2009年03月12日

【売りたかったらもう売るな!】頭のいい人が儲からない理由

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、坂本桂一さんの『頭のいい人が儲からない理由』
をご紹介します。

頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)
坂本 桂一

講談社 2007-03-27
売り上げランキング : 19820
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本書は実に学びの多い一冊でした!


本書を読んで痛切に感じたことが、


”自分の頭で考えることが圧倒的に不足している”


ということ。


常識にとらわれるのではなく、自分の頭で何が必要なのかとことん
考えることが必要だということ。


著者の坂本さんは、

戦略とは、数ある仮説の中から選ばれた最善の道筋のことである

と言います。


したがって、何かを始めるときは、


”仮説を出し切る”


ことが大切だと言います。


このプロセスを、坂本さんの言葉をお借りして
もう少し説明しましょう。

まず、目標を設定し、次に自分の持っているリソースや与えられている諸条件をすべて書き出す。

そのうえで、こうすれば目標を達成できるという仮説を考えられるだけ挙げ、比較検討しながらそこから最善と思われるものをひとつ選ぶのだ。

通常、この作業に私は十時間以上を費やす。逆に、それくらいやらなければありとあらゆる可能性を考え、すべてを詳細に検討することなどということはできない。

考えられるすべての仮説から「これしかない」というひとつを選ぶことができたらそれを戦略として、あとはその戦略を忠実に行うだけだ。


そしてもうひとつ学んだことが、

”とことん実行する”

ということ。


坂本さんの経験を読むと、


”ここまでやるのか!”


という徹底ぶりです。


例えば、どうしても取引をしたい会社があれば、坂本さんは、


”その会社に居ついてしまえ”


と言います。


実際に、坂本さんは、アメリカのある会社と取引をするために、近くの
ホテルに泊まり込み、何週間も会社に通い続けたのだそうです。


坂本さんは、更にこう言います。


こういう私のやり方を、泥臭いと感じる人もいるかもしれない。
そういう人は、そこまでやらなくても、もっとスマートで効率的な
やり方があると漠然と思っているのだろう。

そんなものは、ない。



と。


”とことん考え、とことんやり抜く”


これが”坂本流”成功術のようです。


読みながら、委員長も、


”おいらも、まだまだだな”


と少々凹みかけましたが、


”でも、それってまだまだ伸びしろがあるってことやん!”


とスーパーポジティブな委員長に変身したのでした。(笑)



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想い伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

【一冊で二度おいしい!】イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、庵里直見さん(著)、鈴木信市さん(監修)、
『イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング』をご紹介します。

イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチングイチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング
鈴木 信市

丸善 2008-07-24
売り上げランキング : 14129
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

著者 庵里 直見(いおりなおみ)さん
1954年生まれ。早稲田大学卒業後、出版社に勤務。
先端技術について取材を重ねる。企業情報誌、広告などの製作にも
携わり、日本中の成長企業を取材。数々の事例を集める。
その実績を買われ、国内のみならず海外企業の経営コンサルタント
としても活動。現在では産業能率大学、専門学校などで教鞭をとる。
同時に精神医学や心理学の本の製作にも携わり、心理学の研究に取り
組む。

監修 鈴木信市(すずきしんいち)さん
1963年生まれ。明治大学卒業後、海外向け法律エージェントを経て、
人材教育会社主席研究員として人材教育に携わる。効果的なパフォー
マンス創造の技術としてのメンタルトレーニングに注目し、独自の
ノウハウを構築。「NLP(神経言語プログラミング)」においては日本で
の黎明期から活動を展開。コーチやカウンセラー、企業経営者たちに
指導を行うと共に組織および個人のパフォーマンス向上のための
トレーニングを展開する。自身の開催するNLPの資格認定コースは
財団法人生涯学習開発財団が唯一認定する講座となっている。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

まえがき

序文

@否定的表現の威力
  「そう思わないようにする」というなら、「そう思ってしまって
  いる」ということです。


A無意識の有能力に対して意識的
  僕は天才ではありません。
  なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを
  説明できるからです。


