦手だ
★ 家に帰ると嫁(夫)と口喧嘩ばかり
★ 私のコミュニケーションは完ぺきだ!


どれかひとつでも当てはまったら、ぜひアクセスしてご覧ください。
⇒ http://03auto.biz/clk/archives/lvxmhe.html

3月31日までにお申し込みいただきますと

早期割引価格3,000円

で受講していただくことができます。

定員20名様となっておりますので
お早めにお申込みください。


↓詳細・お申込みはこちらから↓
20100424kokuchi350.jpg

posted by ? at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

【Amazonキャンペーン、まだ間に合います!】夢をかなえる話し方 人生を変える5つの習慣

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長の素顔を公開して後悔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


新しいブログを立ち上げました!
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、菊原智明さんの

『夢をかなえる話し方 人生を変える5つの習慣』

をご紹介します。

夢をかなえる話し方 人生を変える5つの習慣夢をかなえる話し方 人生を変える5つの習慣
菊原 智明

エンターブレイン 2009-04-22
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本書の著者、菊原智明さんとは、昨年末のパーティーで名刺交換
させていただきました。

菊原さん、
その節は大変お世話になりました!



菊原さんは、大学卒業後トヨタホームに入社されました。

現在営業コンサルタントとしてご活躍され、多数の著書を出版されて
いらっしゃるので、さぞかしスーパー営業マンだったのだろうと思って
しまうのですが、なんと7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代
過ごされたそうです!

営業マンなのに、「口ベタ」、「あがり症」だったからだそうです。

しかし、「対人恐怖」にまで陥るも、2002年に

“自分からは話さない”“お客様に望まれる”営業スタイルを確立。

突如、商談客の90%以上から契約を得て、4年連続トップの営業マンに。
約600名の営業マンの中においてMVPを獲得されたそうです。


本書は、そんな菊原さんの実体験をふんだんに織り込んだ

とっても読みやすい作品に仕上がっています。


とにかく、理論ではなく、たくさんの事例が紹介されているのが
嬉しいポイントです。


委員長も、

「そうだよなあ」

とか

「そんな言い方したら嫌われるよなあ」

なんてぶつぶつ言いながら、あっという間に読み切ってしまいました。

自分自身のコミュニケーションを見直したい!という方は、

きっと改善のヒントが見つかると思います。



そして、本書は、Amazonキャンペーンがすごいのです!


なんと総額14,800円


Amazonキャンペーンはこちらから


キャンペーンは、明日24日までです!


最後に、Amazonから本書の紹介文を抜粋してお届けします。


2時間で読めて、人生が変わる!
人に10倍好かれ、年間5億円の差がつく!
職場・婚活・就活・人間関係にスグ効く≪話し方≫の秘訣!!

◎『社長 島耕作』著者 弘兼憲史氏大絶賛!!
とにかく一度読んでほしい! あなたの人生が変わる一冊!
話が苦手で、あがり症に苦しんだ著者だからこそ、この話し方に辿り
着けたのだと思う。
悩んでいる人に手をさしのべたいという著者の想いも、
とても伝わってくる。

この本を読むことであなたには、行動への大きな力が沸いてくるだろう。
この本は必ずや、あなたの人生を変える一冊になる!
――『社長 島耕作』著者 弘兼憲史

■「口ベタ」、「あがり症」だからこそいい!
「口ベタ」、「あがり症」に悩み、「対人恐怖症」にまで陥り、
7年にも渡るクビ寸前のダメ営業マン時代を経て、
“自らは話さない”、“お客様に望まれる”営業スタイルを確立。
突如、4年連続トップ営業マンにまで上り詰めた後に独立し、
夢をかなえた著者が教える≪話し方≫の秘訣!!

■5つの習慣、66のルールであなたの人生が変わる!
◎人は相手の「話し方」、「話す言葉」でその人のことを判断している
◎話し方の違いで、未来が180度変わってしまう
◎上手な「話し方」は、学ぶことによって誰にでも修得可能
◎話す言葉の違いが、自分自身の人生に最も影響を与えている
◎口ベタ、あがり症な人にこそお勧めの方法
◎本書の66のルールを実行することで、5つの習慣を自動的に身につけ
ることができ、人に好かれ、評価が上がり、夢がかなう!



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

【伝えるために必要なものは・・・】伝達力 話すプロの「伝わる技術」

ワクワク推進委員長は、プロコーチとして活動しています
↓ご興味のある方は、以下リンクへどうぞ↓

委員長ってどんな顔!?
コーチングバンク委員長紹介ページへ


委員長コーチングブログ
「早起きコーチのわくわくコーチング ワクイキ!」へ


+++++++++++++++++++++++++++++++

みなさん、わくわく いきいき してますか?

今回は、青木仁志さんの
『伝達力 話すプロの「伝わる技術」』
をご紹介します。

伝達力 話すプロの「伝わる技術」伝達力 話すプロの「伝わる技術」
青木 仁志

アチーブメント出版 2005-03-19
売り上げランキング : 47207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



みなさんは、人に何かを伝えるために必要なものは
なんだと思いますか?


著者の青木さんは、


相手の立場に立って問題を解決し、相手の願望を叶え、
喜ばせてあげようという、相手中心の見方・考え方が、
コミュニケーションの前提だ


とおっしゃいます。


もっと端的に言えば、


「話力」とは「人間力」


であると言えます。


自分の伝えたいこと、話したいことを上手く伝えることが、
「話力」ではないのですね。


相手の人が知りたいことを、理解できるように伝えることが
「話力」なのです。


そのためには、先ず相手の人がどんな人か理解することが必要ですね。


相手の人を知ろうとする、相手の人に興味を持つことが、
コミュニケーションのスタートなのかもしれません。


ここでとっておきの情報をシェアしましょう。


人前でしゃべるとあがってしまう!


という方にとっておきの対処法を教えちゃいます!



それは、


「相手のためを思って話す」


ということ。


青木さんは、

自分自身の中で、うまく話したい、良く思われたい、
そういった思いが強いと、緊張してあがってしまう


といいます。


いわゆる、


”自意識過剰”


があがりの原因だと。


思いやりを持ち、相手のためにという気持ちが100%になれば、
あがるということは、おのずと克服できる


のだそうです。


今度、人前で話をするとき、自分の評価のことなど一切忘れて、
聞き手のことを100%考えて話してみるといいですね。


これで上手く行きました!

という方はご一報ください!



新しくコーチングブログを立ち上げました!
ジャンルにとらわれず、日々思ったことを綴っていきます。
↓例えばこんな記事を書いています↓
コーチングはドラえもん!?


よかったら遊びに来てくださいねわーい(嬉しい顔)


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

【オレの、オレの話を聴け〜♪】「聴く」の本

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、藤田潮さんの『「聴く」の本』をご紹介します。

「聴く」の本「聴く」の本
藤田 潮

幻冬舎ルネッサンス 2007-04-17
売り上げランキング : 20111
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



みなさんは、どれくらい人の話を聴けていると思いますか?


「えっ、どれくらい聴けているか?」

「それならいつもちゃんと聴いてますよ」

とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。


では、誰かが話しているときに、

「そうじゃないんだけどなぁ」

とか、

「え〜と、次は何を言おうかな」

なんて考えながら聴いていませんか?


ひどい場合など、

「如何に相手を言い負かせるか」

なんて考えながら聴いていることもあるかもしれません。


これらは、全部数年前の委員長の姿です。。。(汗


人の話を聴いているふりをしながら、頭の中で違うことばかり考えて
いました。

もしかしたら、「私もそうかも」という方もいらっしゃるかも
しれませんね。


でも、どうやらこれが普通のようです。

「私もそうかも」と思った方ご安心ください(笑)。


著者の藤田さんは、

「人は人の話が聴けない。所詮聴けない動物だ」

と言います。


特に、夫婦、親、兄弟など存在が近ければ近いほど、聴くことが
難しくなります。

プロコーチの藤田さんでさえ、ご家族の話をしっかりと聴くことは
難しいと言います。


私なんか毎日のように、

「ねぇ、人の話聴いてるの!?」

って奥さんに怒られっぱなしです・・・(大汗


「人の話を聴くことは難しい」


だからこそ、

「人の話を聴く」

ということに意味があるんですね。


ここしばらく、

「みとめる」

ということの大切をテーマにしてきました。


「人の話を聴く」ということは、その人を「みとめる」ということでも
あるんですよね。


「聴く」ということは、自分の大事な時間とエネルギーを、人のためにあげること。そこには、相手を大事にする思いと尊敬がある。だから「聴く」ということは、あなたを大事に思ってますよ、という強力なメッセージでもある。

と、著者の藤田さんはおっしゃいます。


みなさんも、簡単そうで難しい、


「聴く」


について勉強してみませんか?


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(4) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

【あなたの敬語は人を遠ざけていませんか?】嫌われる敬語 好かれるタメ語

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、内山辰美さんの『嫌われる敬語 好かれるタメ語』
ご紹介します。

嫌われる敬語 好かれるタメ語嫌われる敬語 好かれるタメ語
内山 辰美

中経出版 2008-11-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

長野県出身。CNS(株)話し方研究所指導部長。
専門分野は、リーダーシップ、話し方、聞き方、説得、
プレゼンテーションなど。
「自分に気づき、自分を知ることから、自分の人生が開ける」を
モットーに、研修活動を展開している。
指導部長として、講師育成にも積極的に取り組み、指導力には定評が
ある。
研修における実習指導では、受講者の問題点を正確に聞き取り、
的確な改善の方法を呈示する講師として評判が高い。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 過剰で嫌われる敬語、なぜか好かれるタメ語

第2章 上司から敬遠される敬語、懐に入り込むタメ語

第3章 お客様が離れていく敬語、ガッチリつかまえるタメ語

第4章 日常生活で嫌がられる敬語、好印象を与えるタメ語

おわりに

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■敬語<タメ語って本当なの!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

本書は、中経出版編集部・中村様より献本いただきました。
ありがとうございました!

本書のターゲットは、入社数年目までの若手ビジネスパーソン。

著者の内山さんは、あとがきに以下のように書かれています。

「入社してから数年がたち、仕事も覚え、職場にも慣れてきたころ、
日常の場面でどう話したらよいか、戸惑い、迷い、緊張のあまり黙っ
てしまうときに参考になるものを書いてください」

とお話をいただきました。

本書のユニークなところは、

敬語はこのように正しく使うのですよじゃなくて、敬語を使えばいい
ってもんじゃない、ときには、フランクなタメ語の方がいいんですよ

と主張されているところ。

本来敬語の使い方を教えていそうなイメージの話し方研究所の先生
が、そのような思い切った主張をされているところが面白いところ
でもあります。

本書を読んで感じたのは、状況に応じた受け答えが出来るかどうかが
大切だということ。

所謂「KY」と言われないように「空気を読む」こと、つまり、相手
の立場になって考えることができるかどうかがポイントなのだと思い
ました。

本書は、単なるフレーズ集ではなく、「状況(空気)を読む」
ポイントも合わせて学ぶことが出来ます。

ずばり、ターゲット通り、若手ビジネスパーソンに手にとってほしい
一冊です。

ご興味がある方は、Amazonから抜粋させていただいた紹介文をどうぞ。

世の中には、正しい敬語を使っているのに、他人から嫌われ、敬遠
されている人がいます。

逆に、少々間違っていても、くだけた口調で、親しみのこもった話
し方をして、好感を持たれている人もいます。

喜び、感謝、当惑、わびなどの感情を表現するのに、敬語は不向きな
場合があります。

礼儀正しく、「正しい敬語」を使うのは必要ではあっても、絶対では
ありません。

例えば、仕事でちょっとしたイージーミスをした場合、
「すみません」、「ごめんなさい」
というわび言葉を使って、素直に謝れば、かえって好感を持たれたり
します。

「大変失礼いたしました」
などと、改まって言われたら、どんな感じがするでしょうか。
本当にそう思っているのかと、疑われてしまうのではないでしょうか。

本書は、このような現実を踏まえて、

「敬語」--過剰に使えば、冷たい印象を与え、人に嫌われる言葉

「タメ語」--(上手に使えば)気持ちを素直に表現でき、人に好かれる
言葉

と定義し、さまざまな場面における「嫌われる敬語」と「好かれる
タメ語」を解説する本です。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■若手ビジネスパーソン

■特に、営業などお客様に接する方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■相手の心境を察すること

■ほめ言葉を素直に受け取ること

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

【私は寝てないんだ!!】アンガー・マネジメント

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、安藤俊介さんの『アンガー・マネジメント』をご紹介します。

アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
安藤 俊介

大和出版 2008-09
売り上げランキング : 10659
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

アンガーマネジメントセンター代表
アンガーマネジメントファシリテーター
経済産業大臣登録中小企業診断士

1971年群馬県生まれ。東海大学教養学部国際学科卒業。
外資系企業、民間シンクタンクなどを経て、渡米。
海外のセルフマネジメント技術に精通し、日本人として初めて
ナショナルアンガーマネジメント協会、アンダーソン&アンダーソン、
MFTNY(マリッジ・ファミリー・セラピー・ニューヨーク)公認の
アンガーマネジメントファシリテーターとなる。
メッセージのわかりやすさと丁寧さに定評があり、日本はもとより
アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、イタリア、
スウェーデン、フィンランド、ロシア、中国、韓国など世界中に
クライアントを抱える。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

序章 できるビジネスマンほどイライラ、ムカムカにふりまわされない

第1章 人間関係を劇的に変える!アンガー・マネジメントのしくみ

第2章 「なりたい自分」のイメージトレーニングから始めよう

第3章 「カチン!」「ムカッ!」ときたときの、感情の抑え方

第4章 記憶することで、あなたの怒りを「見える化」しよう

第5章 無理せずできる!「怒らないしくみ」のつくり方

第6章 本心が伝わるコミュニケーション・スキルを身につけよう

おわりに

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■アンガー・マネジメントって何するの?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

本書は、著者である安藤俊介さんからご献本いただきました。
ありがとうございました!!


みなさん、アンガー・マネジメントって知ってますか?

アンガー(anger)=怒りですから、怒りをコントロールするという
意味ですね。

本書の表紙裏にはこのように書いてありました。

アンガー・マネジメントとは、

「マイナスの結果を引き起こしがちな”怒り”に正しく
対処することで、健全な人間関係をつくり上げる
知識&技術」

です。

これをビジネスに応用すれば、たちどころに快適に仕事ができ、
人望も成功も手に入ります。

タイトルにも書きましたが、「私は寝てないんだ!!」という怒りを
あらわにし、事態を更に悪化させてしまった事件は、みなさんの
ご記憶にも新しいことと思います。

人望も成功も手に入るかは他の要素によるところが大きいのではと
思いますが、少なくとも上記のような最悪の事態を回避することが
出来そうです。

本書では、怒りが何故生じるのかという「怒りのメカニズム」を
解説してくれています。

人は怒りを感じるとき、3段階のステップを踏むのだそうです。

第1段階 「出来事に遭遇」

第2段階 「出来事の意味づけ」

第3段階 「怒りの発生」


怒りを抱くときに、とても重要なのが、第2段階の「出来事の意味づけ」
です。

よく「事実は一つ解釈は無数」と言いますが、まさしく出来事にどの
ように意味づけするかが「怒り」が生まれるかどうかのポイントに
なるのですね。

私たちは出来事や誰かの言動などを見た際に、自分が信じていること
や、自分の基準と比べて、それはどういうことなのかと考えます。

この私たちがふだん信じているもの、判断の基準にしているものを
アンガーマネジメントでは「コアビリーフ」と呼ぶ
そうです。

私たちは、出来事や誰かの言動を、自分のコアビリーフに照らし合わ
せて認識し、間違っていると思ったり、納得がいかなかったりすれば
怒りを感じるのだそうです。

この「コアビリーフ」は簡単に言うと。「・・・すべき」という
「べき論」と言えます。

「列に割り込むべきではない」
「年配者には敬意を払うべきだ」
「部下は上司の言うことを黙って聞くべきだ」

というイメージでしょうか。

本書では、怒りをコントロールする方法を以下のように体系立てて
説明してくれていますので、興味のある方は是非お手にとって読んで
見てはいかがでしょうか。

(1)行動の修正
  (1)-1衝動のコントロール
  (1)-2コミュニケーションの修正

(2)認識の修正
  (2)-1基本の認識の修正
  (2)-2応用の認識の修正


ここからは委員長の独り言です・・・

委員長が個人的に思うことは、自分自身の「コアビリーフ」を相手に
も強要しないということ。

自分に「コアビリーフ」があるように相手にも「コアビリーフ」が
あります。

どちらが良い悪いの二極化で考えるのではなく、お互いが相手を理解
する姿勢を持つことが大切なことかなぁと思います。

相手が何を考えているのか、何故そのような発言をするのか、理解
しようという姿勢を持っていれば、それが「怒り」につながることは
少ないのではないでしょうか。

著者の安藤さんもおっしゃっていますが、結局はどのようなコミュニ
ケーションを取ることができるかが、アンガーマネジメントのポイン
トになるのかなと思います。

私がコーチングを学んでいて感じることが、コーチングスキルの基本
である、相手の話をしっかり聴くこと(傾聴)、相手をしっかり受け
止めること(受容)、相手を認めること(承認)を心がけてコミュニ
ケーションを取っていると、「怒り」を抱くことがほとんどまくなる
ということです。