B『事実』は選択できる
  (メジャーリーグへの挑戦は)何も大きな決断ではないんです。

C先駆者に同調する
  最初は真似みたいなところから始まりますね。
  いろんな人のフォームを真似したりして。
  何となく今の自分がいるという感じはありますよね。


D目標を整える
  この中で将来何かになりたいという人はいますか。
  今日僕が言いたいのは、目標をもってもらいたいということです。


Eピースを埋める
  何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。
  失敗して負けてしまったら、その理由を反省してください。
  必ず将来の役に立つと思います。


F相手の世界に立つ
  ピッチャーの決め球を打つのか、甘い球を待って打つかで、
  バッテリーに与える精神的な影響は全く違ってきます。


G過去を変える
  苦しかった時のことは、鮮明に覚えています。
  まきゃないにこしたことはないのですから、全然笑えないです。


Hステイト・コントロール
  第三者の評価を意識した生き方はしたくありません。
  自分が納得した生き方をしたいです。


I五感を通して記憶を作る
  手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に、必ず残ります。
  記憶が体に残ってゆきます。


J自己イメージの影響力
  アメリカ行きを言い出した当時の僕にとって、考えられることは、
  もう、環境を変えることしかなかった。


K『はまる』か、『さめる』か
  捕れない確率があって走者がいたので。

L信じるものを選ぶ
  プレッシャーのかかる感じはたまりません。
  僕にとっては最高ですよね。ものすごく苦しいですけど。


M何を言っているかより、どう言っているか
  考えて、実行して見せてやることの効果が大きいのです。

N未来の自分から考える
  初心を忘れないことっていうのは大事ですが、
  初心でプレーをしてはいけないのです。
  成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレーしなくては
  いけません。


O一度できたことは、またできる
  自分の『形』ができてしまった後にも、技術が目に見えて向上する
  というのはあり得ないと思います。


P変化を継続する
  手ごたえがあったり、そうだと思っていたら、違ったり。
  その繰り返しです。
  いつも前に進んでいたら、常に打てることになりますから。


Qピンチはチャンス
  今は、自分が分からないことに遭遇する時や、知らないことに
  出会った時にお、自分はまだまだいける」と思います。


R心技体
  ミスショットの原因は気持ちの中にあると思っていたのです。
  だけど、違っていました。技術によるものでした。


Sバランスがすべて
  僕のプレーヤーとしての評価はディフェンスや走塁を抜きにしては
  計れない。どの部分も人より秀でているわけではないし、全ては
  バランスと考えています。


あとがき

監修者のことば

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■イチロー選手の言葉から何を学ぶことが出来るのか!?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

本日のタイトルにも書きましたが、本書は、はっきり言ってお買い得、

「一冊で二度おいしい!」

一冊です。

イチロー選手のファンでもあり、コーチングを勉強している委員長に
とって、堪えられない一冊となりました。

目次「なげ〜」と思われた方、ごめんなさいね。
でも、ここが今日のポイントの一つだったりします。

各テーマに関連したイチロー選手の言葉を青字で記載しています。
イチロー選手はどこか哲学的で、その言葉を読んでるだけでも
面白いですよね。

読み飛ばしてしまった方、イチロー選手の言葉に興味があるようなら、
目次まで戻って読んでみてくださいませ。

本書は、イチロー選手の言葉にNLP(神経言語プログラミング)の
視点から解説を加え、私たちのセルフ・コーチングに活かそうという
ものです。

はっきり言って、「コンセプト」勝ちですよね。

イチロー選手関連本は巷にあふれていますし、NLPと銘打った本
では、敷居が高すぎますが、本書はNLPという言葉を出さずに
他のイチロー選手本との差別化をはかった、すばらしいコンセプト
だと思います。

イチロー選手の言葉を楽しみながら、自分自身も高めたいという方に
おススメです。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■イチロー選手が好きな方

■自分自身を高めたい方

■NLPやコーチングに興味がある方

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■常に成功をイメージする言葉を使う

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【この想いを伝えたいから】

人生って素晴らしい!
生きてるって素晴らしい!
夢を追いかけるってすっごく楽しい!
感謝でいっぱいの人生ってなんて素敵なんだろう!
こんなことを教えてくれる読書って素晴らしい!