「怒り」を抱くメカニズムとその対処方法を理解した上で、しっかり
としたコミュニケーションを心がけることが大切なのですね。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■過去に「怒り」で失敗してしまった方

■「怒り」がいつ爆発してしまうか不安な方

■周りに怒りっぽい方がいるという方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■「ムカッ」と来たときに「怒り」を回避するスイッチを持つ

■アンガーログ(記録)をとる

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想いを伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(4) | TrackBack(1) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

【個の輝きを礎にするチーム】ビジョンマッピング やる気を創る技術

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、吉田典生さんの『ビジョンマッピング やる気を創る技術』
をご紹介します。

ビジョンマッピング やる気を創る技術ビジョンマッピング やる気を創る技術
吉田 典生

PHP研究所 2006-12-21
売り上げランキング : 67902
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

1963年三重県伊勢市生まれ。関西大学社会学部卒業。
コミュニケーションコンサルタント、有限会社ドリームコーチ・
ドットコム代表取締役。
ICF(国際コーチ連盟)マスター認定コーチ。

テレビ番組制作会社を経て出版プロダクションに勤務。就職情報誌の
編集、採用・就職支援事業等に従事した後、1990年よりフリー
ランスのジャーナリストとして活動。

主に人材育成、組織の人事戦略やキャリア開発などをテーマに、数多
くの週刊誌、月刊誌等で取材、執筆活動を展開。20代後半から30代
半ばにかけて延べ1000名超のビジネスリーダーへのインタビュー
経験をもつ。

取材体験から関心を抱いたリーダーシップ理論、行動心理学等を
学び、またICF(国際コーチ連盟)公認のプロコーチ育成プログラ
ムを受講、修了。

2000年に有限会社ドリームコーチ・ドットコムを設立。過去7年間
に300名超のビジネスリーダーに、「効果的なリーダーシップ開発
と実践」を目的とするエグゼクティブコーチングを提供。

また製造業、金融業、IT系企業、不動産業、流通業、その他の企業
において、「組織内のコミュニケーションを再構築することで人の輝
きを引き出すコンサルティング」を展開している。

著書に『ビジョンマッピング〜やる気を創る技術〜』(PHP)、
『「できる人」を育てるコーチング・ノート』、
『「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人』、
『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』
(以上、日本実業出版社)、
『部下力〜上司を動かす技術〜』(祥伝社新書)その他多数。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

危機〜会社が消える〜

出発〜何のための仕事なのか〜

解説1

火種〜生命力の源〜

解説2

接続〜意味づける力〜

解説3

連携〜協働する場〜

解説4

促進〜ギャップを埋める〜

解説5

共創〜一枚の絵を全員で描く〜

解説6

管理〜変わらない姿勢で変え続ける〜

解説7

未来へ

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■個人のビジョンと組織のビジョンを融合する技術とは?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

本書の著者、吉田典生さんは、委員長の恩人の一人でもあります。

私がマネジメントの壁に突き当たった時、吉田さんの書籍

『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』

に目を覚まさせていただいたことがあるのです。

同書は、自分の中であまりにも意味づけが大きいため、未だ当ブログ
で紹介していない「恩書」でもあります。

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?
吉田 典生

日本実業出版社 2005-12-08
売り上げランキング : 37656
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここ数日、「ビジョン」「自分軸」を明確にするというテーマで
お送りしてきました。

本書は、社員一人ひとりの「ビジョン」と組織の「ビジョン」を融合
する技術に関して、ある組織の再建物語を通して学ぶという構成に
なっています。

私たち個人個人は、組織の中でチームとして働いています。
どんなに個人の「ビジョン」が明確になっても、それが組織の
「ビジョン」とマッチしなければ、個の力を最大限に活かしていく
ことは難しいと思います。

通常組織における「ビジョン」は、トップダウンで示達されてくる
ものです。

「当社は2010年までに××××を達成したい」

売上高××億円、店舗数××店、従業員××人などの数値目標を
持って当社の「ビジョン」とすることが多いかもしれません。

果たして、このような「ビジョン」をそこで働く個人の「ビジョン」
につなげることは出来るのでしょうか?
これで社員のモチベーションが、志気が上がるのでしょうか?

本書の面白いところは、個人を起点にして、人の輝きを礎とする組織
につながるビジョンマッピングを提唱していることです。

委員長も今まで、「チームのビジョンを作ろう」というワークショッ
プを行ったことがあるのですが、必ずしも成功とは言えない状態で
終わってしまった苦い経験があります。

今から振り返って見れば、チームとしてどうなりたかだけを議論し、
その場に集ったメンバーがどうなりたいのかを置き去りにした議論に
なっていたと思います。

チームのこと、つまり自分たちのことを議論していながら、
それは自分のことではなかったのです。


委員長は、個が輝くことが、イキイキとした活力あるチームの大前提
であると考えています。

そんな想いもあって、

ワクワク イキイキ 発スル 発スル

をチームのキャッチフレーズにしています。

そして、コーチングアプローチによって、メンバーそれぞれの
「自分らしさ」や「やりたいこと」の実現をサポートしていきたい
と思っています。

本書には、委員長の理想を実現していくためのヒントが沢山掲載
されていました。

個の輝きを礎とした組織と作りたい!という方、必読です。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■個人の「ビジョン」を作るアプローチを学びたい方

■個人と組織の「ビジョン」の融合をはかりたい方

■個の輝きを礎とする組織を作りたい方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■個の組織を礎とするチームを作りたい!

■そのために、先ずはメンバー個々人のビジョンマッピングから
 取り掛かりたい!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

【成功の秘訣は「何を言うか」ではない、「何を質問するか」だ】その気にさせる質問力トレーニング

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、ドロシー・リーズさんの『その気にさせる質問力トレーニング』
をご紹介します。

その気にさせる質問力トレーニングその気にさせる質問力トレーニング
ドロシー・リーズ

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2003-04-30
売り上げランキング : 31615
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

講演家、コミュニケーション・コンサルタント。
ITT、メルク、メリルリンチ、IBMなどの一流企業の重役ほか
50万人以上を指導するいっぽう、講演活動やテレビ・ラジオ出演、
新聞・雑誌への寄稿を行っている。
説得術やビジネスにおける話す技術についての著作多数。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

Part1 今、なぜ「質問」なのか

Part2 第一の力 質問は答えを引き出す

Part3 第二の力 質問は思考力をきたえる

Part4 第三の力 質問は貴重な情報を引きよせる

Part5 第四の力 質問は状況をコントロールする

Part6 第五の力 質問は人の心をひらく

Part7 第六の力 質問上手は聞き上手

Part8 第七の力 質問は人をその気にさせる

Part9 質問の力が組織を伸ばす

Part10 今すぐ使える質問リスト50

訳者あとがき

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■質問力を身につけてマネジメントに活かそう!