一人でも多くの方に、この想いを届けたい!
そんな気持ちで当ブログを運営しています。

ご賛同いただける方は、応援よろしくお願いします。


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

【初心に帰って】自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ

みなさん、ワクワクしてますか?

昨日ご報告した通り、本年4月30日にスタートしました
当ブログも、おかげさまで6ヶ月間休まず「毎日更新」
継続することができました!

これもみなさまの暖かいご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

今回は初心に帰りまして、当ブログの記念すべき第1号を飾りました
委員長のメンター(人生の師匠)である田坂広志さんの
『自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ』
をご紹介します。

自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ
田坂 広志

PHP研究所 2005-12-16
売り上げランキング : 55900
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書はAmazonの書評が10件あるのですが、全て5点満点フルマーク
なんですよね。★★★★★
委員長が自信を持ってオススメする一押しの良書でございます!!

今回は、委員長のメルマガ「読書deコーチング」
ロングバージョン・スタイルでご紹介します。

本題に入る前に、メルマガのことをご存知ない方のために、
少々ご説明しておきましょう。

わたくし委員長は、毎週月曜日〜金曜日の早朝に

ワクワク推進委員長の「読書deコーチング」

というメルマガをお届けしていますが、この度、

携帯配信

も開始しました!

『サクっと読めてグッとくる』

『シンプルだけど味がある』


というメルマガのコンセプトからすると携帯との相性はバツグン
かもしれませんね。

あなたも、毎朝の通勤時にワクワクエネルギーを補充しませんか!?

お申し込みは、サイドバー、もしくはこちらからどうぞ。

携帯版申し込みへ

私はPCで落ち着いて読みたいという方は、こちらからどうぞ。

PC版申し込みへ


【今日のワクワク・フレーズ】

「木を植える覚悟」

大学時代、親しい友人が集まり、
人類の文明の将来について語りあっていたとき、
物理学を専攻していた友人が、
思索的な表情で、語りました。

物理学のエントロピーの法則によれば、
この宇宙は、無秩序が増大し続け、
いずれは、すべてのものが平衡状態に達し、
「熱死」(ヒート・デス)を迎える。
それでも、人類の文明の将来を語るのか。

すると、その意見に呼応するように、
天文学を専攻していた友人が、語りました。

たしかに、そうかもしれない。
そもそも、この地球という惑星も、何十億年か後には、
赤色巨星となって膨張する太陽に呑み込まれ、
消滅してしまうのだから。

この友人のやりとりを、懐かしく思い出します。

一笑に付せるようでありながら、
どこか心に虚無感を忍び込ませる
この二人の友人の言葉。

しかし、
それからの歳月の中で、
その虚無感の暗闇に、
一つの光を与えてくれる言葉に出会いました。


たとえ明日、世界が終わりになろうとも、
私は、リンゴの木を植える。


マルティン・ルターのこの言葉は、


世界が、どう在るかではなく
自己が、どう在るか



その覚悟の尊さを、教えてくれたのです。



【委員長の一言】

このエッセイは、本書の中で委員長の一番のお気に入りなんです。


世界が、どう在るかではなく
自己が、どう在るか



これは、委員長が大変お世話になっている言葉です。

何かあるとこれを心の中で唱えるのです。

そして、これを唱えると、

「物事に反応するのではなく、自分がどうありたいのか、
自分軸で物事を捉えることが出来る」


のです。

幾度となく委員長を支えてくれた大切な言葉です。
恩書ならぬ「恩語」なのです。

今日は、その大切な言葉をみなさんとシェアさせていただきました。

これ、効き目ありますよ!!!


【今日の質問】

明日世界が終わるとしたら、あなたは誰と何をして過ごしますか?

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています
ひとつのクリックがドラマを生み出します!
あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

【ビジネスパーソンの新常識】千円札は拾うな。

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、安田佳生さんの『千円札は拾うな。』をご紹介します。

千円札は拾うな。千円札は拾うな。
安田 佳生

サンマーク出版 2006-01-20
売り上げランキング : 5683
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書「千円札は拾うな。」は、2回目のご紹介になります。
過去のご紹介記事

最近、委員長は2回目が多いんじゃない、「もしかしてネタぎれ?」
とご心配くださった方、ありがとうございます。

ネタはせっせと仕込んでおりますので、大丈夫なのです。。(汗

じゃ何で2回も紹介するの?と疑問に思われた方、Good Question!
です。

当ブログをご愛読いただいている読者の方はご存知だと思いますが、
9月22日から、ワクワク推進委員長の「読書deコーチング」という
メルマガを配信しております。

「読書deコーチング」というメルマガは、

『サクっと読めてグッとくる』

『シンプルだけど味がある』


というコンセプトでお届けしておりまして、

委員長のお気に入りの本からお気に入りのフレーズをチョイスして
「質問」とあわせて皆様にお届けしております。

↓お申し込みはこちらから↓

http://www.mag2.com/m/0000272965.html

メルマガのネタを探すために、委員長お気に入りの本をペラペラと
めくっておりますと、さすがお気に入りの本だけあって、「これは」
と思うフレーズがどんどん出てくるのです。

そこで、メルマガのコンセプトにあった「サクっと」読める短い
フレーズはメルマガで、長文のものは当ブログでご紹介するように
しております。

よって、当ブログに何回も取り上げられるということは、それだけ
「まいう〜」で、「おかわりくん」状態だということです。

さて、本書ですが、Amazonさんの評価を見ていますと、賛否両論
評価が分かれているようです。

これはあくまでも委員長個人の感想ですが、本書は、今までの
ビジネス・パーソンの常識から外れたところの考え方が掲載
されていますので、これを「すごい」と取る方と、
「何とぼけたこと言ってるの?」と思われる方に二分される
のかなと思います。


それでは今日も、恒例のメルマガ「読書deコーチング」
ロングバージョン・スタイルでお届けします。


【今日のワクワク・フレーズ】

通帳の金額が年々増えていくのを楽しみにしている人というのは
多いようだが、その数字がいくら大きくなっても、財産がいくら
増えても、それだけではその人の生活は豊かにはならない。

預金通帳の数字というのは「何かをすることができる権利」
だからだ。権利は行使しなければ意味がない。

本当に豊かな生活を送っている人というのは、預金高の高い人では
なく、キャッシュフローの多い人、つまり持てる権利を十二分に
行使している人のことなのだ。

人が生きていく上で必要なのは、お金そのものではない。
必要なときに必要なお金を作り出すことのできる能力を身につける
ことである。

だからお金は、貯金するよりも、能力を身につけることに使った
ほうがはるかに生きた使い方だと言える。



【委員長の一言】

必要なときに必要なお金を作り出すことのできる能力、身につけたい
ですねぇ。
自分自身が打ち出の小槌になるわけです。

よく経営に必要なことは「再現性」であると言いますが、これは
個人にも当てはまることですね。

典型的な例が、「宝くじ」でしょう。
偶然、多額のお金を手にして生活水準が上がってしまう。
でも、使い切ってしまえば、お金を作り出す力がないわけですから、
その後どうなってしまうかは容易に想像がつくと思います。

よく「宝くじ」に当たると幸せになれないと言いますが、その理由は
ここにあるのでしょうね。

そうなってくると、どうやって「お金をつくる能力」を身につけるか
がポイントになってくるのですね。

ひとつだけ言えることは、どれだけ「人々の幸せ」に貢献できるか、
がポイントであること。

昔から、自分が不便だと思うことを解決すればいいと言いますからね。


【今日の質問】

あなたは何にお金を使っていますか?

それによって、あなたはどんなものを手に入れることが出来ますか?



+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

【超おススメです!】思考のボトルネックを解除しよう!