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

人間のあらゆる思考は、「問い」とその「答え」で成り立っている
と言います。

「問い」の質が、その人の「答え」の質、つまり「行動」の質を
左右するといっても過言ではないでしょう。


なぜ、「問い」が「行動」の質を左右するのでしょうか。

これは、人が行動するときのメカニズムに関係があります。

人は、行動を起こす前に自分自身に「問い」を発します。
(これを「セルフトーク」といいます。)

人は、そのセルフトークによって自分自身に生じた「感情」に従って
行動に至るのです。

ですから、「セルフトーク」、自分自身への「問い」が変われば、
それによって生じる「感情」が変わり、「行動」も変わるのです。

「セルフトーク」に関しては、鈴木義幸さんの
『セルフトーク・マネジメントのすすめ』をご参照くださいませ。

同書は、ブログ開設当初にご紹介しているので、興味をお持ちの方は
こちらもどうぞ。
関連記事へ

セルフトーク・マネジメントのすすめセルフトーク・マネジメントのすすめ
鈴木 義幸

日本実業出版社 2008-04-24
売り上げランキング : 5715
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コーチングが「質問」によって成り立っている理由が、ここにある
のですね。

そんなとても大切な質問に焦点を当てたのが、本書『その気にさせる
質問力トレーニング』なのです。

目次にもある通り、本書では、質問の持つ7つの力が具体的事例と
共に紹介されています。

もう一度7つの力を確認しておきましょう。


@ 質問は答えを引き出す

A 質問は思考力をきたえる

B 質問は貴重な情報を引きよせる

C 質問は状況をコントロールする

D 質問は人の心をひらく

E 質問上手は聞き上手

F 質問は人をその気にさせる



私は、コーチングなんてわからないから、興味ないからという方
でも大丈夫。

ご自身のコミュニケーション力を高めたい方、周りの人をハッピーに
したい方、必ずやコミュニケーション改善のヒントを得られると
思います。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■コミュニケーション力を伸ばしたいという全ての方

■特に、管理職、親、先生など、人を指導・育成する方

■コーチングを学習されている方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■日々職場で家庭で「質問」を実践する!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

【実は私デブ・・・】出逢いの大学

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、千葉智之さんの『出逢いの大学』をご紹介します。

出逢いの大学出逢いの大学
中川 ミナ

東洋経済新報社 2008-05-15
売り上げランキング : 3740
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、たくさんのブログで取り上げられておりますし、書評ブログを読まれているような方々は既に読まれている方が多いのかなと思います。

出遅れ感は否めないのですが、これには理由があるのです。

実は、わたくし委員長は、「出不精」なのです・・・

よって、「人脈」系の書籍もあまりアンテナに引っかからないのです。。。

コミュニケーションが「苦手」とか「嫌い」とかじゃないんです。
むしろ人と話すのは好きなのです。

が、出かけるのが「億劫」になっちゃうんですよね。
「人に会いに行く」というハードルが中々越えられないのです・・・

でも、本書を読んで、「もっと積極的に外に出よう!」と強く思いました。



それはなぜか???


最近、「パーソナル・ブランディング」とか「起業」という言葉にアンテナが立ってるという話は何回もしておりますが、「好きなことを仕事にする」というのも、委員長の中ではHOTな言葉になっています。

本書の中でも、千葉さんは、「好きなことを仕事にしてイキイキとしていれば勢いがついてプライベートの活動もよりアクティブになる」とおっしゃっています。

そして、人脈ブランディング流時間管理術として、「好きなことをやる」ことが、結局は時間を有効に使うことにつながるともおっしゃっています。


そうなのです、

「好きなことを思いっきりやるためなら、出不精なんてハードル簡単に越えられちゃうじゃん」

と思えたのです。


こう思えただけでも、本書を読んで良かったなぁと思います。
千葉智之さん、ありがとうございます!!


昨日も書きましたが、委員長には「ある明確な目標」があります。
家にこもってばかりいないで、その目標達成につながることなら、どんどん積極的に外に出ようと決意したのでした。

今まで、4ヶ月間毎日欠かさず更新して来ましたが、「出不精」解消の代償として、もしかしたら「毎日更新」も途切れてしまうかもしれません。

委員長のブログを読むことを日課にしてくださっている有難い読者の皆様、もし「毎日更新」が途切れたときは、「あぁ、委員長は出不精を解消し、外に飛び立っていったんだなぁ」と思っていただければ幸いです(笑)。


「出不精」の方、

「人脈形成は苦手」という方、

もしかしたら、あなたも開眼しちゃうかもしれませんよ!
是非、本書をお試しくださいませ!!



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)



posted by ? at 05:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

【めざせ!会社の星】ザ・ファシリテーター

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、森時彦さんの『ザ・ファシリテーター』をご紹介します。

ザ・ファシリテーターザ・ファシリテーター
森 時彦

ダイヤモンド社 2004-11-12
売り上げランキング : 4963
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


週末チャンネルをカチャカチャ(リモコンの音がわからない・・・)していると、NHK教育テレビで「めざせ!会社の星」という番組をやっていて、「会議」をテーマに取り上げていました。
そこで「ファシリテーター」って何?という話が出ていました。
単純な委員長は、よし、今週は「ザ・ファシリテーター」を紹介しようと思いついたのでした。

ところでみなさん、「ファシリテーター」って何をする人だかご存知ですか?

狭義の意味での「ファシリテーター」とは、会議などにおいて議論に対して中立な立場を保ちながら話し合いに参加し、議論をスムーズに調整しながら合意形成に向けて深い議論がなされるよう調整する役、これを行う人のことをいいます。
NHKで取り上げていたのも、この「調整役」としての意味でした。

広義の意味での「ファシリテーター」とは、「組織が成果をあげるよう、人と人との効果的なコミュニケーションの場を作り、ひとりひとりのパワーを最大限に引き出し、多様な考えをまとめつつ、対立から合意形成に導き、実行に向けたモチベーションを高める」役割を担う人のことをいいます。
会議を円滑に進めたり、複数の人間の協働を促進したりすることを期待されるだけでなく、「企業変革の担い手」とも言われ、昨今、その育成に力を入れる企業が後を絶たないと言われています。
(株)ピープルフォーカス・コンサルティング様HPより引用させていただきました>

今回ご紹介する「ザ・ファシリテーター」は、「企業変革の担い手」としてのファシリテーターの活躍を物語形式で描いたものです。

Amazonさんからストーリーのご紹介。
「えっ、私がですか」「君ならやれるよ。いや、開発センターを大きく変えるには君しかいないと思っている。マーケティングを変えたようにね。二年で変えてくれ。その後は、またマーケティングに戻ってもらうから…」マーケティング部門のリーダーだった黒沢涼子が、畑違いの製品開発センター長に抜擢される。はたして専門知識面でも、年齢でも自分を上回る男性の部下を率い、組織を変えることができるのか…。ストーリーを楽しみながら、人と組織を動かし、自分が変わるファシリテーションのスキルとマインドが確実に身につく。

先ず、純粋に読み物として面白い!
そして、主人公がカッコいいんですよね。
同じビジネスパーソンとして、「おいらも、こんな風に活躍したいな」なんて憧れちゃいます。

そして、次のようなファシリテーション・ツールがどんどん登場してきます。実際に使いこなすには練習が必要でしょうが、マネジメントのヒントになること間違いなしです。

 ■リーダー・インテグレーション
 ■タックマン・モデル
 ■ワークアウト
 ■ジョハリの窓
 ■アイスブレーク
 ■モアorレス
 ■プロセスマッピング
 ■ゴール・ツリー
 ■etc.


これらの中には、実際にわたくし委員長が、チーム運営に取り入れているものもあります。

このようにマネジメントのヒントを得ることが出来る良書ですが、なんと言っても、「おいらも、こんな風にカッコいいビジネスパーソンになりたい」という「刺激」がほしいという方にお薦めです。
モチベーションが急上昇すること間違いなし!!

具体的に言うと、三枝匡さん系のビジネスドラマが好きな方にはたまらない一冊です。


めざせ!会社の☆!


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

【私はここにいるよ】ハッピーバースデー

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、青木和雄さん、吉富多美さんの『ハッピーバースデー』をご紹介します。

ハッピーバースデーハッピーバースデー
青木 和雄

金の星社 2005-04-18
売り上げランキング : 1361
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本日は、わたくし委員長の誕生日でございます!
こうやって無事誕生日を迎えることが出来たのも、ひとえに皆様の温かいご支援の賜物と心から感謝しております。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます!!