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、石川和幸さんの『思考のボトルネックを解除しよう!』をご紹介します。

思考のボトルネックを解除しよう!思考のボトルネックを解除しよう!
石川 和幸

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-08-18
売り上げランキング : 49
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

早稲田大学政経学部政治学科卒業、筑波大学経営学修士。
アクセンチュア、日本総研等を経てサステナビリティ・
コンサルティング、インターネットアプリケーションズ設立。
専門分野は、構想策定、SCM・ERP構築導入、BPR、
プロジェクトマネジメント、経営管理指標構築導入。
IE士補、TOCコンサルタント。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

はじめに

第1章 ボトルネックって何だ?

第2章 「知識」のボトルネックを分解する

第3章 情報のボトルネックを解除せよ

第4章 手法のボトルネックを解除せよ

第5章 技能のボトルネックを解除せよ

第6章 「知識」のボトルネックを改善しよう

第7章 「選択」というボトルネック

第8章 最後のボトルネック、「生/活力」のボトルネック

あとがき

+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■多くの書評ブロガーの方々が絶賛する本書の魅力を
  実際に味わってみよう

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

本書は、多くの書評ブロガーの方々が絶賛されていたので、
読む前からとても期待していました。

とてもハードルの高い状態で読んだわけですが、そのハードルをも
楽勝で超えてしまう充実した内容でした。

タイトルに【超おススメ】と書かせていただきましたが、
なぜ【超おススメ】なのか、委員長のポイントをご説明しますので、
「まだ読んでないよう」という方は、ご参考にしていただいて、
そのままAmazonアッタクしちゃってくださいませ(笑)。


<仕事アタマの設計図>
結果を出しながら、人生を楽しく有意義(ワクワク)に過ごす
ために必要なことが網羅されています。
特に、これから自己研鑽して仕事やプライベートを充実させたい
という20代の若い方に是非読んでほしい一冊です。

本書のキャッチコピーになっているのですが、正しく
「仕事アタマの設計図」と言える一冊です。
※このキャッチコピーも秀逸です


<高い概念化能力のお手本>
20年近く仕事をやっていて経験上大切だなと感じている能力が
「概念化能力」です。

「概念化能力」とは、知識や情報などを体系的に組み合わせ、
複雑な事象を概念化することにより、物事の本質を把握する
能力です。

この「概念化能力」は、経営者やコンサルタントに求められる
代表的な能力と言われているので、コンサルタントである
石川さんにとっては当たり前なのかもしれませんが、
本書をまとめあげた「概念化能力」は本当にすごいと思います。

本書の中で、既存のフレームを使うことでレバレッジを
効かせましょうというくだりがあるのですが、本書そのものが
これから自己研鑽しようという方にとって、「フレーム」に
なるわけです。

そういう意味で、「すげぇなぁ」と思いながら、本書を読ませていただきました。


<自分は何者か>
本書には、『第7章「選択」というボトルネック』という章が
ありますが、著者の石川さんは、「あとがき」で以下のように
おっしゃっています。

「本書の眼目は、小手先の手法以前に、思考過程に潜む最強の
ボトルネック、「選択」のボトルネックを理解し、操作すること
なのです」


個人的には、この第7章だけで、お金に表せないくらいの価値が
あると思っています。

現在、私自身が人生の選択のときを迎えているからかも
しれませんが、この第7章は、委員長の心にズバッと
剛速球を投げ込んでくれました。


自分は何者で、今何をしているのか(認識)

自分は何がしたいのか、何になりたいのか(選択)

それはできるのか、なれるのか(前提)



人生の選択、自分の価値観と照らし合わせながら、
じっくり考えて、納得のいく選択をして、その実現に向けて
全力で走って行きたいと考えています。


<共感>
この第7章に、委員長が大きく共感した箇所がありましたので、
みなさんとも共有したいと思います。

先ず、共感ポイントを抜粋させていただいます。


どちらかというと、知的な内容で本書をまとめていきたい
との意図を持っていますが、この「選択」の章に関してだけは、
ややその路線を脱線してきています。
というのも、私は今の知的な思考法を伝える書類等の意義を
認めつつも、一方で、今の世の中が単なる知的スマートさ
だけでは、解けない問題に直面しつつあると感じている
からです。