本書は、自分の誕生日にひっかけてブログでご紹介しようと思って購入した本ですが、正直、そんな軽いノリで読める本ではありませんでした。。。

簡単に内容をご紹介しましょう。

主人公は、実の母親に愛してもらえず、誕生日さえ忘れられてしまった11歳の少女・あすか。
11歳の誕生日に実の母親に「ああ、あすかなんて、本当に生まなきゃよかった。」と言われ、声を失ってしまいます。

しかし、静養のため田舎で暮らす祖父母にあずけられ、優しい祖父母の元で自然の営みに触れ、「いのち」の意味を学んでいきます。そして、失われた声を取り戻し、家族の元への戻っていくあすか。
そのあすかに待ち受けていたものは・・・・

本書は、声を失った11歳の誕生日から12歳の誕生日を迎えるまでの1年間のあすかの成長を通して、「親子の絆」、「いじめ」、「命の大切さ」、「働くことの意義」などを、私たちに考えさせてくれます。

みんなに祝福されて楽しく過ごす誕生日も良いですが、たまには、読書をして、家族の絆、命の尊さ、働くことの意義を考えるバースデーも悪くないかもしれませんね。


本書を読んで再確認したことが、【存在承認】の大切さです。

先日鈴木義幸さんの『「ほめる」技術』でご紹介した通り、存在を認められたと感じたとき、人は満たされ、認めてくれた人のために動こうとするのです。

それはマネジメントだけでなく、親子関係でも同じでしょう。
子どもがよく言う「みて、みて」「みて、みて」「ねぇ、みて、みて」という言葉にも、それがよく表れていると思います。

マザー・テレサは言いました、「愛の反対は憎しみではなく無関心です」と。
私たちに必要なのは、関心をもって見守ること、そして何があっても相手を信じ受け入れることなんだと思います。


それでは、最後に、本書の中で、心に残ったフレーズをいくつかご紹介して終わりにしましょう。
急がないと、お誕生日会に遅れますので(笑)。

「いいか、あすか。自分の側から見ているだけでは、物事の真理を見落とすぞ。相手を信じること、許すことは、自分を大事にすることでもあるんだぞ」


「時間はいつも流れていく、どんなに辛いことや悲しいこともいつかは流れていく。過ぎた時間に囚われていると、新しい時間を見失ってしまうよ・・・・。」


「じいちゃんがいってたもん。何時だって、何処でだって、その気にさえなれば人は変われるって。お兄ちゃんはそのために勉強してるんでしょ。そうでしょ。人は変わるために学ぶんだよね。」

※本書使用上の注意
本書は決して人前で読まないでください。ましてや電車の中なんぞで読んだら大変なことになりますので、ご注意くださいませ。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:30| Comment(7) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

【マインドシェア】仕事がどんどんやってくる 目立つ技術

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、中山マコトさんの『仕事がどんどんやってくる 目立つ技術』をご紹介します。

仕事がどんどんやってくる 目立つ技術仕事がどんどんやってくる 目立つ技術
中山 マコト

中経出版 2007-07-25
売り上げランキング : 68083
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日、佐藤伝さんの『初対面3秒の魔法』をご紹介しました。
佐藤さんの書籍の後半にオリジナリティのあるツールということで、「名刺」や「プロフィール・シート」の事例が紹介されていたのですが、本日ご紹介する『仕事がどんどんやってくる 目立つ技術』は、その自己紹介ツールを中心に「目立つ」に特化した書籍です。

先ずは、中山マコトさんのご紹介から(Amazonより抜粋)。

人の心にシンクロする「シンクロニスト」として、マーケティングリサーチの企画・実践を行なう。「売れるヒントは人から訊き出せ!」という独自のインタビュー術に定評があり、お客の心にそった企画立案で大きな実績を上げている。

市場調査会社に入社後、マーケティング、販売促進、広告制作にたずさわる。
とくに、小売業、飲食業、サービス業の売上げアップを得意とし、コンビニエンスチェーンでの「お客を立ち止まらせるPOP」、量販店での「お客を呼ぶ売り場づくり」などにおいて、通常の2倍、3倍の売上げアップを達成。当時から、相手と良好な関係をつくる「目立つ技術」を編み出し、人脈を広げ、日本で有数のメーカーをクライアントにする。

2002年独立。いちから新規開拓をはじめる。2週間後には7社の新規開
拓に成功、同月の手取り収入850万円を達成した。現在、クライアントに「目立つ技術」を伝授。続々と新規開拓に成功した報告が届いている。

中山マコトさんは、先日ご紹介した藤沢あゆみさん(「愛され社員」で行こう! )のお知り合いで、藤沢さんは同書のあとがきに、中山さんが同書執筆のきっかけをくださったと書かれています。

「愛され社員」に紹介されていた中山さんのお話をご紹介しましょう。

この本を書くきっかけを下さった、中山マコトさんもまた、愛され社員です。

中山さんは、現在シンクロニストを名乗り、フリーのマーケッターとして活躍されていますが、かつては市場調査会社に勤めるサラリーマンで、その会社の稼ぎ頭でした。
彼は、独立を決め、会社を去るとき自分が取ってきた得意先に頭を下げて回りました。

「自分の仕事は、会社のものに引き継ぐから、独立した自分には仕事を頼まないでほしい」

独立するときに、顧客や部下を引き連れてなんてよく聞く話ですが、中山さん、カッコいいぐらい潔いですね。
それも、中山さんが、クライアントの心をつかむ自信があったからこそ取れた行動なんでしょうね。
そんな中山さんが伝授してくれる「目立つ技術」とはどんなものなんでしょうか。

目立つ技術 7つのポイント

@「自分名刺」で話のきっかけを作りまくる

A「面白MAP」で相手をひきつける

B「目立つ書類」に営業させる

C「チョイおせっかい」で恩を売る

D「楽しませるしかけ」で相手を釣る

Eちょっと「変わったやつ!」と思わせる

F「感動」を与え、自分のファンにする

中山さんは、目立たなければ、あなたは相手にとって「存在しないのと同じ」と言い切っています。

そして、

「今の世の中、目立つことに関して、あまりにも意識が低すぎませんか?」

と問います。

私たちは目立つどころか、逆に「人と同じことをしなさい」「協調性を持ちなさい」「目立つな」と教育されてきました。
だから、急に「目立ちなさい」って言われてもむずむずなんですよね。

中山さんは、すべてのビジネスは、相手と自分との関係の中で成立し、その関係を強化するためには「目立つ」ことが不可欠だと言います。

ここでいう「目立つ」とは、「派手な服を着ろ!」とか、外見上のことではないようです。

ではどういうことかと言うと、相手の意識の中で、あなたのマインドシェアを上げることなんです。

要は、何かあったとき、相手の頭の中に、あなたの存在が「パッ!」と浮かぶかどうか、ということなんですね。

中山さんは、目立つ技術の基本的な考え方として、

@「恩を感じさせる!」

A「おせっかい!」

B「珍しがられる!」

C「楽しませる!」

の4つをポイントに挙げています。

「恩を感じさせる!」なんて一見誤解を生むような表現ですが、4つを通して言えることは、「どれだけ相手の視点にたって考え、価値を提供出来るか」がポイントなんだと思います。

ありきたりの言葉になってしまいますが、どれだけ相手を「思いやれるか」「かゆいところに手が届くか」が重要なんだと。


最後は、映画監督ウッディー・アレンの言葉で。


「目立てば、80%成功だ」


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:10| Comment(1) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

【鏡は先に笑いません】ことばのご馳走〈6〉

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、金平敬之助さんの『鏡は先に笑いません―ことばのご馳走〈6〉』をご紹介します。

鏡は先に笑いません―ことばのご馳走〈6〉鏡は先に笑いません―ことばのご馳走〈6〉
金平 敬之助

東洋経済新報社 2003-10
売り上げランキング : 209619
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


金平さんは、住友生命の常務取締役、スミセイ・リース社長などを歴任されたお方です。

本書との出会いは、わたくし委員長のあこがれの人、松山真之助さんの「Webook of the Day」。
松山さん、たくさんの良書との出会い、ありがとうございます。