つまり、アタマだけでは全然だめで、そもそもの志、夢、情熱が
あってこその知識であり、思考のフレームワークであり、
それがなければただの頭のお遊びになりかねない、あるいは、
血も涙もない結論を導くおそれもあると思うようになった
のです。



今から6年ほど前、現在の経営企画マネジャ職についた時、
本書で紹介されているようなフレームが書かれている専門書や
ロジカルシンキング関連本を読み漁りました。

ガンガン働いて、勉強して、ロジックで攻める、そんな上司の
背中を見せれば、部下はついてくるだろうと思っていました。

確かに影響を受けて大きく成長した部下もいましたが、
そのスピードやスタイルにあわず心を痛めた部下もいました。

プロフィールにも書きましたが、今から2年半ほど前に部下から
180度フィードバックを受けたとき「半導体」のようだという
コメントをもらいショックを受けました。

それ以来、チームを動かしていくために必要なもの、メンバーの
モチベーションを高めるために必要なもの、チームワークを高める
ための施策などを探し続けています。


「理動」という言葉がないように、人は理論では動かない、
「感情」で動くのだ



まだご紹介していませんが、その当時に読んだ本(恩書のひとつ)に
この言葉がありました。

今の自分の拠り所になっている考えでもあります。

今年から本格的にコーチングを始めたというのも、「半導体」事件
以来、探し続けている「解」のひとつなのかもしれません。



本書から、自分の人生を考える大きなヒントを頂戴しました。

また、自分がコーチングを行っていく上で、クライアントや
部下の「選択」にも役立てて行きたいと思っています。

石川和幸さん、

本当にありがとうございました。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■これから船出をしようという若い方
  きっと人生の荒波を乗り越える「羅針盤」となることでしょう

■人生の選択に迷われている方

■委員長がここまでおススメするならという方(笑)。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■人生の選択をとことん考える


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 07:30| Comment(5) | TrackBack(2) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

【人生を変えるプラチナチケット】個性を捨てろ!型にはまれ!

みなさん、ワクワクしてますか?

今回は、三田紀房さんの『個性を捨てろ!型にはまれ!』をご紹介します。

個性を捨てろ!型にはまれ!個性を捨てろ!型にはまれ!
三田 紀房

大和書房 2006-11-17
売り上げランキング : 13908
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



+++++++++++++++++++++++++++++++
【著者プロフィール】

明治大学政治経済学部卒業後、西武百貨店へ就職。
退社後、漫画家として独立。
2005年、『ドラゴン桜』で第29回講談社漫画賞、
平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。
代表作は『クロカン』 『スカウト誠四郎』『甲子園へ行こう!』
『マネーの拳』など。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【目次】

プロローグ

第1章 成功したければ『型』にはまれ!!
     成功の近道は『型』にある
     個性的な人生なんか捨ててしまえ
     まずは中流をめざせ

第2章 企画もアイデアも『型』でつくられる!!
     アイデアに才能はいらない
     コピーでいいから結果を出せ
     常識のカーテンに火をつけろ

第3章 これまでの自分を崩せ!!
     これまでの自分を脱ぎ捨てろ
     こだわりを捨てれば身軽になれる!
     大口たたかず、今の自分の力量を知れ!

第4章 タテ社会は素晴らしい!!
     自由を求めるな、規律を求めよ
     タテ社会のメリットに目を向けろ
     王様にならず、横綱になれ!

第5章 選択肢なんていらない!!
     子どもに自由を与えるな
     個性を伸ばさず『型』を詰め込め
     日本の『型』を教育せよ

第6章 島国根性を磨け!!
     欧米化せずに「日本化」せよ!
     武士道精神を捨てて「商人道精神」を!
     真の個性はこうしてつくられる

エピローグ


+++++++++++++++++++++++++++++++
【読書de課題解決】

■「ドラゴン桜」という一見型破りなマンガを描いた著者が言う
  「個性を捨てろ!型にはまれ!」という主張の真意を
  自分なりに解釈し、人生のヒントにしちゃおう!