松山さんにたくさんの良書との出会いをいただいたように、少しでも私のブログがみなさんのお役に立てば嬉しいなという思いで、日々ブログを更新させていただいています。

本書は、「ことばのご馳走」というタイトルの通り、すてきな言葉がいっぱい詰まった良書です。

何点かお気に入りのお話をご紹介しましょう。

「今晩ははやく寝られる」
マラソンの有森裕子さんがテレビで語っていた。
恩師の、こんな教訓だ。

「何があっても『せっかく』と考えよう。足を怪我しても『せっかく』の故障だから、神様が与えてくれた休養と考えよう」

たしかに、「せっかく」は気分転換にはいい言葉だ。
巨人ファンに応用編をひとつ紹介しよう。

「せっかく巨人が負けてくれた。
夜のスポーツニュースを見ないですむ。
よかった。
今晩ははやく寝られる」

いいですね。
物事は捉え方次第ですからね。
これは使わせていただきましょう。


「名捕手は否定語を続けない」
平本学投手。
2001年に、ヤクルトにドラフト一位で入団した。

さっそく古田敦也捕手がこの投手の球を受けてコメントした。

「スピードはチームで三本の指に入る。でも、制球はいちばん下」

ここまで言って、普通の先輩だったら否定語を続ける。

「だから、すぐ使えない」
「まずフォームの改造をしなくては・・・・」

でも、さすが古田選手だ。頭がいい。

「制球はいちばん下」と言ったあと、言葉でみごと陽転させている。

「だから、解決する課題が分かりやすくていいんじゃないの」

これを聞けば、平本投手も自信がつくのではないか。

捕球がいい。
送球が早い。
配球がうまい。
これだけでは名捕手にはなれない。

いやいやいや。
これは耳が痛いお話ですね。
何気ない一言が、部下のやる気やモチベーションを下げてしまっているかもしれません。
逆に、言葉ひとつで、部下のやる気に火をつけることも可能かもしれません。
とても参考になるお話でした。


最後に、タイトルにもなっている「鏡は先に笑いません」をご紹介して終わりにしましょう。

「鏡は先に笑いません」
漫才の内海桂子さん。
三番目のお父さんは床屋さんだ。
だから、だろう。
お父さんの口ぐせがおもしろい。

「自分が笑えば、鏡が笑う」だったそうだ。

内海さんは、この言葉が好きで座右の銘にしている、ときく。

私も、自分なりの格言をもっている。

「鏡は先に笑いません」だ。

「どこでも、いつでも先に笑顔を見せる生き方」を心がけたい、と自分を戒めている。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:10| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

【ひと目会ったその日から】初対面3秒の魔法

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、夢実現ナビゲーター佐藤伝さんの『初対面3秒の魔法』をご紹介します。

初対面3秒の魔法初対面3秒の魔法
佐藤 伝

PHP研究所 2007-11-13
売り上げランキング : 16963
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


佐藤伝さん、今回で5冊目のご紹介になります。
「いい明日がくる 夜の習慣」
「幸運を呼びよせる 朝の習慣」
「1日5分 頭が良くなる習慣」
「シンプルなのに、運がよくなる習慣 ツキを呼ぶ魔法の生活」

わが人生の師匠、田坂広志さん6冊を猛追しております。
(って、あなたの自作自演でしょ。。。)

第一印象って、ビジネスでもプライベートでもすごい大切ですよね。
いつも「シンプル」で「わかりやすく」「即実行できる」法則を教えてくれる佐藤伝さん。
今回は、どんな魔法を教えてくれるのか、わくわくですね。

では早速Amazonの紹介文からの抜粋。

人生は出会ったその瞬間で決まる!

恋愛でも仕事でも出会いの瞬間はとても大切。
「おおっ!感じのいい人だなあ」
「なんか感じ悪いなあ…」
などと直感的に判断してしまうもの。
そして、いったんその人物に下したジャッジはその後なかなか変わらない。
あとから一生懸命努力して、実はいい人だったんだと思い直してもらうよりも、
ファースト・コンタクトの3秒にエネルギーを集中させて自分をアピールするほうが断然効率がいいのです。

本書には、あいさつの習慣や型にちょっとエッセンスを加える方法、
達人たちに学ぶちょっとしたワザ、簡単にできるツールなど、
今まで何となく漫然としていた挨拶や名刺交換をこれからはわくわくできるための方法論が満載。

その一瞬でいかに相手の心をつかむことができるか。
ベストセラー『幸運を呼びよせる朝の習慣』の佐藤伝が伝授する出会いを成功させ幸せに導く簡単楽しい魔法集。

3つの「ま」を「まごころで」
佐藤さんは、初対面で大切なのは、”まなざし””間をとる””まばたき”の3つの”ま”を「まごころ」で使いこなせるようになることだとおっしゃっています。

佐藤さんの推奨する初対面のあいさつをまとめるとこんな感じです。

初対面のときは、「はじめまして」と言う前に、「まなざし」をつくる。目をつぶって勢いをつけ、ハッと力強く相手の目にエネルギーを送る。

そして、「あ、○はじめまして」と、「あ、○」を入れて「お会いしたかった」という気持ちをこめる。

その後の動作はゆっくり丁寧に、名刺交換のときは、「佐藤です。佐藤伝です」と、苗字のあとに必ずフルネームを唱える。「佐藤です」のあとと、「佐藤伝」ですのあとに、しっかりと”まごころ”の「間(ま)」をつくる。

そして相手の名刺を受け取ったら、「○○○○さんとお読みすればいいですか?」と、フルネームの呪文をしっかり唱えてあげる。
そして、相手の話に「まばたき」で絶妙なあいづちを打つ。

佐藤さんの型に、自分流をプラスして、自分のあいさつの型をつくりあげたいですね。

本書の面白いところは、あいさつの方法だけでなく、オリジナリティのあるツールをご紹介しているところです。
「折りたたみ名刺」とか「本型名刺」とか、「プロフィール・シート」の作り方や作成例なども掲載されています。


初対面、第一印象を改善したいなという方、是非ご一読を!


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:35| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

【あなたも1億円プレイヤー?】チャンスがやってくる15の習慣

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、レス・ギブリンさん[著]、渋井真帆さん[訳]の『チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People 』をご紹介します。

チャンスがやってくる15の習慣―Skill With Peopleチャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
レス・ギブリン

ダイヤモンド社 2007-03-02
売り上げランキング : 36631
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


訳者の渋井真帆さんは、個人向けビジネス教養セミナー『女のたしなみ経済塾』の主催運営を手がけるかたわら、『あなたを変える稼ぎ力養成講座 決算書読みこなし編』『大人のたしなみビジネス理論 一夜漬け講座』などのベストセラー作品を生み出した作家でもあります。

渋井さんが、本書を翻訳・出版するきっかけとなった話がなかなかドラマティックなのです。
Amazonさんからの抜粋でご紹介します。

数年前のこと、キャリアセミナー講師として起業したばかりの渋井真帆さんは、ある紳士から、洋書を手渡されます。
「渋井さん、今現在の講師としての売上はいくらくらいかな?」
「250万円くらいです......」彼女が情けなさそうに答えると、その紳士はこう言ったそうです。
「でも大丈夫。この本の通りに実践すればきっとうまく進むはずだ。
くれぐれも実践だよ。実践すれば、講師としての売上は1億円以上にはなるよ」
「1億円ですって! もし、その通りになれば、私、自分でこの本を翻訳して出版します!」

そして、この本に書いてあることを、そのまま実践して大成功した渋井さんは、紳士との約束を果たし、この本を出版することになったのです!
 

全て本書の効果とは限らないのでしょうが、渋井さんは、本書に書かれていることを実践されて成功されたのですね。

渋井さんが1億円プレイヤーになったきっかけとなった教科書の中身、気になりますね。
先ずは、目次のご紹介から。

訳者前書き 夢を叶えてくれた、ある本との出会い

習慣@ 人間は自分にしか興味がない、と知っておく

習慣A 相手のことだけ話題にする

習慣B 認められている、と相手に感じさせる

習慣C とにかく、同意する

習慣D 聞き役に徹する

習慣E 相手の求めているものを見つける

習慣F あなたの意見は「ある人の意見」として語る

習慣G 「ノー」と言わせない状況にする

習慣H 会った瞬間に笑顔を向ける

習慣I 1日に3人、ほめ言葉をかける

習慣J 相手のミスに、怒りで反応しない

習慣K 「ありがとう」と、声に出す

習慣L 自分には価値がある、と信じる

習慣M 5つのルールを守って話す

習慣N この習慣を実践する

書いてあることは、至ってシンプルで1時間足らずで読めてしまいます。
わたくし委員長も、正直1年前に初めて読んだときは、あまり心に引っかかるものがなく、「ふ〜ん」てな感じで読み飛ばしてしまいました。

ところが、今回、ブログに紹介するにあたり再読してみると、その奥の深さに感じ入るものがありました。
確かに、頭では簡単に理解できることばかりですが、これがどれだけ実践できているかというと???です。

本書の「習慣N この習慣を実践する」が、「人生の分かれ道」なのかもしれませんね。

最後に、習慣Nをご紹介して終わりにしましょう。

知識自体には、なんの価値もありません。
知識は使うことによって、価値が生まれるのです。

それと同様に、人生の価値は、あなたが何を知っているかということではなく、あなたが何をしたかという行動で決まるのです。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

【和田裕美ワールド】人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、和田裕美さんの『人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法』をご紹介します。

人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法
和田 裕美

ダイヤモンド社 2008-06-13
売り上げランキング : 223
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


和田さんは、外資系教育企業で世界No.2になったことがあるセールスウーマンで、最年少・女性初の代理店支社長になられたスーパーウーマンなのです。

以前和田さんの講演会に参加したことがあるのですが、(ご自身でもおっしゃってますが)世界No.2なんて言うとバリバリのキャリアウーマンご想像されるかもしれませんが、正直「ポワ〜ン」とか「ふんわり」した感じの独自の世界、空気を持ったお方です。

講演会でも、正直始まったときは、この人大丈夫かな?って思っちゃいました。(和田さんごめんなさい)
でも、お話を聞いているうちに、どんどんどんどん和田さんに引き込まれていくんですね。
そして、講演会が終わったときには、和田さんの魅力にノックアウトされちゃってる感じでした。
また和田さんのお話を聞いてみたいなとか、直接会ってお話したいなって、すっかり和田さんのファンになってしまいました。

そんな和田さんが教えてくれる「人づきあいのレッスン」、読まないわけにはいきませんね。
超おすすめの一冊です。

先ずは、Amazonさんに和田さんのコメントが掲載されていたので、共有しちゃいましょう。

私は人が好きで
人と仲良く関わっていくことを望んで生きています。
正直、苦手な人もいるのですが
人と一緒にいるときに
呼吸が楽な関係になれたらいいなと思っています。
だから、どうしたら
もっと相手を受け入れることができて
もっと自分を受け入れてもらえるか
どのようにコミュニケーションをとればいいのか
試行錯誤してきました。
そんな方法の数々をこの本にまとめています。

もちろん
笑顔とか空気とか
好きになる方法、
好かれる方法もたくさん書いていますが

もっとディープな部分、
苦手な上司にはどうするか?
ネガティブな同僚には?
親が好きになれないときは?なども書いています。
自分がそのときに必要な部分を読んでください。

さて、私が「成功している人ってどんな人」と聞かれたら
きっと
「最高の人間関係の環境にいる人」と答えると思います。

確かにお金も地位もあったほうがいいけれど
人を信じることができ、人から信じてもらえて、
「愛すべき大事な人」として
いつまでも誰かの記憶に残してもらえることは
とてつもない財産だと思っているのです。

「人づきあい」を学んでも
お金儲けはできないかもしれません。

けれど、人生で大切な
人間関係を学べるし
何より、自分が幸せになれると思っています。

私と同じように思う人に
読んでもらいたい一冊です

和田さんのメッセージ、共感です!
それでは、本書の共感ポイントを少々ご紹介しましょう。

「ありがとう」で返事をする
感謝を表現することが、人とのつながりを強固にするための一番強い方法だと私は思っています。
人は「ありがとう」と言うのも好きだけど、「ありがとう」と言われるのは、もっと好きです。
だからたくさん「ありがとう」と言っておくと、たくさんの人の気持ちをハッピーにするのです。

先日ご紹介した佐藤伝さんの「シンプルなのに、運がよくなる習慣 ツキを呼ぶ魔法の生活」でご紹介しましたが、最も良い波動を出している言葉が、「ありがとう」なんですよね。
「ありがとう」本当に素敵な言葉だと思います。

和田さんは、返事の代わりに「ありがとう」と答えるそうです。

「和田さん、電話がありました」
「ありがとう、誰から?」

「では、青山通りでいきますか?」(タクシーのおじさん)
「ありがとう、そうしてください」

「コーヒー、飲む?」
「ありがとう、私が入れるね」

こんな職場なら、働きやすいですよね。
「ありがとう」が飛び交ってる職場、すばらしいです。


笑えて、且つ実践的なのがこちら。

「苦手な人にあだ名をつけて楽しむ」
その人を「苦手な人」とか「嫌いな人」というカテゴリーに分類してしまうと、その言葉が持つ意味が強すぎて、もっとイヤな人になっていくような気がします。
なので私は「苦手な人」を「違う星から来た人」と呼んだりします。

苦手な人がいたら、名前に「どん」をつけるとよいそうです。
和田さんは、以前苦手な上司に「半漁人」というあだ名をつけたそうです。そしてそれを、「半漁どん」に変えて呼んでみると(心の中で)、気持ち悪さが消えてキュートなキャラに変身したそうです。

残念ながら、わたくし委員長にも、「苦手な人」がいるんですよね。。。
明日から、心の中で「××どん」、「○○どん」と呼んでみます。
そしたら、笑顔で対応できるかも!!


みなさんも、是非「和田裕美ワールド」をご堪能くださいませ。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:05| Comment(4) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

【愛嬌の次は愛されキャラ】「愛され社員」で行こう!

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、藤沢あゆみさんの『「愛され社員」で行こう! 』をご紹介します。

「愛され社員」で行こう!「愛され社員」で行こう!
藤沢 あゆみ

日本実業出版社 2008-04-10
売り上げランキング : 6250
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日、祐川京子さん、本間正人さんの『人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた』をご紹介しました。
今度は、『愛され社員』です。

なぜオッサンが『愛され社員』なのかというと、大きく2つの理由があります。

一つは、自分自身の「人間力」を高めること。
もう一つは、自分のチームの「こころ図(コミュニケーション)」を強化すること。

自分自身の「人間力」の強化やメンバー間のコミュニケーションの強化につながりそうな書籍であれば、それが「愛嬌」でも「愛され」でも貪欲に吸収したいと思っています。
(さすがにリアル書店で手に取るのは抵抗がありますが・・・)
参考)阪本啓一さん「リーダーこれだけ心得帖」

さて、本書のご紹介に入りましょう。

著者の藤沢あゆみさんは、内勤OL、契約社員、チーフデザイナー等足かけ10年、さまざまな業務形態を体験し、独自の社内対人ノウハウを構築されたお方です。
10万部を突破した『モテ本!』の著者である作家集団「恋愛マニア」のリーダーも務めるてらっしゃいます。
「愛されキャラ」=「恋愛マニア」、納得です。

本書は、あなたの仕事をアツくする、愛され社員60の法則!を紹介してくれます。

中身もさることながら、そのネーミングがおもしろなんです。
先ずは、そのご紹介から。

・雑用わらしべ長者の法則
・混ぜるな危険の法則
・いい加減の法則
・後出しじゃんけん厳禁の法則
・ちょいオカンの法則
・売れっ子キャバ嬢の法則
・etc.