+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長の気ままにサマリー】

阿部寛さん主演のドラマ「ドラゴン桜」は観ていましたが、
三田紀房さんの本は読んだことがありませんでした。

当ブログでおなじみの早川ノブさん「Business Bible Readers」
など他の書評ブロガーの方が頻繁に取り上げてらっしゃるので、
興味を引かれ読んでみることに。

ノブさん、あと1冊で記念すべき100冊到達ですね。
100冊目楽しみにしてま〜す!!



書籍のタイトルや目次など目に飛び込んでくるフレーズは、
少々偏った主張のように見えますが、本書の中で三田さんが
おっしゃっていることは、至極真っ当なことばかりでした。

本書は、世間の「個性を発揮しよう!」「only oneを大切にしよう」
という風潮の影響を受け、「どうせ俺何か個性ないし」と殻に
とじこもってしまったり、何事もやる前からあきらめてしまったり、
他人と同じことはしたくないとフラフラしている若者に向けた
(若者とは限りませんが)、三田紀房さん流の応援歌だと思います。


今は、個性の時代、人と同じことなんてしたくない。
人と同じことをしていたら、成功出来ない。

こんな考えなんか捨ててしまえ。

成功したければ「型に」はまれ!
世の中には、先人の智慧が凝縮された「型」がある。
成功したければ、その「型」をいち早く身につけること、
これが成功への近道だ。

と、三田さんは喝破されています。


野球を例に考えてみましょう。
今は、個性の時代だからと言って、小学生が初めからトルネード
投法で投げても、肘や肩を壊すのが関の山で決して野茂投手の
ような一流選手にはなれないでしょう。

先ずは、しっかりと肘や肩に負担のかからない投げ方を身につける。
ストレートやカーブの握り方を学ぶ。
そう「型」にしっかりはまることが大切なのです。

初めから大リーグボールを投げようとしてはいけないのです。

バッターも同じですね。
小学生が初めから、一本足や振り子打法を真似て打っても、
バットにかすりもしないでしょう。


ここまで読まれて多くの方がピーンと来たと思いますが、本書で
一環して貫かれている思想は、世阿弥「花伝書」に書かれている
「守・破・離」の思想ですね。

基礎を完璧に叩き込むのが「守」。
その基本に独創性を加えることが「破」。
そして自分のリズムで自在に動く境地に達する段階が「離」。

※「守・破・離」に関しては以前浜口隆則さんの
『「心の翼」の見つけ方』でも触れているので
よろしければご参照ください

私たちは、人と違うことや、奇抜なこと、目立つことが、「個性」だ
という固定概念を持っているのかもしれません。

本書を読んで、わたくし委員長が感じていることは、

「個性は発揮するものじゃなくて、にじみ出てくるもの」

ということ。

自分の個性ありきじゃなくて、自分の思うままに力を発揮した結果、
にじみ出てくるものが「自分らしさ」「個性」なのだと思うのです。

他人と一緒だっていいじゃないか、それをやり続けていれば、
そのうち自分らしさがにじみ出てくるから。

そう考えれば、少し肩の力が抜けるかもしれませんね。


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書を読んでほしい方】

■自分には個性がないと悩んでいる方

■人と同じじゃつまらいと、ふん詰まっている方

■ドMの方(わたしです・・・笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++
【本書の実践】

■読書で先人の「型」をビシバシ学ぶ


+++++++++++++++++++++++++++++++
【委員長's キャッチフレーズ】

”ワクワク イキイキ 発スル 発スル”


+++++++++++++++++++++++++++++++
【本日のランキングは何位?】

ブログランキングに参加しています

ひとつのクリックがドラマを生み出します!

あなたもメイクドラマしてみませんかexclamation&question


banner2.gif←1日1回こちらをポチッと。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←もひとつポチッと。


わーい(嬉しい顔) 応援ありがとうございました わーい(嬉しい顔)
posted by ? at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。