どうです?おもしろでしょ?
それでは、法則を少々ご紹介しましょう。

「ダイヤモンドの法則」
最初は誰かひとりの同僚を思いっきり応援してみましょう。
石を磨いてダイヤにするがごとく、その人を応援してみてください。
光るお手伝いをしていることに気づかれるまで時間がかかりますが、他人目にわかるほど本気で磨くと、光は周囲に波及していきます。
そして自分が一生懸命にひかるお手伝いをしていたつもりの人が、自分のことも光らせてくれていたことに気づくのです。
人の応援を続けながら、あなた自身が応援されたくなるような応援キャラになりましょう。

「応援キャラ」いいですね。
チームのメンバーが互いに応援しあってダイヤモンドのように輝き始めたら、本当に強いチームになりそうです。
そんな雰囲気にしていくのもリーダーの役割ですね。


「ライトアップの法則」
快の空気が返ってくる相手のことは自分も好きで、ちょっと不快かもという空気が返ってきた相手のことは自分も苦手ということです。
すべての人に好かれる愛され社員になる方法をお話します。
それは、苦手な人にこちらから先に快の空気を投げるということ。
苦手な人に話しかける半径1メートル前から笑顔になってしまうのです。
相手に会う前から「快の空気」をまとう。これをやっている人には「登場感」が漂うようになります。
自分自身を快にすれば、自分が明るくなるだけじゃなく、周りも明るくしてしまう。

本当にその人の持ってる「空気」って大切ですよね。
特にリーダーがどういう「空気」を持っているか、これはチームに与える影響が大きいですね。

「ライトアップの法則」、立場が上になればなるほど、気をつけたい法則です。


このような法則が60個詰まった、「愛されキャラ」養成ギブスのような一冊です。
必ず職場のコミュニケーションを円滑にするヒントが見つかると思います。

中年男性にはハードルの高い本ですが、是非ネット書店でこっそり購入して、こっそり読んで、こっそり「愛されキャラ」になってしまいましょう。

「なんか、最近部長、かわいくない?」
「キャラ変わった?」

なんて会話が給湯室で交わされたら、大成功です!!(笑)。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

【ゴムまりのように】人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、祐川京子さん、本間正人さんの『人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた』をご紹介します。
このお二人の組み合わせはベストセラーになった『ほめ言葉ハンドブック』の組み合わせですね。

人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた
本間 正人

大和書房 2008-04-17
売り上げランキング : 756
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ほめ言葉ハンドブックほめ言葉ハンドブック
本間 正人

PHP研究所 2006-12-21
売り上げランキング : 275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


祐川京子さんは、以前『夢は宣言すると叶う』でもご紹介しましたが、”自己啓発オタク”と自負するほどで、平社員の頃から毎年100万円くらい身銭を切って勉強し、社外セミナーをいくつも受講され、ついに、生保の事務職のOLからベンチャーキャピタリストへ転身を遂げ、「ほめ言葉ハンドブック」という大ヒットを飛ばしちゃったというスーパーレディーなのです。

祐川さんは、勉強熱心なだけでなく、「愛嬌力」が強みだねと第三者から言われるほどの「愛嬌力」の持ち主なんだそうです。
「勉強家」+「愛嬌力」、これなら成功するのも納得ですね。

そうは言ったって、「愛嬌力なんて天性のものでしょ」とお嘆きのあなた、確かに「愛嬌」は天性のものですが、「愛嬌力」は後天的に体得することが出来ると、本書では言っています。

では、「愛嬌力」があるとはどういうことなのでしょか?
興味がわきますよね。
「続きはご自身で」でなんて書いたらぶっ飛ばされそうなので、少々ご紹介しましょう。

本書では「愛嬌力」を形成する要素を、「ゴムまり」になぞならえて説明しています。

@適度に空気の入っている「ゴムまり」が、よくはずむ
快適なゴムまりをつくるには、適度な「空気圧」が必要です。この空気圧は「自信」に相当するといえます。
ただし、空気が入りすぎていると問題です。
空気が入りすぎとは、自信過剰で、思い上がっている状態です。
自信があってこそのエネルギー。しかし、過剰にならないエネルギー。
そのカギを握っているのは「謙虚さ」です。

A表面に角のない「ゴムまり」が、よくはずむ
愛嬌力のある人には、さっぱり感がある。
愛嬌力のある人は、丸くおさめることができる。
愛嬌力は、「怒る」「すねる」「キレる」「黙り込む」「神経質にピリピリする」といった行動とは対極にあるといえるでしょう。

B丈夫な「ゴムまり」が、よくはずむ
愛嬌力のある人は、ストレスに強い。
ゴムまりは、風船よりはるかに丈夫です。
膜が強いこと、それは「精神的な強さ」をあらわします。
愛嬌力のある人は、柔軟性がある。
愛嬌力のある人は、自分のなかで絶えず変化していく多面的な要素に、つねに意識を向けています。

キーワードは、「自信」「謙虚」「さっぱり」「丸くおさめる」「ストレス耐性」「柔軟性」でしょうか。
これらを兼ね備えているとなると、結構ハードルが高いですね・・・

でも大丈夫です。
本書の良いところは、松・竹・梅のケース別に具体的な会話例を掲載していることなんです。
「なるほどねぇ、こうやって受け答えすればいいんだぁ」
「あらら、私はいつも梅だ・・・」
なんて感じで、自分の受け答えを振り返ることが出来るんです。

「愛嬌力」を身に付けたいという方、必ず何らかのヒントを得ることができると思います。
是非ご一読を。


”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

【やまあらしのジレンマ】こころのマネジメント―ひとりのメールが職場を変える

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、わたくし委員長がメンター(人生の師匠)として尊敬してやまない田坂広志さんの『こころのマネジメント―ひとりのメールが職場を変える』をご紹介します。
田坂さんのご紹介は、今回で4回目になります。
「自分であり続けるために」
「仕事の思想」
「なぜ、時間を生かせないのか」

こころのマネジメント―ひとりのメールが職場を変えるこころのマネジメント―ひとりのメールが職場を変える
田坂 広志

東洋経済新報社 1999-09
売り上げランキング : 321424
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書では、田坂さんが、「ウィークリー・メッセージ」という職場でのコミュニケーションの一つの在り方を提唱しています。

「ウィークリー・メッセージ」とは、職場のメンバー一人ひとりが、自ら思いつくままに書いたエッセーを毎週月曜日に電子メールで発信、交換するものです。

この「ウィークリー・メッセージ」には、3つのルールがあります。

第一 プライベートなことでも自由に書いてよい
第二 他のメンバーに対する誹謗、中傷、冷笑はしない
第三 交換したメッセージを決して職場以外のメンバーに伝えない

この「ウィークリー・メッセージ」、私の職場でも導入しています。本書を読んだときからやりたいと思っていたのですが、リーダーである私から提案すると、何か押し付けのようで中々提案出来ずにいたのです。

それから数年後、もっとチーム内のコミュニケーションを活性化したいと悩んでいた私は、メンバーにコミュニケーション活性化策の提案をなげかけました。
その中の案の一つとして、この「ウィークリー・メッセージ」が挙げられ、数年来温めてきた企画を実行することができたのです。
(Nさん、提案ありがとう!!)

実行して1年半ほどになるでしょうか。
時が経つにつれ発信数が少なくなってしまいましたが、コミュニケーションの形態の一つとしてこういうしくみがあることは、メンバーに「何でも話していいんだ」という安心感を与える効果があると思っています。

本書に、「やまあらしのジレンマ」という哲学者ショーペンハウエルさんが語った寓話が紹介されています。
田坂さんは、この「やまあらしのジレンマ」にあるように、現代の職場には、

「個性がしなやかに格闘する場を生み出すこと」

「価値観がやわらかに衝突する場を生み出すこと」


が大切であり、それがこの「ウィークリー・メッセージ」であると述べています。

「やまあらしのジレンマ」
あるところに二匹のやまあらしが住んでいました。

冬の朝、とても寒いので、二匹のやまあらしは互いに暖めあおうとして身を寄せあいました。

しかし、あまりに近く身を寄せ合ったため、二匹のやまあらしは、自分の体に生えているハリによって、お互いに相手を傷つけてしまいました。

その痛みから、二匹のやまあらしは、お互いに相手から離れたのですが、今度は、また寒くてたまらなくなりました。

そこで、ふたたび二匹のやまあらしは、身を寄せ合いました。するとまた、互いに相手を傷つけてしまったのです。

こうして、二匹のやまあらしは、離れたり、近づいたりすることを繰り返し、ついに最適の距離を見出したのです。

あなたの職場には、

「個性がしなやかに格闘する場」

「価値観がやわらかに衝突する場」

がありますか?



”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


晴れご訪問ありがとうございました晴れ

↓ブログランキングに参加しています↓
あなたのクリックで順位が上がっちゃいます右斜め上


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。

わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。